1. トップ
  2. ファッション
  3. 《2021》黒ブラウスで作る夏のコーデ特集。一枚でお洒落に決まる着こなしを紹介

《2021》黒ブラウスで作る夏のコーデ特集。一枚でお洒落に決まる着こなしを紹介

  • 2021.4.20
  • 13377 views

《2021》黒ブラウスの夏コーデ大特集!

きれいめにも、カジュアルにも活躍する使い勝手の良い黒ブラウス。一枚持っておくと様々なコーディネートが楽しめるアイテムです。

そこで今回は黒ブラウスで作るおしゃれな夏コーデを大特集。大人女性にぴったりの、黒ブラウスの最新夏コーデを、服装のテイスト別に紹介していきます。

この夏のコーデ作りの参考にしてくださいね。

《2021》黒ブラウスのカジュアルな夏コーデ

黒ブラウスのスポカジコーデ
[Classical Elf] さらり、上質綿100%。大人の袖フレアフレンチブラウス
出典:zozo.jp(外部リンク)[Classical Elf] さらり、上質綿100%。大人の袖フレアフレンチブラウス

フリルスリーブが見栄えする黒ブラウスは、きれいめからカジュアルまで幅広く使えるこの夏人気のアイテムです。

カラースカートとコーディネートすると色のバランス感がバッチリ。スカートもアシンメトリーなヘムデザインで上下共に揺れ感のおしゃれな着こなしに。

大人可愛いブラウスを、機能性にも優れたバーサンダルで、スポーツカジュアルにまとめてみてはいかがでしょうか。

ママさんの夏のお出かけコーデとしてもおすすめですよ。

きれいめカジュアルな黒ブラウスコーデ
[ROPE'] 【洗える】袖ボリュームレーヨンブラウス
出典:zozo.jp(外部リンク)[ROPE'] 【洗える】袖ボリュームレーヨンブラウス

袖にたっぷり入ったドレープが美しい黒ブラウス。1枚で印象的な夏コーデが叶うのでその他のアイテムはシンプルに徹するとベター。

ボリューミーな袖が可愛いガーリーな黒ブラウスには、メンズライクなデニムを合わせてあげるとバランス感がGOOD。

足元は軽くロールアップすると、夏らしい軽快感も出ますよ。可愛いだけではない、凛とした大人感を堪能して。

リネン素材ブラウスの夏コーデ
[JOURNAL STANDARD] レ-ヨンアサノーカラーブラウス◆
出典:zozo.jp(外部リンク)[JOURNAL STANDARD] レ-ヨンアサノーカラーブラウス◆

夏に人気のレーヨン&麻の黒ブラウスは涼しく、見た目も抜け感たっぷりでおしゃれ。

ゆるい着こなしを楽しむのにもぴったりですが、この夏は人気のスラックスと合わせるのもおすすめですよ。

ほんのり大人っぽく着こなすことが出来るので、デイリーからお出かけまで幅広く活躍してくれます。しっかりと丈があるブラウスなので、さりげなく腰回りもカバーしてくれるのも大人女性には嬉しい点ですね。

上下黒でも、麻の素材感で軽やかに仕上がった夏の着こなしです。

ブラウス×楊柳パンツの夏コーデ
[Ray Cassin] 【WEB限定】ラッフルスリーブブラウス
出典:zozo.jp(外部リンク)[Ray Cassin] 【WEB限定】ラッフルスリーブブラウス

フェミニンな黒ブラウスに、楊柳のイージーパンツを合わせた今年らしい夏の着こなしです。この夏もイージーパンツは大人気。

透け感と肌触りの涼しげな楊柳パンツは取り入れるだけでコーデ全体に清涼感が生まれます。

ラフにTシャツを合わせてもおしゃれなのですが、フェミニンな黒ブラウスを合わせることでお出かけにも対応する抜け感コーデに。

色を多く使わずに大人っぽくまとめるのがおすすめです。

黒ブラウス×ショートパンツの夏コーデ
Classical Elf] シアーで魅せる、楊柳ブラウス
出典:zozo.jp(外部リンク)Classical Elf] シアーで魅せる、楊柳ブラウス

この夏リバイバルした人気のショートパンツ。スニーカーとコーディネートするとアクティブな印象でおしゃれです。

夏のデニムコーデに飽きてきた方におすすめの着こなしですよ。トップスには白のタンクトップをチョイス。

露出感の気になる方はたっぷりとした大き目な黒のシアーブラウスを重ねれば問題なし。

涼しさと、体型カバーが叶います。夏のレジャーなどに着たいおしゃれな着こなしです。

スキッパーブラウスのカジュアルコーデ
[Classical Elf] スタンドスキッパードルマンブラウス
出典:zozo.jp(外部リンク)[Classical Elf] スタンドスキッパードルマンブラウス

