1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. JR新大阪駅とJR大阪駅に個室型ワークブース「テレキューブ」誕生

JR新大阪駅とJR大阪駅に個室型ワークブース「テレキューブ」誕生

  • 2021.4.22
  • 1370 views

ジェイアール西日本デイリーサービスネットと、テレキューブサービスは、個室型ワークブース「テレキューブ」をJR新大阪駅在来線コンコースとJR大阪駅3階連絡橋上口改札外に設置する。

営業開始日は、JR新大阪駅が4月23日(金)、JR大阪駅が5月13日(木)。営業時間は7:00~21:00(全日)。利用料金は275円/15分(税込)、営業開始後一定期間は特別価格165円/15分(税込)で利用できる。

社会変容に対応した新しいライフスタイル

個室型ワークブース「テレキューブ」は、セキュリティが保たれた静かな環境で、資料作成やメールなどの業務、電話、Web会議などでのコミュニケーションが可能なワークブース。

昨今のコロナ禍における新たなニーズに対応するべく、より多くの人にとって、生活に密着した場である“駅”に「テレキューブ」を設置することで、オフィス・自宅以外の「第3の仕事場」として快適なスペースを展開する。

換気設備も搭載

「テレキューブ」は、スマートフォン・PCなどで予約・入室が可能で、高い遮音性と無料Wi-Fi・USB給電等が使用可能な電源設備を備えている。

またウイルス感染症対策として、利用後、利用中を含め1分以内にブース内の空気が完全に入れ替わる換気設備を搭載し、24時間稼働する。

さらに、本体内部全面に「まるごと抗菌コーティング」を施工し、利用者がより安心して利用できる環境を整えている。

JR新大阪駅とJR大阪駅に登場した新しい仕事空間。利用方法や予約方法、入室方法は「テレキューブ」公式ホームページへ。

元記事で読む