1. トップ
  2. ヘア
  3. 入れ方で印象が変わる!大人女子にオススメのハイライトカラー

入れ方で印象が変わる!大人女子にオススメのハイライトカラー

  • 2021.4.21
  • 4098 views

全体をブリーチせずに部分的に明るいカラーを入れることで髪の毛に立体感やツヤ感が生まれるハイライトカラー。実はカラーや入れ方によって様々な印象になるのを知っていましたか?今回は、カラーや入れ方で印象が変わるハイライトカラーをご紹介します♪自分にはもう明るい色は似合わないと諦めている大人女子の方も、お好みのハイライトカラーを見つけてオシャレを楽しんでみてはいかがですか?

ハイライトカラー×グレージュ

定番のグレージュのハイライト。
ベージュよりもクールな印象になります♪

ハイライトカラー×ベージュ

明るさを出したい方にはベージュのハイライトがオススメ☆
太めにしっかりといれるとまとまりのあるスタイルになります♪

ハイライトカラー×グラデーション

ハイライトカラーでのグラデーションは動きが出てとてもオシャレ♪
グレーなどのアッシュ系の色をハイライトに入れるとクールな印象になります◎

ハイライトカラー×極細ハイライト

極細でカラーを入れると、ハイライト特有の透明感が際立ちます。
なるべく落ち着いた印象にしたい方はコントラストのあまりない色を入れるとナチュラルに◎

ハイライトカラー×ショートヘア

自分でセットするとボリュームを出すのが難しいショートヘアはハイライトと相性抜群☆
ハイライトにより自然と立体感が生まれるので、セットがしやすくなります♪

ハイライトカラー×ハイトーンヘア

ブリーチによってツヤが失われがちなハイトーンヘアにもハイライトを入れると◎
細目にコントラストをあまりつけずに入れると自然なツヤ感になります。

ハイライトカラー×ホワイトグレー

ダメージレスで髪を染めたい方にオススメ◎
黒髪に白に近いハイライトを入れるとコントラストがはっきりしていてオシャレに☆

ハイライトカラー×少量ハイライト

少しだけ動きをつけたいという方は毛束の数を減らすと◎
毛束の太さは少し太めにして入れるとまとまり感が出ます!

ハイライトカラー×ピンク

春らしいピンクヘアもハイライトカラーで入れると自然な仕上がりに♡
ベースとの境目が目立ちにくいバレイヤージュで入れると◎

ハイライトカラー×カーキグレージュ

しっかりとコントラストをつけつつ、ハイライトの存在感も出したい暗髪の方にオススメ◎
カーキの色味で派手な印象にはならず、ハイライト特有の立体感が生まれます!

同じハイライトカラーでも、入れ方によってガラリと印象が変わりますよね!自分の髪にプラスしたいのはツヤ感なのか、束感なのか、立体感なのかによって、入れ方を変えてもいいです◎自分なりのオシャレをハイライトカラーでぜひ楽しんでくださいね♪

元記事で読む