1. トップ
  2. 恋愛
  3. おしどり夫婦ならこう送る…!【LINEで分かる2人の仲良し度】チェック

おしどり夫婦ならこう送る…!【LINEで分かる2人の仲良し度】チェック

  • 2021.4.14
  • 64796 views

「結婚すると愛が冷める」という言葉があるように、何年も夫婦仲が良好でいることはなかなか難しいです。 そんな中でも、周りがうらやむほどおしどり夫婦もいるのも事実。 今回は、おしどり夫婦が実践しているLINEの特徴を4つご紹介します!

(1)相手の名前を付ける

夫婦になると、LINEでなかなか相手の名前を呼ぶことは少なくなります。 とくに、子どもが生まれると「パパ」「ママ」の呼び名に変わり、名前を呼ぶ機会が減りがちです。 そのため、あえて名前で呼び合うことで、お互いが「家族」である前に「パートナー」であることが認識できます。

(2)「ありがとう」「ごめんね」が言える

夫婦になると、お互いの欠点が見えてくるので、自然と愚痴や注意が多くなります。 愚痴は増えていく一方で、「ありがとう」「ごめんね」を言う頻度が減るのはなぜなのでしょうか。 「親しき中にも礼儀あり」という言葉があるとおり、これから長くお付き合いするためには、感謝と謝罪を言い合える仲でいたいものです。

(3)「~してもらっていいかな?」申し訳なさそうにお願いをする

おしどり夫婦は、なにかお願いする時下手に出ることが多いです。 「~してもらっていいかな?」と申し訳なさそうにお願いすることで、「大事な人の頼みごとなら!」と快く引き受けます。 逆に、「~してよ!」と命令口調で頼みごとすると、相手もつい言い返したくなるでしょう。

(4)「~時くらいには家に帰るね」帰宅する時間を伝えておく

共働きの場合、どちらか先に帰ったほうがご飯を作る夫婦も多いでしょう。 せっかくご飯を作っても、後から「今日同僚と飲みに行くわ~」と連絡があると、「じゃあ先に言ってよ!」という気分になります。 「~時くらいに帰るよ」と帰る時間を伝えるなどして、夫婦だからこそ報連相をしっかりおこなうのが重要です。 おしどり夫婦は、とくに特別な取り組みをしているわけではなく、ただお互いのことを思いやる気持ちを持っています。 あらかじめ2人でルールを決めたりなにかあったら溜めこまずに話し合ったりして、お互いが尊重し合える関係を築きたいですね! (恋愛jp編集部)

元記事で読む