1. トップ
  2. 順位決定!泣き崩れる練習生も『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』#1レポ

順位決定!泣き崩れる練習生も『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』#1レポ

  • 2021.4.10
  • 1585 views

国内最大級のサバイバルオーディション第2弾となる『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』が、4月8日(木)に初回配信。会場に集まったのは、オンタクト能力評価で国民プロデューサーに選ばれた60人の練習生たち。現在の順位が発表され、各パフォーマンスによる「クラス分け」も実施された。

『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』#1
©girlswalker All Rights Reserved.

2019年からSEASON1が配信されて話題となった『PRODUCE 101 JAPAN』。一流アーティストによって歌やダンスを鍛え上げられた101人の練習生たちが順位を競い、上位11人だけがボーイズグループとしてデビューできる。SEASON1で選ばれたJO1に続いてデビューするのは誰!?

視聴者は、国民プロデューサーとして推しMENに投票。彼らの成長を目の当たりにしながら、デビューできるか否かのワクワク感を本人たちと共有できる。現在すでにスタートしている国民投票に注目だ。

木村柾哉が1位の座に!
『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』#1
©girlswalker All Rights Reserved.

個別に「ブルールーム」に入り、自分の順位を知らされる練習生たち。目立っていたのは、西洸人、テコエ勇聖、村松健太によるグループ。練習生たちとのトークが盛り上がり、チャットでも「クセ強チーム」「ショートコンとか」「ここだけ30分尺くれ」との声が寄せられた。

好感度が高かったのは、仲村冬馬、飯沼アントニー、許豊凡によるアジア出身の3人組。祖国からの応援映像などもあり、「みんないいね!」「みんな人気やろな」といったコメント続出。飯沼が1位の椅子にタッチする姿には「かわいいかよ」「そかそか」と見守りの声が寄せられた。3人のうち、仲村だけがデビュー枠外。許は「練習助けてもらってたし実力ある。冬馬にこっちきてほしいと思った。ショックでした」と語った。

現在順位の見事1位に輝いたのは、テーマ曲「Let Me Fly〜その未来へ〜」のセンターも務めた木村柾哉。練習生たちに一礼しながら一歩ずつ階段を上り、1位の椅子へ。「うれしい反面プレッシャーもすごいですが、この60人の出会いを大切にSEASON2を盛り上げたい」と練習生を代表して決意を表明した。

レベル分けテストでランク「A」を勝ち取ったのは…?
『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』#1
©girlswalker All Rights Reserved.

SEASON2でトレーナーを担当するのは、DA PAMP KENZO、仲宗根梨乃、青山テルマ、菅井秀憲、KEN THE 390のメンバー。

トレーナーによって、練習生たちのレベル分けテストが行われた。なかなかランクAが出ない中、初めて勝ち取ったのが尾崎匠海。青山のリクエストでアカペラをした中島美嘉の『雪の華』では、美しい高音ボイスに注目が。「これからの期待もこめたA」という青山の言葉に涙を流し、同グループの佐野雄大や後藤威尊に「一緒に練習できてよかった。ありがとう」と感謝の気持ちを伝えていた。

「歌とダンス以外の魅力を感じた」とDA PUMP KENZOに言わしめたのが、平本健、井筒裕太、大久保波留たちによる仲良しDKグループ。爽やかな笑顔で初々しいパフォーマンスを見せ、「アイドル感」「これは頬が緩む」「母性が…」とチャットでの人気も上々。「人に元気を与えたりハッピーにさせてくれるパフォーマンス」とDA PUMP KENZOから絶賛される。

いちばんの盛り上がりは、田島将吾&西島蓮汰コンビ。リズム感が問われる難易度の高い楽曲にも関わらず、クオリティの高いパフォーマンスを披露。DA PUMP KENZOが思わずスタンディングオベーションをする場面もあり、結果は2人ともランクA。「めちゃくちゃよかった。もっと上にいける!」と仲宗根から伝えられ、田島は嬉しさで崩れ落ちていた。

番組終了後も「泣いた」「震えた」「11人選べない」「これがあるから1週間がんばれる」とチャットでの感動の声が止まらなかった。木村はこのまま1位の座を守ることができるのか!? レベル分けでは最終的に全員がランクAを目指すが、厳しい戦いとなる。

気になる次回の展開は…?
『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』#1
©girlswalker All Rights Reserved.

来週15日(木)配信の「#2」では現在順位1位の木村を含む、レベル分けテストの続きがオンエアされる。涙を流す青山テルマに何が起こったのか!?
今後の配信もお見逃しなく!

『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』第1回順位発表

第1位 木村柾哉
第2位 田島将吾
第3位 佐野雄大
第4位 西洸人
第5位 後藤威尊
第6位 太田駿静
第7位 許豊凡
第8位 高塚大夢
第9位 飯沼アントニー
第10位 西島蓮汰
第11位 池崎理人
第12位 藤牧京介
第13位 大久保波留
第14位 尾崎匠海
第15位 テコエ勇聖
第16位 ヴァサイェガ光
第17位 栗田航兵
第18位 森井洸陽
第19位 上田将人
第20位 平本健
第21位 福田歩汰
第22位 小林大悟
第23位 大和田歩夢
第24位 仲村冬馬
第25位 篠原瑞希
第26位 四谷真佑
第27位 内藤廉哉
第28位 篠ヶ谷歩夢
第29位 服部息吹
第30位 飯吉流生
第31位 高橋航大
第32位 北山龍磨
第33位 多和田大祐
第34位 内田正紀
第35位 阪本航紀
第36位 西山知輝
第37位 山本遥貴
第38位 村松健太
第39位 笹岡秀旭
第40位 宮下紀彦
第41位 福田翔也
第42位 上原貴博
第43位 藤本世羅
第44位 松本旭平
第45位 井筒裕太
第46位 小池俊司
第47位 松田迅
第48位 寺尾香信
第49位 古瀬直輝
第50位 佐久間司紗
第51位 福島零士
第52位 児玉龍亮
第53位 中野海帆
第54位 小堀柊
第55位 安江律久
第56位 三佐々川天輝
第57位 阿部創
第58位 安積夢大
第59位 枝元雷亜
第60位 古江侑豊

Information
PRODUCE 101 JAPAN SEASON2
©girlswalker All Rights Reserved.

『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』
日本のエンタテインメント界で過去最大級の規模となったサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」の第二弾となる「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」。全国各地から集まった101人の練習生たち。グローバルボーイズグループとして生まれ変わるためのトレーニングやミッションを乗り越えて成長。この激しい競争で100%国民プロデューサーによる投票で生き残った11人だけがデビューの夢を掴むことができる。はたして国民プロデューサーから選ばれ、世界に羽ばたくのは誰になるのか——。

配信日:#2 4月15日(木)夜21時~(GYAO!)
国民プロデューサー代表:ナインティナイン
トレーナー:青山テルマ、KEN THE 390、DA PUMP KENZO 、菅井秀憲、仲宗根梨乃
特設ページURL:https://produce101.jp/

元記事で読む