人気のスキッパーデザインのブラウスは、清潔感とクールな印象を高めてくれるので大人女性におすすめのアイテムです。

今季はゆったりシルエットのスキッパーブラウスを、デニムにインした着こなしがこなれ感たっぷりでおしゃれ。

黒のブラウスでも軽やかにまとまりますよね。キャップやスニーカーでまとめれば、大人カジュアルな夏コーデの完成です。

お子さん連れのママさんにもおすすめですよ。実はスキッパーブラウスは首元も綺麗に見えるので、ボーイズライクな中に女性らしさ見え隠れするのです。

《2021》黒ブラウスのシックな夏コーデ

ブラウスのワンピース見え夏コーデ
[CROSSPLUS ONLINE] カラードルマンブラウス
出典:zozo.jp(外部リンク)[CROSSPLUS ONLINE] カラードルマンブラウス

黒ブラウスに、黒のスカートを合わせてワンピース見えのシックな夏コーデにするのもおしゃれですね。

ドレープ感が美しいドルマンブラウスなので、コーデも優雅な印象に。

ボリューミーなシルエットのブラウスなので、スカートには広がりの少ないものを選ぶのが好バランスに仕上がるコツですよ。

きれいめな着こなしを、あえてフラットサンダルでカジュアルダウンした夏コーデ。

黒ブラウスのエレガントコーデ
[URBAN RESEARCH Sonny Label] リネンギャザータックスリーブブラウス
出典:zozo.jp(外部リンク)[URBAN RESEARCH Sonny Label] リネンギャザータックスリーブブラウス

全体を大人びたカラーでまとめたシックな夏の着こなし。

明るい色を着たくなる夏ですが、あえて落ち着いたカラーを選ぶことで、大人の余裕感を演出するのもおすすめですよ。

肩にタックの入った可愛い黒ブラウスなので、色味を落ち着かせたことですんなりと大人女性に馴染むコーデに仕上がったのも計算済み。

総柄のエレガントなスカートを黒で引き立てた、夏コーデです。

夏のモノトーンコーデ
[moment+] 【2021S/S New Arrival】綿ガーゼ2WAYティアードブラウス
出典:zozo.jp(外部リンク)[moment+] 【2021S/S New Arrival】綿ガーゼ2WAYティアードブラウス

黒のアイテムを使うなら、やはり人気のモノトーンコーデも外せません。

黒ブラウスにホワイトパンツを合わせれば色のメリハリ感がおしゃれなモノトーンコーデの完成です。

ふんわりとした袖で印象に残る夏コーデが叶いますよ。綿ガーゼ素材のブラウスなので肌に優しいのも選ぶポイントになります。

かかとの見えるシューズをオンして、今年らしいこなれたスタイリングに。

シンプルな黒ブラウスの夏コーデ
[ROPE'] 完全別注【MIZUNO】撥水フォルムブラウス for ROPE'
出典:zozo.jp(外部リンク)[ROPE'] 完全別注【MIZUNO】撥水フォルムブラウス for ROPE'

ミニマルなデザインがおしゃれな黒ブラウス。

一見コットンのタイプライターに見えるハリ感がありますが、実は水着として使える基準をクリアしたポリエステル素材なんです。

汗をかいてもすぐに乾くので、暑い夏には嬉しいポイントですよね。また身頃もゆったりと設定されているので、風を通してくれて涼やか。

ボトムスにはこの夏人気のフレアデニムをチョイスして、クールでおしゃれな大人の着こなしに。シンプルながら、上級者のアイテム選びでサマになる夏コーデです。

黒ブラウス×タックパンツのブラックコーデ
[Classical Elf] 最旬!愛され、タックブラウス
出典:zozo.jp(外部リンク)[Classical Elf] 最旬!愛され、タックブラウス

黒ブラウスに、同じく黒のタックパンツを合わせてクールシックに仕上がった夏のブラックコーデ。

重たく見えるコーディネートは、トップスをしっかりウエストインすることと、白のシューズを投入すれば夏にもマッチする軽やかさをプラスできるのでおすすめです。

ビニール素材のバッグを手に持てば、夏ムードも漂う着こなしに。黒ブラウスのフロントにはピンタック×レースデザインが施されているので、さりげなく女性らしさも漂うのです。

特別感のある黒ブラウスコーデ
[CROSSPLUS ONLINE] フロントギャザー半袖ブラウス
出典:zozo.jp(外部リンク)[CROSSPLUS ONLINE] フロントギャザー半袖ブラウス

パフスリーブが可愛い黒ブラウス。フロントにはギャザーが施されているので身頃はスッキリと見えるのでコンパクトにまとまります。

ボトムスに人気のタイトスカートを合わせてあげると、きれいなIラインコーデの出来上がり。

スカートは細身ながら伸縮性のある素材感なので、締め付け感なく過ごせますよ。

レースアップシューズで可愛げをプラスして、いつもより特別感のある夏の着こなしに。気分を上げたい時やデートにおすすめのおしゃれな夏コーデです。

《2021》黒ブラウスのきれいめ夏コーデ

黒ブラウスのIラインコーデ
[Bou Jeloud / Bab] 【WEB限定】フレンチスリーブオープンカラーブラウス
出典:zozo.jp(外部リンク)[Bou Jeloud / Bab] 【WEB限定】フレンチスリーブオープンカラーブラウス

