1. トップ
  2. レシピ
  3. 食べるのがもったいない!うっとりする和菓子に出合える湖北の老舗「菓子工房 福一」

食べるのがもったいない!うっとりする和菓子に出合える湖北の老舗「菓子工房 福一」

  • 2021.4.24
  • 2439 views

贈答品や手土産として、根強い人気がある和菓子。私も大好きで、学生時代、季節ごとの練り切りを携帯(←当時はガラケー)の待受け画像にしていたくらいです(笑)。特にあんこには目がないのですが、自家製あんにこだわった我孫子の有名和菓子店があると聞き、訪問してきました。

今回は我孫子市湖北台の「菓子工房 福一」をご紹介します。

JR湖北駅から歩いてすぐ

菓子工房 福一」があるのは、JR成田線・湖北駅から徒歩5~6分のところです。湖北駅前は商店街があったり、スーバーがあったりと賑わっているのですが、その中のひとつが、「福一」です。駅の目の前というわけではないのですが、人通りや車の通りは多いところです。

出典:リビングかしわWeb

写真の中央右寄りにあるのが「福一」

駐車場はないようですが、すぐ隣にコインパーキングがあるので、駐車場所には困りません。

出典:リビングかしわWeb

店のすぐ隣にあるコインパーキング

ちなみに、コインパーキングの料金は30分100円なので、気軽に停められますよ。

老舗感が漂いつつも、解放感のある店構え

お店の印象はというと、大きくはないものの老舗感が漂っていて、立派な店構えだなぁといった感じです。このご時世ということもあってか、ガラス張りの入り口は開け放たれ、ついつい立ち寄ってしまいそうな雰囲気です。

出典:リビングかしわWeb

老舗感のある立派な店構え

常連さんでしょうか。私が見ている間にも、躊躇なくスッと入店する方がいましたよ。地域の方々に愛されているお店なんでしょうね~。

出典:リビングかしわWeb

ポップで親しみやすい立て看板も

ラインナップ豊富!選択肢に困らない!

店内に入ってみると、商品のラインナップの多さに驚きます。最中や団子、まんじゅう、羊羹、そして練り切りなどが、所せましと並びます。

出典:リビングかしわWeb

見てください、このラインナップ!

出典:リビングかしわWeb

こちらは団子や羊羹、最中など

出典:リビングかしわWeb

我孫子市ふるさと産品に推奨されている「文学焼」も

出典:リビングかしわWeb

オリジナリティのある焼き菓子

しっかり目当ての物を決めてから来店しないと、迷ってしまいそうです。

出典:リビングかしわWeb

そして練り切り!

出典:リビングかしわWeb

こちらも練り切りやきんとんなどの上生菓子

入り口から向かって右側の棚には、ちょっとした贈答品に喜ばれそうな可愛らしい和菓子が並んでいましたよ♪それと、お笑いコンビ・ナイツ塙さんのサイン入り色紙(←最近書かれたもの)が飾ってありました!塙さんもいらっしゃるんですね。

出典:リビングかしわWeb

可愛らしい贈答品コーナーに、ナイツ・塙さんのサイン色紙が!

家に持ち帰り、いざ実食!

ラインナップ豊富なので迷ってしまいましたが、今日はこちらを購入して、わくわくしながら帰宅しました♪

出典:リビングかしわWeb

購入したお菓子は、きれいな包装紙に包んでもらえました

思いのほか買ってしまいました…(笑)。上生菓子はもちろん買ってきましたよ。まずはきんとん「躑躅(つつじ、303円)」と練り切り「花水木(303円)」。どちらも美しくて…。即決で購入しました!

出典:リビングかしわWeb

左から、「躑躅(つつじ、303円)」と「花水木(303円)」

中身のあんは躑躅が粒あん、花水木はこしあんですが、食べごたえのある躑躅も上品な味わいの花水木も、どちらも美味しかったです!美しすぎて、食べるのがもったいなかった…。

出典:リビングかしわWeb

半分に切ってみました(躑躅)

出典:リビングかしわWeb

半分に切ってみました(花水木)

次に、練り切り「アマビエ(324円)」とせっぺい「山吹(303円)」。アマビエは見た瞬間に「買うしかない!」と思い即決。山吹は花の飾りがとっても可愛かったので…。

出典:リビングかしわWeb

左から、「アマビエ(324円)」と「山吹(303円)」

アマビエは疫病退散を祈願して作られたとのこと。お土産などにもらったら、ほっこりしそうですね。見かけの可愛さだけでなく、とっても美味しかったです。 山吹はせっぺい(雪平)という上生菓子で、たぶん食べたのは初めてだったんですが、周りの生地がもちもちしていて、こちらも美味しかったです。白あんとのバランスも絶妙でした!

出典:リビングかしわWeb

半分に切ってみました(山吹)

焼き菓子もおすすめ!

上生菓子は賞味期限が2日ほどなので、買った翌日までには食べないといけないのですが、もう少し日持ちするものとして、焼き菓子などもあります。 今回は、我孫子市ふるさと産品に推奨されている「文学焼(抹茶、173円)」と「うなきちさんちのおやつ(ミルク、140円)」を購入しました。

出典:リビングかしわWeb

左から、「文学焼(抹茶、173円)」と「うなきちさんちのおやつ(ミルク、140円)」

文学焼は一見どら焼きに似ているのですが、粒あんのほかに求肥も入っているという嬉しいサプライズがあります!うなきちさんのおやつは、ふわふわの生地のなかにたっぷりのあんが入っていて、老若男女に好かれそうな美味しさです。

出典:リビングかしわWeb

半分に切ってみました(文学焼(抹茶)、うなきちさんのおやつ(ミルク))

職人さんのセンスが光る上生菓子から焼き菓子まで、種類豊富な和菓子を、大事な人へのお土産や自分へのごほうびにいかがですか?

菓子工房 福一 住所 : 〒270-1132 千葉県我孫子市湖北台8-6-2 電話番号: 04-7188-0160 営業時間: 9:00~18:00 定休日 : 火曜日 公式HP: https://www.fukuichi.biz/

元記事で読む