1. トップ
  2. 恋愛
  3. 君のぬくもりを感じたい!彼女に「会いたくなるキュンLINE」の特徴4つ

君のぬくもりを感じたい!彼女に「会いたくなるキュンLINE」の特徴4つ

  • 2021.4.21
  • 1868 views

彼氏をもっと自分に夢中にさせたいなら、LINEの送り方を少し変えてみるといいかも。彼氏が会いたくなるようなLINEを送るだけで、もっと愛してくれるようになりますよ。男性が彼女に会いたくなるキュンLINEの特徴を4つ紹介します。

ハグ欲を掻き立てるLINEは効果的

彼氏のハグ欲を掻き立てるLINEを送ると、「今すぐ会いに行きたい」と思わせることができます。例えば、「早くギュってして欲しい」といった内容のLINEを送ると、その可愛らしさに会いたくなる可能性は高くなります。

ストレートに「今度会ったときにハグしてほしいな」といったLINEを送るのも効果的ですね。このようなハグを求めるLINEを送ることで、今すぐに彼女と触れ合いたいと思う彼氏は多いでしょう。

寂しさをアピールする

男性は女性の弱っている姿にキュンと来ることも多いです。その特徴を有効活用できるのが寂しさをLINEでアピールすることです。LINEで寂しさをアピールすることで、「早く会いたい」「会って抱きしめてあげたい」と男性に思わせることができます。

忙しくて会えていない場合は、「最近なかなか会えないね」といった内容のLINEで寂しさを滲ませるのが効果的です。器用なことができないタイプの女性は「会えなくて寂しい」とストレートな気持ちを伝えるのも良いでしょう。

自撮り写真を送るのも効果あり

会いたくなるような内容を送るのは恥ずかしいという場合は、写真を有効活用するのも1つの方法です。自撮り写真を送ることによって、彼氏が会いたくなる可能性は高いでしょう。例えば髪型を変えたときに自撮り写真を送れば、「実物を見てみたい!」と思わせることができるでしょう。

このときの重要なポイントは髪型がはっきりと分かるような写真は送らないことです。髪型の一部だけが写っている写真を送ることで、実際に会って確かめたいという気持ちが強くなるのです。

相手を褒めるのも良い方法

会いたくなるLINEを送るときには、自分のことをアピールしてしまうことが多いのではないでしょうか。いつも自分のことばかりをアピールするのは彼に迷惑かもしれないと考えている人には、「相手を褒める」LINEを送るのがおすすめです。

仕事を頑張っていることを褒めると、「実際に会って彼女に甘えたい!」という気持ちが強くなります。褒めるときには具体的な内容を含めて褒めるのが良いでしょう。同じ職場である場合は、「今日の仕事は大変だったけれど、すごく頑張っていて格好良かったよ!」といった褒め方をするのが効果的です。

会っているときだけでなく、会えない時間にもLINEであなたのことを意識させるのがポイントです。

元記事で読む