1. トップ
  2. メイク
  3. 【全部プチプラ】春の新作コスメでアラサーの「旬顔メーク」4選

【全部プチプラ】春の新作コスメでアラサーの「旬顔メーク」4選

  • 2021.5.3
  • 9228 views

ドラッグストアやバラエティショップで手に入れられて、デパコスよりも手軽に試せる「プチプラコスメ」。気になるカラーを全色揃えても、お財布に優しい♡そこで今回は、キャンメイク・セザンヌ・エクセル・GUの新作コスメを使った「春メーク」4つをご紹介します!

【キャンメイク】の新作コスメを使った「オレンジメーク」

大人仕様にアップデートしたオレンジのアイカラーが新鮮!

鮮やかで可愛らしいオレンジベースのアイメークは、ブラウンを重ねると相性よくまとまります。同系色を揃えたカラーパレットを使えば、グラデーションも作りやすい。ビタミンカラーのコーディネートにも好相性の、今っぽい春メークです。

メークのHOW TOを解説!

パレットの★を、チップ使って二重幅でしっかりめに乗せます。

①の色をぼかすように、★のカラーを指で重ねます。

チップで★を下まぶたのキワに入れます。下まぶたの目頭から目尻までしっかり色を乗せすぎてしまうと、囲み目になり、逆に目が小さく見えてしまうので注意。

上まぶたのインラインにのみ、アイラインを引いていきます。

アイシャドウの色になじむブラウンマスカラを塗ります。眉毛もブラウンペンシルで毛を描き足すようにふんわりと仕上げることで、全体的にやわらかい目元に仕上がります。

【セザンヌ】の新作コスメを使った「バーガンディメーク」

目力の強さをナチュラルに演出するバーガンディメーク

ベーシックに作れるこの春トレンドのアイメークは、レッド、ボルドーを少し混ぜてシックで落ち着きある印象に。リップはローズを選んで、透け感のあるグロスをレイヤード。しっかり作り込んでも、グロスの効果で軽やかに仕上げります。

メークのHOW TOを解説!

パレットの★を指でアイホール全体に乗せます。

①と同じ色を下まぶた全体にチップでさっとひと塗り。

パレットの★を上まぶたの黒目外側から目尻あたりにチップでレイヤードし、横方向にグラデーションを作ります。

目の幅を出すように、パレットの★を下まぶたの目尻にチップで乗せます。

目の幅を強調するため、目尻から5mmほど細長くアイラインを描きます。

アイメークの色に合ったブラウンのマスカラを、上下のまつげに塗ったら完成!

【エクセル】の新作コスメを使った「コーラルメーク」

オシャレ見えを叶える大人コーラルメーク

いつものブラウンメークをアップデートしたければ、オレンジやコーラル系を上手に差して。リップも軽めのカラーを選べば、バランスよいヘルシーメークに。春色コーディネートも派手見えせずに、きちんとまとまります。

メークのHOW TOを解説!

★を指でアイホールに伸ばします。2度塗りくらいで、濃く見えすぎない程度に。

①と同じ色を細いチップを使って、黒目下あたりから目尻まで、アイラインを引くような感覚で乗せます。

目頭から目尻に向けて3mmくらいの幅で★を乗せたら、シャドウメークは完成。このひと手間で目元に立体感が出ます。

アイラインは少し太めに、上まぶたのみに。黒目の上から目尻にかけて、すっと長さを出すように描きます。

唇全体にリップを塗ります。上唇の輪郭よりオーバーに塗ることで、よりツヤっぽさがアップ。

【GU】の新作コスメを使った「華やかメーク」

下まぶたに効かせたピンクシャドウがポイント!

上下のまつげをブラウンのマスカラで仕上げれば、ぐっと柔らかく可愛い印象に。アイラインを引かなくても、マルチパレットを上手に使うだけで春色アイメークにメリハリをつけられます。

メークのHOW TOを解説!

パレットの★を上まぶた全体に指で軽めに乗せます。

★を二重幅にチップで乗せて、グラデーションを作ります。

★を細めのチップに取り、下まぶたの目頭から目尻まで乗せます。チップで乗せると発色力が強まり、儚げな印象に。

★を目頭上のくぼみに入れて、抜け感を作ります。目元を重たく見せず、立体感をアップする小技を仕込んで。

ブラウンのカラーマスカラを上下のまつげに塗ります。ブラシがコンパクトなので、細かいところも塗りやすい。

下まつげは、よりしっかりめに塗るのがコツ。丸みのある可愛らしい目元に。

リップスティックをラフに塗り、その上からグロスを重ねて透け感を演出したら、完成です。

教えてくれたのは…ヘアメークの室橋佑紀さん

“韓国コスメ通”としても知られるアラサー世代の室橋さん。水光肌の持ち主で、丁寧なヘアメークにモデルのラブコールも止まらない!上品でシャレ感のあるヘアを作るのもお手のもの!Instagram:@murohashi_____yuki

再構成/CLASSY.ONLINE編集室

元記事で読む