1. トップ
  2. ダイエット
  3. 下半身ぽっちゃりさん向け!ダイエットにおすすめの生活習慣&漢方

下半身ぽっちゃりさん向け!ダイエットにおすすめの生活習慣&漢方

  • 2021.5.5
  • 34934 views

「ズボンがキツくて入らない」「ふくらはぎがパンパンでスカートが似合わない」など、上半身はそうでもないのに”下半身がぽっちゃり”で悩んでいる人は少なくないもの。

体のバランスを整えることにより体調を整えるのが漢方の考え方。下半身だけぽっちゃりなのは体のバランスが乱れているからかもしれません。今回は、薬剤師の道川佳苗さんに、下半身ぽっちゃりの原因別におすすめの生活習慣や漢方薬を教えてもらいました。

新習慣♡きれいな人たちがこぞって「MCT」を取り入れている理由とは?

下半身ぽっちゃりの原因とは?

(1)むくみタイプ

体のむくみの中でも、脚のむくみは女性に多い悩みです。女性は男性よりも筋肉量が少ないので、ポンプ機能として血液を押し戻す力が弱く、脚に水が溜まりやすい傾向があります。体内の水分は細胞内と血液内を行き来しながら一定のバランスを保っていますが、何らかの原因により余分な水が溜まってしまいむくみが起きます。

塩分の摂りすぎや栄養バランスの乱れも一つの原因です。余分なナトリウムを出してくれるカリウムが豊富な野菜や果物、イモ類なども摂るようにしましょう。また、冷えることでもむくみやすくなります。

足首には血液やリンパの流れを良くしてむくみ解消に役立つ三陰交(さんいんこう)、その他にも冷えに良い太渓(たいけい)、むくみに良い大鐘(だいしょう)などのツボが集まっています。

レッグウォーマーをすることで温まり血液循環も良くなり、むくみにくくなります。着圧ソックスも締め付けることで一時的にはむくみにくくなりますが、締め付けすぎると血行が悪くなり冷えやすくなり、むくみを引き起こすこともあります。強すぎる締め付けには注意が必要です。

おすすめの漢方薬・・・防已黄耆湯(ぼういおうぎとう):水分代謝が悪く、余分な水が溜まってしまう人に適しています。脚のむくみや肥満症に用いられます。

(2)脂肪タイプ

お尻周りや脚などの下半身に付きやすいのは、脂肪の中でも皮下脂肪です。皮下脂肪は付きやすく取れにくい脂肪と言われています。

皮下脂肪が付く原因は、消費カロリーよりも摂取カロリーが上回っている状態が続くことなので、日々の活動量を増やして消費カロリーを増やし、お酒や間食などで増えてしまっている摂取カロリーを減らすことがまず必要です。

おすすめの漢方薬・・・防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん):特におなかに脂肪が多く、便秘がちな人に向いています。脂肪細胞を活性化して消費エネルギーを高める作用があります。

日々の生活習慣や食事などの改善がもちろん大切ですが、なかなかぽっちゃりが改善されずに悩んでいる方は漢方薬を試してみるのも一つの方法です。

しかし、自分に合った漢方薬を選ばないと、効果が出ないどころか副作用が出る恐れもあります。まずはお近くの漢方薬局やオンライン薬局などの専門家に相談してみてくださいね。

薬剤師と相談しながら漢方を購入できるYOJOはこちらからチェックを!

教えてくれたのは

出典: 美人百花.com

道川 佳苗(みちかわ かなえ)さん

漢方薬・生薬認定薬剤師、調理師。大学卒業後、調剤併設型ドラッグストアにて従事し服薬指導をする中、病気の予防、健康維持には食育が大切であると感じ、調理技術、栄養学を学ぶため服部栄養専門学校に入学し卒業する。その後、大手料理教室講師、漢方クリニックの門前薬局で煎じ薬の調剤、漢方相談、服薬指導などを経験。現在は今までの経験を活かし web上で健康相談や薬膳や漢方に関する情報発信をしている。

画像提供/PIXTA

元記事で読む