ノースリーブでもきちんとした印象が手に入るオープンカラーの黒ブラウス。

コンパクトなサイズ感なので、ボトムスにスカートをチョイスしてもバランス良く仕上がります。

また、総柄スカートのようなインパクトのあるアイテムにも、すんなりと馴染んでくれる黒ブラウスはやはり1枚は持っておきたいですね。

人気色であるベージュのシューズ&バッグを添えて、一気にナチュラル感が増した夏の着こなし。

差し色サンダルのおしゃれな夏コーデ
[URBAN RESEARCH Sonny Label] リネン混フレンチスリーブブラウス
出典:zozo.jp(外部リンク)[URBAN RESEARCH Sonny Label] リネン混フレンチスリーブブラウス

ボリューミーなフレアスカートには、フレンチスリーブのブラウスでバランスを取るのがおすすめです。

黒のブラウスなら、柄スカートの主張を程よくダウンしてくれますしどんな柄にも馴染みますよ。

リネンブレンド素材のブラウスで見た目も体感も涼しげに仕上がっているのも高ポイントです。

足元には差し色オレンジのサンダルを加えて、夏ムードが盛り上がる元気コーデに。

黒ブラウス×カラーパンツの夏コーデ
[ur's] バックフレアブラウス
出典:zozo.jp(外部リンク)[ur's] バックフレアブラウス

今年大人気のカラーパンツとも相性が良い黒ブラウス。

大人女性の魅力を引き上げてくれるラベンダー色のスラックスには、ベーシックな黒を合わせるとお互いを引き立ててくれる。

黒ブラウスはシンプルなノースリーブですが、バックスタイルがフレアになっていておしゃれ。シンプルコーデだからこそディテールが映えるのです。

歩くたびに揺れるので360度どこから見ても美しいですよ。オフィスにはもちろん、デートにも向いている夏コーデです。小物類も黒でキリッと引き締めて。

黒ブラウスのきれいめな夏コーデ
[TIARA] スクエアドット2WAYブラウス
出典:zozo.jp(外部リンク)[TIARA] スクエアドット2WAYブラウス

細かなドット柄の黒ブラウスは、大人女性のきれいめ感を高めてくれます。大柄ではなく細かい柄をチョイスするのが大人っぽく仕上がる秘訣ですよ。

スタンドネックにギャザーが効いているので黒ブラウス1枚でも優雅な印象を演出できます。ポリエステル100%の軽い素材感なので暑い夏でも快適です。

スカートにはタイトシルエットのスカートをオンすると全体が好バランスに。オフィスカジュアルでも活躍する夏コーデです。

黒ブラウスのきちんとコーデ
[ROPE'] 【洗える】ボリュームスリーブハンドクラフトスモッキングシアーブラウス
出典:zozo.jp(外部リンク)[ROPE'] 【洗える】ボリュームスリーブハンドクラフトスモッキングシアーブラウス

黒と相性の良い人気のペールカラーを散りばめたおしゃれな夏コーデです。

重たく見えがちな黒のブラウスですが、透け感のある人気のシアー素材なので夏でも軽やか。また、ボリュームのある袖が大人可愛い印象をプラスしてくれます。

袖口はシャーリングになっているので、着太りして見えるのを防いでくれるのも大人女性には嬉しいポイントです。

洗えるコットン素材なので、汗をかいても安心。気兼ねなく着ることが出来るのでオンオフ問わず活躍しそうです。

パールボタン黒ブラウスのデイリーコーデ
[nano・universe] WEB限定/パールボタンVネックブラウス 長袖
出典:zozo.jp(外部リンク)[nano・universe] WEB限定/パールボタンVネックブラウス 長袖

今年はきれいめコーデもちょっぴりこなれた雰囲気で着こなしするのが人気です。

パールボタンのついた黒ブラウスにプリーツスカートを合わせたきれいめコーデは、ブラウスをあえてウエストインせずに着こなすのが〇。

リラックスムード漂うので親しみやすさもアップしますよ。小物類は肌馴染みの良い色でまとめて、ナチュラルテイストに仕上げると大人っぽいです。

上品な黒ブラウスをデイリー向きに仕上げた夏の着こなし。

《2021》黒ブラウスの夏コーデまとめ

今年はシャツやブラウスが大人気。黒ブラウスは様々なボトムスと合わせやすく、フレキシブルに活躍するアイテムです。

カジュアルコーデに投入すれば、シックで大人っぽい着こなしが叶いますよ。この夏は個性豊かな黒ブラウスが沢山出ています。

ぜひお気に入りの一枚を見付けて、夏の黒ブラウスコーデを楽しみましょう。

元記事で読む