1. トップ
  2. スキンケア
  3. それ本当に正しいですか?スキンケアの見直しを!

それ本当に正しいですか?スキンケアの見直しを!

  • 2021.4.4
  • 4233 views

あなたの「クレンジング」を徹底見直し!

あなたの「クレンジング」を徹底見直し
出典:byBirth

クレンジングのタイミングは?

あなたのクレンジングのタイミングは、いつですか?おすすめのタイミングは、帰宅後すぐです。

なぜなら、一日を過ごした後のお肌には、ファンデーションをはじめコスメの油分が酸化した状態の皮脂と混ざりあっている上に、外気の汚れなども付着し汚れた状態だからです。

そのため、メイクしたまま帰宅後、長時間そのまま放置したり、メイクを落とさずに寝てしまうなんてもってのほか!帰宅後すぐにクレンジングで汚れを落とす習慣をつけましょう。

クレンジングのテクスチャーを正しく選べている?

ひとつのクレンジングで全顔をダイナミックに洗っていませんか?たとえば、目元や口元の落ちにくいメイクを落とすためにクレンジングオイルを選んだけれど、頬は乾燥肌なんてことはありませんか?

クレンジングオイルは洗浄力がとても高い反面、美肌に必要な皮脂も一緒に洗い落としすぎてしまう可能性が高いです。そのため、目元や口元のポイントメイクにはクレンジングオイルを用いて、頬など広範囲にはクレンジングミルクを使うとよいでしょう。

また、疲れて帰ってきた日に、拭き取りクレンジングでさっとメイクを落とす方も少なくないはず。拭き取りクレンジングで何度も擦ると、お肌を傷めてしまう可能性が高いので注意が必要!

どうしても拭き取りで済ませたい方は、厚手のコットンを2~3枚重ねてクレンジングウォーターを浸し、お肌にコットンを押し当ててメイクを浮かせるように落とす方法をおすすめします。

あなたの「洗顔」を徹底見直し!

あなたの「洗顔」を徹底見直し
出典:byBirth

洗顔はどうやって行っている?

洗顔時、お顔をゴシゴシと洗っていませんか?洗顔時に“強く擦って洗わない”と心掛けている方は多いと思いますが、洗い流す際も注意が必要です。

具体的には、まず最初に洗顔料はたっぷりの泡をたてること。弾力がある泡が理想的なので、触るとペタンと寝てしまうような泡ではなく、つのが立つような泡が理想的です。洗顔ネットを使うとよいでしょう。

次に、洗顔の際は、泡を顔にやさしくポンポンと押し当てるようにして洗っていきます。擦らなくても、押し洗いで濃密な泡が毛穴の汚れを浮かしてくれるので十分です。

最後に、洗顔料を洗い流す際は、泡をしっかり落とそうとするあまり、顔全体を擦らないように要注意!水やぬるま湯を顔全体に当てていき、ここでも押し洗いのようなイメージで、手を前後左右に滑らせずに洗顔料を落としていってみてください。

洗顔時、洗い流し方法はどうやってる?

クレンジングや洗顔をお風呂でシャンプーのついでに済ませている方、意外と少なくないのではないでしょうか。

しかし、シャワーの温度は、身体には適温でも顔には高すぎる場合があるので要注意!さらに、シャワーの水圧は肌にとって負担が大きいので、あくまで洗顔はやさしく行うようにすることが大切です。また、シャンプー中も顔にシャワーのお湯が直接当たらないように気を付けるようにしてください。

洗顔時は、洗面所で30℃程度のぬるま湯を用い、手でやさしくすくって洗い流すようにしましょう。

濡れた顔をどのように拭いている?

せっかくやさしく洗い上げたお顔を、最後にタオルでごしごし拭くと台無しに。タオルによる摩擦でお肌が傷ついたり、拭き取りすぎによって乾燥が進む可能性もゼロではありません。

洗顔後は、最後までお肌をやさしく労わるのがポイント!具体的には、タオルをやさしくお肌に当てるように水気を拭き取っていきましょう。

このとき、タオルにメイク汚れが残るようであれば、クレンジングや洗顔料が自分にマッチしていない可能性があるので、アイテムの見直しをすることをおすすめします。

スキンケアの基礎を見直して美肌を手に入れよう

スキンケアの基礎を見直して美肌を手に入れよう
出典:byBirth

スキンケアの基礎である「クレンジング」と「洗顔」の見直しについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

クレンジングや洗顔を帰宅後すぐに取り入れる方法をご提案しましたが、その後に本格的な保湿をする力が残っていないほど疲れている方や、お風呂に入るからと素肌のまま放置してしまう方もいらっしゃるかと思います。クレンジングと洗顔を帰宅後すぐに済ませた後は、一旦オールインワンの保湿ジェルや保湿クリームでお肌をガードしておき、お風呂上がりや寝る前にいつもの保湿ケアのステップを踏むとよいでしょう。

基本的なケアを見直すだけで、お肌はぐっといきいきとするはず。ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

元記事で読む