1. トップ
  2. スキンケア
  3. 40、50代の肌を底上げ!ながらでケアが完了するお風呂美容法

40、50代の肌を底上げ!ながらでケアが完了するお風呂美容法

  • 2021.5.1
  • 3289 views

忙しい日々を送る40代以降の女性。一日が終わる頃にはヘトヘトで、「美容のための時間をとれない」という人も多いのではないでしょうか。ですが、毎日入るお風呂でキレイを磨けたら、肌の底上げだけではなく時間の有効活用にもなり、一石二鳥ですよね。

コスメコンシェルジュの筆者が、お風呂で血行が良くなっている時にとり入れたいアイテムと、それをさらに効率的に活用する方法をご紹介します。

■なぜ、シャワーだけですますのはNGなの?

忙しいとシャワーだけですませたくなる気持ちもわかりますが、美容のことを考えるのであれば、湯船に入ることをおすすめします。

なぜなら、38~40度のお湯に浸かると身体が芯から温まり、冷え改善やリラックス効果に加えて新陳代謝も活発になります。代謝が上がることで肌のターンオーバーが促進されると、良い肌状態を保てます。

また、お湯に浸かり身体を温めると血管が広がり血流改善効果も期待できます。水圧によりリンパの流れ改善も期待できるため、むくみに悩んでいる人はぜひ湯船に浸かってほしいです。

■ながら美容アイテム

湯船に浸かることが美容に良いのなら、同じ時間にさらに美しくなりたいですよね。筆者が実践している「お風呂のながら美容」を、おすすめアイテムとともにご紹介します。

炭酸パックをする
ホイップソーダパックブライト/オルビス

「くすみやすいアラフィフは炭酸パックが良い」と分かっていても、手間と時間が惜しい人には、こちらの泡パックがおすすめです。

洗顔の代わりにもなる炭酸パックです。

「コラーゲン」が配合してある、きめ細やかな炭酸フォームです。もちもちとした弾力のある泡なので、湯船に浸かっている時でも垂れてきません。

使用時間はわずか60秒でOK。時間がある時は2~3分ほどパックすると、さらに効果がアップします。

温感タイプでぽかぽかと気持ちいいので、筆者は入浴中だけでなく、くすみを感じる日のメイク前にも使っています。
(100g 税込価格2,420円)

入浴剤を入れてさらに血行促進を狙う

冷えや血行不良がすすむ40〜50代女性は、湯船に浸かって血行の促進をしましょう。入浴剤を入れるとお湯がまろやかになるので、いつもより気持ちよく長風呂できます。

薬用BARTH中性重炭酸入浴剤/BARTH

中性重炭酸が溶け込んだお湯は、湯の感触がやわらかく、湯冷めしにくいので、寝つきが悪い時にもおすすめです。

「重曹」と「クエン酸」「ビタミンC」が配合してあり、顔や身体だけではなく、頭皮の気になる毛穴汚れもとり除くことができます

湯船の両端をもち、仰向けに横たわって頭をお湯に浸ける(顔はお湯から出す)と、頭皮もすっきりとします。
(9錠 税込価格990円/30錠 税込価格2,750円/90錠 税込価格6,600円)

エピュール バスエッセンス/バブ

「ヒアルロン酸」「コラーゲン」などの美容成分とアロマの香りで、肌のケアだけではなく、ゆったりとした気分を感じたい時におすすめです。粉末タイプなので溶けるのが早く、香り立ちが良いのもうれしいポイント。

筆者は仕事のスイッチをオフにしたい週末に使用することが多く、香りで気分の切り替えをしています。
(画像アイテム:レモングラス&ゼラニウムの香り 50g 参考税込価格198円/400g 参考税込価格1,320円(編集部調べ))

身体を拭く時に保湿する
オーガニック モイストリペア アフター バス オイル/made of Organics

身体をタオルで拭いた後に保湿剤を塗るというプロセスが不要な、ぬれた身体に塗れるアフターバスオイルです。お風呂上がりにオイルをさっと塗ってから、タオルで余分な水気を拭くだけです。

「天然ヒト型セラミド」などが配合されていて保湿力も高いので、乾燥やハリが気になる40代以降の肌にもぴったりです。オイルとしてそのまま使うだけではなく、乳液やクリームなどに混ぜて使うことができるので、子どもの世話や家事などで慌ただしいお風呂上がりの時短にもなります。

また、身体や顔、髪にも使えるので、1本あるとさまざまな使い方ができます。
(100ml 税込価格2,750円/200ml 税込価格4,950円)

身体が温まっている時におすすめの「ながら美容法」をご紹介しました。どれも「しなきゃ」ではなく、ついでにできることばかりをピックアップしたので、忙しい毎日を送っていても続けられると思います。毎日のお風呂の時間に、キレイと時短の両方を叶えていきましょう!

(美容ライター/コスメコンシェルジュ/ナチュラルビューティスタイリスト 稲毛 登志子)

元記事で読む