1. トップ
  2. スキンケア
  3. 脳の老化スピードが2倍に! 20代から気をつけたい症状との関連を海外研究が指摘

脳の老化スピードが2倍に! 20代から気をつけたい症状との関連を海外研究が指摘

  • 2021.4.8
  • 1474 views
手でハート型を作る女性

1万5000人の追跡データを分析

血圧を測る様子

フィットネスやダイエットは心肺機能など全身の健康によい効果をもたらしてくれます。それは脳に対しても同様です。一方、高血圧や肥満などの心臓や血管の健康によくない症状があると、脳の老化現象ともいえる認知症に直結すると考えられています。太っていると、脳の老化が早いという研究結果もすでに報告されています。

そうしたなかで、米国カリフォルニア大学などの研究グループは、20代、30代からの心臓や血管にまつわる異変が、脳の老化にどう影響するのかを調べてみました。

分析の対象としたのは、18〜95歳の人を10〜30年追跡調査した合計参加者約1万5000人のデータです。研究開始時に高齢だった人の若いときの情報も割り出し、認知機能の関連性を調べました。

見過ごせない長期的な影響

フィットネスに取り組む女性

こうして判明したのは、20代から心臓や血管の異変があると、その後の認知機能低下のペースが早まることです。具体的には、BMI、血圧、血糖値が高いと、その後の人生で認知機能の低下が大きくなり、特に成人初期から高いと影響が著しくなるというのです。10年間の平均的な認知機能低下で見ると、2倍のペースで機能の低下が進むといいます。

たとえば、20〜30代でBMIが30を超えていた人は、ふつうのBMIの人に比べて10年間の認知機能低下は2倍。収縮期血圧(上の血圧)が140mmHgより高かった人、血糖値が高かった人も同様に認知機能が大きく低下していました。コレステロール値については、関連性は見られませんでした。

こうした関連性は見過ごせないもの。研究グループは早めの対策が重要と強調しています。長期的な影響も踏まえると、やはりフィットネスやダイエットなど、心臓の健康につながる活動は価値が高いととらえることができそうです。

<参考文献>

HEART HEALTH PROBLEMS IN YOUR 20S MAY AFFECT THINKING SKILLS DECADES LATER
https://www.aan.com/PressRoom/Home/PressRelease/4874

Cardiovascular Risk Factors Across the Life Course and Cognitive Decline: A Pooled Cohort Study. Kristine Yaffe, Eric Vittinghoff, Tina Hoang, Karen Matthews, Sherita H Golden, Adina Zeki Al Hazzouri.Neurology Mar 2021, 10.1212/WNL.0000000000011747; DOI: 10.1212/WNL.0000000000011747
https://n.neurology.org/content/early/2021/03/17/WNL.0000000000011747

元記事で読む