1. トップ
  2. ファッション
  3. おとぎ話のプリンセスのよう! グレース・ケリーの結婚式のすべて

おとぎ話のプリンセスのよう! グレース・ケリーの結婚式のすべて

  • 2021.4.18
  • 985 views

65年前の4月18日に行われた、グレース・ケリーとモナコとのレーニエ大公のロイヤルウエディングを振り返ります

ウエディング・ドレス

今や伝説的な1着となったグレースのウエディング・ドレスは、映画会社MGMからの贈り物。デザイナーを務めたのは衣装デザイナーのヘレン・ローズで、30人の縫い子さんが6週間かけて縫い上げたのだとか。 何枚ものペチコート、アンティークのベルギーレース、何百という小粒パールを使ったハイネックのドレスは、現在フィラデルフィア美術館に所蔵されていて、時折展示されることも。そのスタイルは今もキャサリン妃やミランダ・カーなどのファッションアイコンたちに影響を与えているけれど、グレースが着たウエディング・ドレスは他にもあったのだとか。 実は、聖ニコラス大聖堂(モナコ大聖堂)での結婚式の前日、宮殿で民事婚を挙げたグレースとレーニエ大公。その際にグレースが着用したのが、この写真のペールピンクのドレスだったとのこと。

ベール

王室の花嫁にはティアラをつける人もいるけれど、グレースが選んだのはジュリエットキャップ。90ヤード(およそ82メートル)もあるベールを、レース、小粒の真珠、オレンジのペーパーフラワーをあしらったこのジュリエットキャップで留めたそう。

ブーケ

大きなブーケの代わりにグレースが手に持ったのは、シルク、レース、パールで飾り付けられた祈祷書とスズランの小さな花束。

来賓リスト

聖ニコラス大聖堂で行われたセレモニーにはおよそ600人が出席。その中には、映画スターのケイリー・グラント、エヴァ・ガードナー、グロリア・スワンソンや、実業家のアリストテレス・オナシス、コンラッド・ヒルトンも。

パーティ

もちろん、お料理も豪華。ゲストはキャビア、ロブスター、シャンパンを楽しみ、およそ90キロあるという、6段重ねのウエディング・ケーキに舌鼓を打ったそう。 グレース・ケリーとレーニエ大公の息子であるアルベール2世が『People』誌に語ったところによると、「母はとても圧倒されたと話していました」「『わくわくした』とか、『嬉しくてたまらなかった』という言葉も、母の気持ちを表すのに十分ではないようでした。父も同じことを言っていました」。

元記事で読む