1. トップ
  2. ダイエット
  3. 【ボディーワーカー森拓郎のダイエット道場】【今月の質問】夏までに体重を落とすには「1カ月に何キロやせていいの?」

【ボディーワーカー森拓郎のダイエット道場】【今月の質問】夏までに体重を落とすには「1カ月に何キロやせていいの?」

  • 2021.4.25
  • 896 views
教えてくれたのは…

ボディメイクの救世主

森拓郎さん

運動指導者。パーソナルトレーニングジム「rinato」、小顔・美容矯正サロン「ルポルテ」をプロデュース。独自のボディメイク理論を数々のメディアに発信し、Twitterのフォロワー数は8万超。国内最大級のオンライングループレッスンが評判! 著書は『ボディメイクストレッチ』(SBクリエイティブ)ほか多数。
Instagram:mori_taku6_

Q.夏までに体重を落としたいけど、1ヵ月に何キロまで痩せていいですか?

脂肪を落とすのは1ヵ月に体重の3%までと心得て!

何キロ落とす?と、体重だけ考えていることが問題。数値を目安にするなら、重要視するべきは体脂肪。落としていい脂肪量は、体重の3%までが目安。体重50kgの人で1.5kgくらい。それ以上のペースで体重を落とすと、筋肉まで落ちることになり、痩せても老けた印象になります。

1.5kgなんてすぐに減らせると思っている人もいるだろうけど、すぐに落ちるのは水分だけ。脂肪は数日で変わることはない。体重は汗をかいたり、お酒を飲んだり食べたりなど、水分の変動で一日のうちでも2~3kgは簡単に変わります。それを理解していないと、体重が増えたことを脂肪が増えたと勘違いして、あせってしまうわけです。

早とちりをしないためにも、普段、何をどれくらい食べたら体重が何キロ変動するかを知っておくことが大切です。そうすれば、食べた翌日の体重増減に一喜一憂しなくなります。そして1ヵ月後の目標に向けて、脂肪を減らすことに集中できるはず。

体重DOWN,老け度UPのイラスト

Q.お腹だけぽっこり。何をしても凹まないのはなぜ?

インナーマッスルが弱く、内臓が下垂するとお腹が出る

お腹だけがぽっこりと出ている人は、脂肪がお腹にだけついているわけではありません。ほとんどの場合は内臓の位置が下がっている内臓下垂が原因。内臓を支えるインナーマッスルが弱いと内臓を支えきれず下垂が起きやすくなります。そういう人はお腹を凹ませたまま深い呼吸をくり返して腹部のインナーマッスルを鍛える「ドローイン」トレーニングが有効。

また一見痩せ型でも筋肉が少なく体脂肪率が高い、いわゆる隠れ肥満タイプの人は、お腹だけでなく全身の筋肉量を増やすのが必須です。ドローインに加えて、筋肉量が多い下半身や背中に筋肉をつける運動がおすすめです。

森さんの格言_急激な体重の落としすぎは“老け”を進行させるだけ

撮影/恩田亮一 イラスト/腹肉ツヤ子 スタイリング/坂下シホ 取材・文・構成/山本美和

元記事で読む