1. トップ
  2. ファッション
  3. むしろいいことがある「ルーズな方がいい服」知っておきたい7アイテム

むしろいいことがある「ルーズな方がいい服」知っておきたい7アイテム

  • 2021.4.22
  • 882 views

タイトにするよりかえってスタイルよく見えることもある。リラックスできるだけの服では満足できないという人にもおススメしたい、ルーズであることがむしろプラスに働く心地よいワードローブをご紹介します。

LAZY DRESS
01.余裕をまとうように「ボリュームドレス」
まず最初に目をつけたいのは日常で絵になるワンピース。繊細に見せるディテールや縦の流れを促す仕掛けなど、調和のとれたオーバーサイズを吟味。

【画像一覧】ルーズなだけじゃない服7選




やさしくも強くもある「透明感のあるバルーンドレス」

たおやかにふくらむシルエットをやさしいだけに終わらせない、シアー素材と繊細なストライプ。対極にある黒レザーを小物で飾っても動じないことで、白の強さを証明する。

白ストライプジャカードワンピース 39,000円+税/LE PHIL(LE PHIL NEWoMan 新宿店) 黒バッグ 34,000円+税/MARROW(4K) 黒ブーツ 27,500円+税/DIANA(ダイアナ 銀座本店) 縦に流れるそでのシャーリングと、バックのきゃしゃなリボンが「ただのルーズ」におさまらないバランスに貢献。ミニマルな黒小物を添えればモードにも転じる。




視覚効果でそぎ落とす「はかないストライプ」

一歩まちがうとやぼったく見えるボリュームドレスも、ピッチの細いストライプの効果によって重みがとれ、穏やかなムードに。さらにそでのふくらみを利用し、二の腕を計算高くカバー。

ストライプスキッパーシャツワンピース 14,000円+税/AKTE 黒リボンつきハット 19,000円+税/TAH(TAH tokyo) 黒フラットサンダル 24,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa Vネックからのぞくデコルテと余白のあるシルエットによってきゃしゃな体を連想させる。軽快な黒小物が、開放的なムードを高めつつボリュームセーブにも一役。




モードなアウターも受け入れる「重ねてよりよい黒」

それだけでさまになる、ボリューミィな黒。そのフラットな色に甘えて、構築的なアウターをレイヤード。ルーズなドレスと変型トレンチで織りなす、目新しい立体感を表現。

黒ボリュームスリーブドレス 13,800円+税/M_/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) トレンチコート 45,000円+税/LE PHIL(LE PHIL NEWoMan 新宿店) 黒かごバッグ 9,500円+税/バリワークスタット(スティーブン アラン トーキョー) 黒パンプス 30,000円+税/PIPPICHIC(ベイジュ) トレンチのハリ感でハンサムにシフト。


BACK TAIL
02.フラットなままにしない「すその前後差」
長くゆったりとしたフォルムでおおう安心感とその中にメリハリも忘れない、ヘムラインの遊び心。余白を含みながら落ちる背面が、スタイリングの横顔を洗練させる。


デニムに適した立体感「不規則なストライプシャツ」

シャツの端正な表情とオーバーサイズゆえの抜け感を両得したシャツドレス。さらにスリットの切れ味のいいヘムラインと潔いストライプで、シンプルなデニムも十分もつ。

ストライプボリュームシャツワンピース 17,000円+税/アダム エ ロペ デニムパンツ 15,800円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) ブラウンローファー 14,900円+税/A de Vivre シャツとデニムという王道の組み合わせも、シャツに余白を持たせて更新を。極端に前後差のあるすそは、「前だけタックIN、後ろはOUT」とフレキシブルな操作も可能。



はおる手前の軽やかさ「アバウトにかぶせるニット」

アウターともプルオーバーとも言えない、かぶせるだけで力の抜けたバランスをつくるニューフェイス。しっとりとしたハイゲージなら、ニットにありがちな重みとも無縁。

グレージュニットポンチョ 32,000円+税/GALERIE VIE(ギャルリー・ヴィー丸の内店) 白バックリボンブラウス 22,000円+税/yori ベージュワイドパンツ 13,000円+税/uncrave ポンチョ以外はシンプルに徹することで、不規則なすその余韻を楽しめる。配色もひかえめに。「ゆるさとキレイ」が両立するライトベージュのパンツによって、大人の抜け感を体現。

WIDE ALL-IN-ONE
03.腰位置を定めて「余白のあるオールインワン」
ストンと手を加えずボーイッシュに、もいいけれどベルトで腰の位置をやや高めに設定することで、ルーズなオールインワンに女性らしさが加わる。シックな色も大人を保てる不可欠なポイント。


トレンチコートのようなたたずまい「ツヤをまとったハンサムなカーキ」

背面にストームシールドがほどこされた、トレンチコートの延長のようなテーラリング。色も素材も辛口だから、ラフなイメージが強いルーズなオールインワンも硬派にシフト。

ベルトつきカーキオールインワン 19,900円(税込み)/N.O.R.C 黒ショルダーバッグ 33,000円+税/カマロアン(スティーブン アラン トーキョー) 白ミュール 38,000円+税/PIPPICHIC(ベイジュ) ベルトは取りはずし可能。カーキのオールインワンにありがちなワークテイストとは一線を画す、わずかに光沢を含んだ素材感だからどこかドレッシー。

