1. トップ
  2. レシピ
  3. モエ・エ・シャンドンに合わせたい、牛肉やエビの和食レシピ!

モエ・エ・シャンドンに合わせたい、牛肉やエビの和食レシピ!

  • 2021.4.8
  • 667 views

ステイホーム中、お楽しみはやっぱりグルメの時間。いつもの和食も、組み合わせや食材を工夫することで新鮮なひと皿に。料理家・冷水希三子に教わるレシピにモエ・エ・シャンドンを添えて、おうち時間を華やかに!

ゆるりとした時間が流れる休日のブランチにおすすめなのが、肉料理を中心にした春の献立。世界中で愛されるモエ・エ・シャンドンは、旨味と酸味のバランスが抜群で、あらゆる和食にフィット。「エビのエンドウ豆あんかけ」はモエ アンペリアルの甘味とエビの甘味が同調。赤い果実を思わせるロゼ アンペリアルは、和のハーブ・青ジソを纏った赤身肉と相性がいい。山菜×酢味噌の和の定番も、隠し味に五香粉を入れることでエキゾティックな風味に。

和牛グリル 青ジソソース<材料(2~3人分)>和牛のステーキ肉好みの量A(青ジソ20枚薄口醤油小さじ1/2EXオリーブ油大さじ4)塩適量<作り方>1. 青ジソはみじん切りにして、Aの残りの材料と混ぜ合わせる。2. 牛肉に塩を振って、レアに焼き上げ、皿に盛って1のソースを適量かける。好みでラディッシュなどを添える。

エビのエンドウ豆あんかけ<材料(3~4人分)>エビ8尾長ネギ10cmエンドウ豆(正味)100g卵1個酒大さじ1薄力粉大さじ1/2ゴマ油大さじ2A(カツオ昆布出汁300mlみりん大さじ1薄口醤油小さじ1塩ひとつまみ)ショウガすりおろし小さじ1/3片栗粉小さじ2<作り方>1. エビは殻をむいて背わたを取り、塩(分量外)でもみ洗いする。水で流して水気を拭き、酒をかけておく。2. 長ネギは薄い小口切りにする。3. ボウルに水気を拭いたエビと長ネギを入れ、薄力粉を振り入れて全体になじませ、溶き卵を加える。4. フライパンにゴマ油を熱し、エビ1尾ごとに長ネギ適量を絡ませ、スプーンですくって入れて両面を焼く。5. 鍋にAのカツオ昆布出汁を入れてエンドウ豆を加えて煮る。軟らかくなったら、Aの残りの材料を加えて味を調える。ショウガと水(分量外)で溶いた片栗粉を加えてとろみをつけ、4のエビを加えて絡める。

山菜の酢味噌がけ<材料(2~3人分)>山菜や絹サヤなど好みの量A(白味噌30ℊカツオ昆布出汁・すりゴマ各大さじ1酢・みりん各大さじ1/2砂糖小さじ1/2練り辛子小さじ1/3五香粉少々)<作り方>1. 山菜はそれぞれ塩(分量外)を入れた湯でさっと茹で上げ、食べやすい大きさに切る。2. Aの材料を混ぜ合わせ、1の山菜にかける。

ふっくら力強く、泡立ちも豊か。ピノ・ノワールを主に造る、華やかで鮮やかな「モエ・エ・シャンドン ロゼ アンペリアル」750ml ギフトボックス入り ¥8,690(希望小売価格) ●MHD モエ ヘネシー ディアジオ

シャンパーニュを代表するメゾンの代表作。「モエ・エ・シャンドン モエアンペリアル」750㎖ ギフトボックス入り ¥7,370(希望小売価格)●MHDモエ ヘネシー ディアジオwww.moet.com/ja-jp/contact-us

冷水希三子Kimiko Hiyamizu料理家素材本来の味を引き出したピュアな味にファンが多く、レシピ本も多数上梓。

*「フィガロジャポン」2021年4月号より抜粋

元記事で読む