1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「ゴジラvsコング」吹き替え版は芸能人だらけ芦田愛菜に田中みなみも

「ゴジラvsコング」吹き替え版は芸能人だらけ芦田愛菜に田中みなみも

  • 2021.4.15
  • 2036 views
「ゴジラvsコング」の日本語吹き替えキャストが発表(画像は「ゴジラvsコング」公式サイトより)

映画「ゴジラvsコング」の日本語吹き替えを芦田愛菜さん、田中圭さん、田中裕二さん、尾上松也さん、田中みな実さん、津田健次郎さん、坂本真綾さんが担当する。2021年4月15日に発表された。

キャストを見た人からは「芸能人ばっかり!」と驚く声も。タレント起用は、今に始まったことではないが――。

鑑賞中に浮かぶ芸能人の顔

芦田さんと田中圭さんは前作の「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」(2019年)に続いての担当だ。芦田さんは過去にも「海獣の子供」、「映画 えんとつ町のプペル」などでも声優経験があり、出演作を見た人からは期待の声が大きい。一方で、芸能人だらけのキャスティングに、プロの声優を求める声や、字幕で見るとの意見もある。

芸能人が声優として吹き替えを担当する例は、非常に多い。2019年公開の「アベンジャーズ/エンドゲーム」では、米倉涼子さん、極楽とんぼの加藤浩次さん、竹中直人さん、内田有紀さん、ももいろクローバーZの百田夏菜子さんが声を務めた。

「メン・イン・ブラック:インターナショナル」(19年)では主役の吹き替えを女優の今田美桜さんが務め、吉本所属の芸人で構成されるアイドルグループ「吉本坂46」のメンバー全員も声優で出演している。「シャザム!」(19年)では、吹き替え版の主人公を菅田将暉さんが担当した。

各作品の内容自体は評価の高いものが多いが、吹き替え版については、どうしても作中でその芸能人の顔が浮かんでしまい、なかなか集中できなかった、なじめなかった、といった書き込みがツイッターで多数見られた。

タレント起用の事情とは

2019年6月5日付「PRESIDENT Online」の記事では、アニメ映画や洋画の声優にタレントがキャスティングされる理由について、声優・岩田光央さんの見解が紹介されている。

それによると制作会社が声優を起用する場合、声優のギャラは制作費から捻出される。一方、タレントを起用する場合のギャラは広告宣伝費から出されている場合があるそうだ。それでも「人気タレントが作品に出演すれば、メディアは取材に来てくれますし、制作会社にとっては非常にありがたい存在です。だからこそ広告宣伝費を使ってでも、彼らを起用しているのです」と指摘している。

元記事で読む