COZY CROCHET
04.気だるさを装うように「ベージュのクロシェ」
季節に先立つニットを新調するなら? 素材を軽やかに見せるだけでなく脱力感も手に入るクロシェは、淡いベージュでさらにムードを高めたい。


ラクしてセンシュアルに「レースのように繊細なメッシュ」

ゆるいシルエットを甘やかさないドライタッチのニットで、メッシュの透け感をヘルシーに解釈。かすかに体のラインが見えるぐらいの粗い編み地が、上品さを保つカギ。

ベージュメッシュヤーントップス 6,000円+税/SLY、中に着たベージュアシンメトリーキャミソール 4,000円+税/STYLEMIXER(ともにバロックジャパンリミテッド) 白タックワイドパンツ 13,500円(税込み)/N.O.R.C オリーブショルダーバッグ 34,000円+税/MARROW(4K) あいまいなニットにとって張り合いとなる、クリアな白パンツを選択。




すべらせる感覚で「ドロップショルダーのカーディガン」

肌に直接ニットをのせるなら、肉厚でルーズなほど、こなれ感に直結する。腕を動かすたびにのぞく素肌こそ、ニットありきで隙のあるスタイリングの魅力を引き出す、最高のアクセント。

ベージュカーディガン 54,000円+税/MAIDI(ジャーナル スタンダード ラックス 表参道店) 黒タンクトップ 5,000円+税/AKTE 黒ジョガーパンツ 29,000円+税/ロンハーマン 黒バッグ 5,000円+税/space craft(UTS PR) 黒パンプス 30,000円+税/PIPPICHIC(ベイジュ) メンズライクな黒の上下が、気だるいニットの女性らしさを助長する。

SILKY SLACKS
05.ハンサムにツヤをまとう「シルキーなスラックス」
ゆとりのあるパンツのマニッシュな側面とリュクスな光沢感が合わさり、シンプルな装いでも目にとまる。色みをそろえることで、特別な素材感がさらにきわ立つ結果に。




コクのあるブラウンだから「品のあるトラックパンツ」

センタープレス入りならルーズなシルエットでもシャープさを残しつつ、華やかな光沢をカッコよさへとシフトチェンジ。素材の強弱によってワントーンでもぼやけない。

ブラウンカシュクールシャツ 6,000円+税、ブラウンハーフスリーブニット 5,000円+税/ともにM_/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) ブラウンサテンパンツ 19,000円+税/LE PHIL(LE PHIL NEWoMan 新宿店) 黒かごバッグ 65,000円+税/Aeta(alpha PR) シャーリングパンプス 32,000円+税/PIPPICHIC(ベイジュ)

V-NECK / A-LINE
06.美しい緩急「VをともなうAライン」
ともすれば重厚感が気になるAラインに、確実に軽さをもたらす「深いVネック」。無機質な配色にこそ、真逆のラインが生きてくる。


シアーなスカートとともに「穏やかなフォルムのVネック」

メンズサイズのようなゆったり感が、かえって女性らしさを引き出す要因に。穏やかなAラインと鋭いVネックの対比が、クールにおさまりがちな配色を退屈に見せない。

グレーカーディガン 46,000円+税/デミリー(サザビーリーグ) 黒シアースカート 59,000円+税/ebure(ebure GINZA SIX店) 白巾着バッグ 33,000円+税/VASIC(ヴァジックジャパン) 黒レースアップシューズ 28,000円+税/FABIO RUSCONI(TOMORROWLAND) 上質なカシミヤニットだから、潔くデコルテを見せても品のよさを保てる。

LINEN COAT
07.色もゆるめて「あいまいなリネンコート」
色も素材もレングスも。春に向く堂々としたロングコートさえあれば、バランスをとるための「引き締め役」は必要ない。さらにロングドレスを選び、どこまでも心地よく。



やさしくてタフという二面性「クリーム色のヘビーリネンコート」

まろやかな色みの持つやさしさを、ゆったりとしたコートなら最大限に堪能できる。ナチュラルな素材なのに輪郭がぼやけない理由は、厚みのあるヘビーリネンだから。

ベージュリネンコート 39,000円+税/アダム エ ロペ 白シャツワンピース 48,000円+税/BACCA(TOMORROWLAND) ベージュパンプス 48,000円+税/ペリーコ(アマン) ギャザーワンピースにヘビーリネンのコート。立体感と色の微差を利用することで、膨張しがちな配色にもメリハリが。色と素材をゆるめても風格を維持できる、新たなロング&リーンの形。

※GISELeでは5月号(3/27発売)より、掲載商品の価格表示を消費税込の総額表示に変更しております。変更以前に発売された号の内容に関しましては、税抜き価格での表記が残っている場合がございます。

元記事で読む