1. トップ
  2. 恋愛
  3. もう…寝れない!男性が喜ぶ愛され女子のおやすみLINE

もう…寝れない!男性が喜ぶ愛され女子のおやすみLINE

  • 2021.4.26
  • 14479 views

好きな人ができたり、付き合いが始まったりすると、彼とのLINEにも力が入りますよね。特に1日の終わりのおやすみLINEでは、相手に悶絶させるくらいの内容にしたいもの。ここでは、男性が喜ぶおやすみLINEテクニックを紹介していきます。

愛情を伝える一言を添える

1日の最後のLINEに、愛情を伝える一言があると男性は嬉しく感じます。

例えば、○○君大好きだよとか、○○君愛しているよなどです。これは、会話の中で愛情を言葉にしない人であればあるほど、効果があります。普段恥ずかしくて言葉では言えないことでも、LINEならハードルは下がりますよね。

LINEでも恥ずかしいという場合は、愛情を伝える文言がついているスタンプでも効果があります。

相手を労う一言を添える

「今日もおつかれさま」や「ゆっくり休んで、明日も頑張ってね」などの労う言葉が添えられていると、男性は喜びます。労いの言葉によって、自分のことを大切に思ってくれていることが分かるんですね。

夜というのは、男性も少なからず寂しくなる瞬間があるものです。寂しくてもどんなに疲れていても、1日の終わりに好きな女性から労いの言葉をかけられると、明日もがんばろうと元気になる男性がほとんどです。

名指しで相手を褒める

男性は特にプライドが高く、褒められることを好みます。おやすみLINEに一言相手を褒める言葉を添えると、多くの男性は嬉しくなります。

ポイントは、ただ褒めるのではなく、「○○君って本当に頑張っているよね」とか、「さすが○○君!かっこいいよ」など、名前をいれて褒めることです。

多くの男性は名指しで褒められることで、自分は彼女にとって特別な存在なのだと優越感に浸れ、テンションが高くなります。直接名指しで褒めるのはハードルが高まりますが、LINEでは割と素直に送ることができるでしょう。

相手を頼る言葉を添える

多くの男性は女性を守りたいと思い、女性に頼られたいと願っています。おやすみLINEの最後に頼っている言葉を入れると、その効果は絶大です。

例えば、1日の最後のLINEに、「私には○○君だけだよ」とか「頼りにしているから頑張って」などの言葉を送ると良いでしょう。どんなに疲れていても、元気を取り戻す男性がほとんどです。

正直な気持ちを伝えるのが大事

正直な気持ちを伝えると男性は喜びますが、口にするのは恥ずかしいものです。会うにしても電話にしても、リアルタイムで相手に思いを伝えるからです。LINEは一人で考えて、文字を打つことができます。話すよりも気持ちを伝えやすくなるので、おやすみLINEには恥ずかしがらずに、素直な気持ちを打ちましょう。

元記事で読む