1. トップ
  2. ファッション
  3. ユニクロとGUで「春のキレイ色配色」を試してみた【イエロー&ピンク編】

ユニクロとGUで「春のキレイ色配色」を試してみた【イエロー&ピンク編】

  • 2021.4.8
  • 12062 views

春になり、暖かくなって、「キレイ色を使ったコーデに挑戦したい」気分。最近では、キレイ色は差し色ではなく、ワントーンコーデにしたり、色×色コーデとして使うのがトレンドになっています。でも、色×色のコーデは挑戦する勇気が出ない…という方に向けて、大人気コスパブランド「ユニクロ」「GU」のアイテムでキレイ色コーデを提案します。
今回は爽やかなイエローが華を添える「イエロー&ピンク編」。レイヤードテクニックに注目です!

キレイ色配色コーデ「イエロー×ピンク編」コツは?

パステル系とくすみ系を混ぜないようにする

色はこんな感じで、徐々にグラデーションしていき、「色相環」と呼ばれています。このとき、「黄色と青」「赤と緑」など反対の色を拾ってしまうと、色の差が激しく悪目立ちしたコーデになりがちです。なので、「黄色とピンク」「青と緑」など、色の差は感じるけれど、そこまで真逆でない2色を選ぶと、コーデがきれいにまとまります。

Point
・ピンクにイエローなど、少し違う2色を選ぶ
・色のトーンは「くすみ系」「ペールトーン」のように、全体で揃える
・白の小物をなじませ役として活用すると◎

【キレイ色配色コーデ「イエロー&ピンク編」】

ミルキーな配色は素材で動きを出せばこなれて見える
夏になれば肩掛けして色を重ねられる、肉厚なパステルピンクのスウェットには、シフォン素材のスカートパンツで素材に変化をつけて。
ダブルフェイスプルオーバートップス¥1,990(GU)シフォンプリーツスカートパンツ¥2,990(UNIQLO)バッグ¥9,790(CHARLES & KEITH/CHARLES & KEITH JAPAN)サンダル¥7,590(RANDA)

レイヤードは同系色が鉄則!
コットン素材のTシャツ、リネンライクなシャツ、シフォン素材のスカートと異素材をミックス。Tシャツとスカートは色の明るさと鮮やかさを合わせて。Tシャツとシャツは同じイエロー系でもグラデーションをかけた、限られた2色でまとめれば散らばりません。
スーピマコットンクルーネックTシャツ※メンズ¥1,000シフォンプリーツロングスカート¥2,990<ともにUNIQLO>肩に巻いたラミーコットンシャツ※一部店舗とオンラインストアで販売¥2,990<HANA TAJIMA FOR UNIQLO>(すべてUNIQLO)ミニポシェット¥13,200(HASHIBAMI/コレクト)スニーカー¥13,200(プラス ダイアナ/ダイアナ 原宿店)

イエローの差し色が地味見えを防いでくれる
青みピンクのロンT&オレンジ系ピンクのワンピースと「ピンク系」で全体をまとめて。ネオンイエローのカーデでアクセントをひとさしした、クリーンになりすぎない上級者コーデです。白のシューズとバッグが色味のなじませ役に。
エアリズムコットンUVカットクルーネックTシャツ¥1,500肩に巻いたUVカットスーピマコットンクルーネックカーディガン¥1,990(ともにUNIQLO)Vネックキャミソールワンピース※4月中旬発売予定¥1,490セミスクエアフラットシューズ¥1,690(ともにGU)バッグ¥16,500(ノマディス/ノーベルバ)

お問い合わせ先:UNIQLO 0120-170-296/GU 0120-856-452/コレクト 03-6303-4022/CHARLES & KEITH JAPAN https://charleskeith.jp/ /ダイアナ 原宿店 03-3478-4001/ノーベルバ 03-5474-0521/RANDA 06-6451-1248

撮影/五十嵐 洋 スタイリング/田臥曜子 取材/角田枝里香 編集/菅谷文人(CLASSY.ONLINE編集室)

元記事で読む