1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【12星座別】彼が「彼女を絶対に離したくない」と思う瞬間

【12星座別】彼が「彼女を絶対に離したくない」と思う瞬間

  • 2021.4.10
  • 26486 views

12星座別に【彼が彼女を絶対に離したくない瞬間】をまとめました。 好きな人とはずっと一緒にいたいし、できればそのまま結婚もしたい。でも、彼はどんな場面で永遠の愛を感じるの? それは女性からすれば、とても何気ない意外な日常のワンシーンかもしれません。ぜひチェックしてみて!

おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

おひつじ座の彼は褒められるのが大好き。彼女から「すごい!」「カッコイイ」と言われるとテンションが上がりますし、もっと褒められたくなってやる気が湧いてきます。

彼女が自分のことを誰よりも素敵だと褒めてくれるとき、おひつじ座の彼は付き合ってよかったとしみじみ思うはず。小さなことでも一番になりたい願望が強いタイプなので、愛する人の言葉に勇気と自信をもらうのです。彼女にとってつねにナンバーワンの存在でありたいと誓うでしょう。

おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

おうし座の彼は多くを語らなくても気持ちを察してもらえたとき、彼女を離したくないと感じます。恋人同士として付き合うだけでなく、このまま結婚できたら……と思うかもしれません。

おうし座はたくさんの恋を重ねることにあまり意味を見出さないタイプ。たったひとりと心を交わして愛を共有できれば最高に幸せだと思います。

だからこそ、「あ・うん」の呼吸で意思疎通できる彼女には特別な運命を感じるのです。仲の良い関係がずっと続いてほしいと願うでしょう。

ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

ふたご座の彼は、彼女がこだわりなく柔軟な態度を取ったとき「この人を手放したくない」と感じます。物事をひとつに決めつけることなく、行き当たりばったりの展開さえ楽しもうとするスタンスに共感するでしょう。

また、彼女が自分の知らないジャンルに詳しいと尊敬がにじむ恋心をふくらませます。ふたご座の男性は知的な女性に弱いので、何かひとつ専門分野を持っておくと途切れずに興味を持ってもらえるはず。会話の尽きない関係になるでしょう。

かに座(6月22日~7月22日生まれ)

かに座の彼は、過去に話した内容を彼女がちゃんと覚えておいてくれるとドキッとします。他愛ない世間話も細かく記憶する彼女は手放しがたく感じるでしょう。

かに座は同じことを何度も話すのが嫌いなタイプ。「それ、前も話したよね」と言うシチュエーションにはかなりテンションが下がってしまいます。

彼女のために伝えたアドバイスやいたわりの言葉をずっと覚えていてくれると、恋心は揺るぎない愛に変わるでしょう。結婚まで視野に入れるかもしれません。

しし座(7月23日~8月22日生まれ)

しし座の男性は、無言でいても心が癒されると感じたら彼女を手放しがたく思います。たとえばおうちデートで自分と彼女がまったく違うことをしても気まずくないとか、気を遣いすぎない状況を心地良く感じるでしょう。

それでも彼女が自分を無視するわけでもなく、お茶を淹れてくれたり、おなかが空いていないか聞いてくれたりすると安心します。愛されていると実感するのです。

ベタベタしなくても心がちゃんと通じ合う彼女とは良い関係を長く続けたいと願うでしょう。

おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

おとめ座の彼は、彼女と知的な会話ができたときに「この人とは結婚するかもしれない」と感じます。

おとめ座は聡明で向学心が旺盛なタイプ。社会人になっても学ぶことには積極的で、彼女にも同じように知識への興味を持ってほしいと考えます。

資格取得や専門スキルの習得に前向きな彼女を、彼は心から応援してサポートしようとするはず。「何かしてあげたい」という気持ちが言動からにじみ出るとき、おとめ座の男性は彼女に深い愛を感じているでしょう。

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

てんびん座の彼は、つねに美しくあろうと努力する彼女にいとおしさを感じます。自分磨きに積極的な彼女は手放したくないと思うだけでなく、一緒にいることで良い刺激をもらえるでしょう。彼もずっと格好良くあろうと願うはずです。

てんびん座は内面の美しさが外見にあらわれると考えるタイプ。ファッションやメイク、体型維持がおろそかな彼女とは長続きしないかもしれません。

また、美容だけでなく心身のケアが丁寧で、自分を大切にする彼女には安心感を覚えます。対等でストレスのない関係が築けると期待するでしょう。

さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

さそり座の彼は、彼女の言動に一途さを感じると「絶対に離したくない」と思うでしょう。自分だけを見つめてまっすぐな想いを傾けてくれるとき、彼は最高に幸せな気分になります。

さそり座自身が一途で、愛する人にはひたむきに情熱を注ぐタイプ。彼女も同じスタンスだとより深い想いが生まれます。出会って間もない関係だとしても、彼は同棲や結婚を思い浮かべるかもしれません。

自分と同じだけの愛情を交わせる彼女はかけがえのない存在に感じるでしょう。

いて座(11月22日~12月21日生まれ)

いて座の彼は恋愛以外の話を彼女と真剣に語り合うとき、「この人とずっと一緒にいたい」と感じます。恋人以外のつながりを持てる関係に期待がふくらむでしょう。

いて座の男性は内面重視で可愛らしさや色気で交際相手を選びません。グローバルな視点があって向上心が旺盛な女性がタイプ。甘いおしゃべりだけでなく、ビジネスやマーケティングなども語り合える関係を好みます。

お互いに刺激を与え合える彼女とは安定したお付き合いが続くでしょう。

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

やぎ座の彼は、彼女に揺るぎない芯の強さを見出したとき、「ずっと一緒にいたい。結婚したい」と思うでしょう。基本的には従順なやまとなでしこタイプを好みますが、それは何でも言いなりで自分の軸がない女性という意味ではありません。控えめでいながらもポリシーがしっかりしている彼女を求めます。

自分の信念にそぐわないことにハッキリ「ノー」と言えるかどうか。やぎ座の男性は冷静に彼女の言動を見ています。

意見が食い違っても感情的にならず、淡々と折り合いをつける彼女には永遠の愛を誓いたくなるでしょう。

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

みずがめ座の彼は、彼女がすぐれた才能やスキルを見せたとき「この人を手放したくない」と感じます。

みずがめ座の恋は内面重視。それも性格の良さより、いかに個性的でオリジナリティがあるかに反応します。

彼はつねに刺激を与え合う関係が心地良く、ありきたりの恋バナやデートを退屈に感じるタイプ。仕事や趣味の話で盛り上がる彼女とは自然と深い関係になるでしょう。周囲から「結婚はいつなの?」と言われるほど仲良しカップルになれるはずです。

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

うお座の彼は空気のように馴染む自然体の彼女を見ると、「ずっとこのままでいたい」と時間を止めたくなるでしょう。何をするでもなく、ただ隣にいるだけでしっくりくるような彼女を手放しがたく感じます。

うお座の恋は、深く心がつながるかどうかが長続きのカギに。何気ないスキンシップやお互いを思いやる気持ちがスムーズに交換し合えるとお付き合いは安定します。

気付いたら同棲していたなど、ほぼ夫婦といえる関係ができ上がることも多いでしょう。

©Mike Kemp/gettyimages
©Mladen Zivkovic/gettyimages

文・沙木貴咲

元記事で読む