1. トップ
  2. ファッション
  3. 永遠の定番であるデニムを品よくレディに着こなすテクニック

永遠の定番であるデニムを品よくレディに着こなすテクニック

  • 2021.4.11
  • 3615 views

ワードローブの定番のひとつ、デニムパンツ。カジュアルなスタイルになりがちだけど、品あるレディなスタイルをマスターすれば、着こなしの幅はもっと広がる。

 

グッドボーイの着こなしの要は程よい抜け感のボーイフレンドデニム

使い勝手のいいボーイフレンドデニムはボーイズスタイルの代名詞アイテム。トラッドなグッドボーイスタイルに投入することで、程よい抜け感を演出してバランスを整えるのに一役買ってくれる。合わせたのはブラックウォッチのジャケットとボーダーのネクタイ。柄オン柄のコントラストで愛嬌のあるルックスに仕上げて。

永遠の定番であるデニムを品よくレディに着こなすテクニック
出典 FUDGE.jp

デニムパンツ¥22000 / Levi’s® Authorized Vintage(リーバイ・ストラウス ジャパン)、ジャケット¥25800 / BEAMS BOY(ビームス ボーイ 原宿)、ニットポロシャツ¥28000 / JOHN SMEDLEY(リーミルズ エージェンシー)、ネクタイ¥12000 / A Piece of Chic(グラストンベリーショールーム)、ベルト¥12800 / MASTER&Co.(マッハ55 リミテッド)、トートバッグ¥8100 / SHIPSany(シップス エニィ 渋谷店)、ローファー¥50000/ Sanders(グラストンベリーショールーム)、ソックス スタイリスト私物

 

アメカジスタイルでも品を失わない万能なリジットデニムパンツを相棒に

パリッとした素材感が魅力のリジットのデニムパンツは、デニムと言えどもクリーンな印象だから乙女心を忘れないレディには強い味方。ハイウエストできれいなストレートシルエットの1本をピックアップすれば、アメリカンなボーイズスタイルも品よくスマートにまとまる。

永遠の定番であるデニムを品よくレディに着こなすテクニック
出典 FUDGE.jp

デニムパンツ¥19000 / THE SHINZONE(シンゾーン ルミネ新宿)、シャツ¥13000、モックネックニット¥12000 /ともにF.McGREGOR(フェリシティ原宿)、キャップ¥3800 / NewEra ®(ニューエラ)、ベルト¥14000 / Martin Faizey(グラストンベリーショールーム)、ショルダーバッグ¥45000 / IL BISONTE(ルック DC 事業部)、ソックス¥1200 / BEAMS BOY(ビームス ボーイ 原宿)、シューズ¥18000 / GEOX(ジェオックス ジャパン)

 

 

photograph_Suganuma Shotaro
styling_Komura Hikaru
hair&make up_Suga Takuma
model_Gabi
design_Araki Masakuni

 

FUDGE vol.212 2021年3月号より

 

 

元記事で読む