1. トップ
  2. 恋愛
  3. 公私混同しちゃってない?彼と「社内恋愛する際のポイント」4つ

公私混同しちゃってない?彼と「社内恋愛する際のポイント」4つ

  • 2021.4.5
  • 1080 views

憧れの職場の同僚や先輩とお付き合いすることに・・・♡

そんな職場恋愛で気をつけたいのが公私混同。

恋愛と仕事のメリハリをしっかりつけないと、どちらも中途半端になってしまうので要注意なんです。

今回は、社内恋愛をするときの4つのポイントをご紹介します。

関係はなるべくバレないように

社内恋愛の鉄則は、周囲にはなるべく関係がバレないようにすること。
社内恋愛が禁止の社風ならもちろんのこと、そうでなくても職場での恋愛をよく思わない人は意外と多いものです。


また、いろいろな人に関係が知られると、彼と一緒にいるだけでイチャついているように見られることも・・・。
やっかみから噂を流されたりすることもあるので、秘密の関係を保つのがベストです。
つい浮かれていろいろな人に彼との関係を打ち明けないようにしてくださいね。

職場での言葉遣いや話題に気をつける

社内恋愛で気をつけたいのが公私混同。
恋人と一緒にいると、ついタメ口で話したり「今日仕事終わったら飲みに行こう」などのプライベートな話題が出てしまいがちですが、職場ではそのようなことがないように注意しましょう。


とくに気をつけたいのが言葉遣いやふとした瞬間の態度。
業務上のやりとりをタメ口でしたり、上司に対してボディタッチをしていては周りに違和感を感じさせてしまいます。
仕事中はよそよそしすぎるくらいの方がいいのかもしれませんね。

職場で特別扱いをしない

社内恋愛では、仕事中はお互いのことを恋人として意識し合わないのがポイントです。
恋人だからとひいきしたり、デート中にしたケンカを仕事中も引きずったり・・・ということになりかねないので、仕事と恋愛でオンオフの切り替えをきっちりつけましょう。


「仕事は仕事」と割り切って考えるのが、社内恋愛がうまくいく秘訣かもしれませんね。

嫉妬は厳禁

必然的に恋人と一緒に過ごすことが多くなる社内恋愛で注意したいのが、嫉妬。
仕事中に恋人が異性と仲良さげにしているのを見てやきもちを妬いたり束縛したり・・・という事態になっては、仕事も恋愛もうまくいかなくなってしまいます。


「あの人と出張行かないで」「あの人と話しすぎじゃない?」という気持ちはグッと堪えて、お互いを信じ合うことが大切です。




社内恋愛は「いつも彼と一緒に過ごせて幸せ♡」なだけかと思いきや、実はそうでもないのが実情のよう。
仕事と恋愛を混同せず、しっかりメリハリをつけたお付き合いをするのがポイントとなりそうです。
この4つのポイントに気をつけて、社内恋愛を楽しんでくださいね。



元記事で読む