1. トップ
  2. レシピ
  3. 高知県産生姜をたっぷり使用!ヴィーガン対応の「岩本寺生姜カレー」が発売

高知県産生姜をたっぷり使用!ヴィーガン対応の「岩本寺生姜カレー」が発売

  • 2021.4.3
  • 1299 views

“produce&management company”「エヌアール」と、高知県四万十町の「!SHiMANTO(あっとしまんと)」は、生姜まるごと食べるカレー『岩本寺生姜カレーfor Vegan』を、4月1日(木)から「!SHiMANTOオンラインショップ」にて販売中だ。

薬膳料理研究家が監修

『岩本寺生姜カレーfor Vegan』のレシピ考案者は、「Food Office ハチドリ」の代表であり薬膳料理研究家のヤマグチヒロさん。人間がより健康で幸せになるための『薬膳』という考え方による食生活の提案や研究など、さまざまな活動をしている。

同氏監修のもと、精進料理の教えをもとにした、高知県産の生姜をたっぷり使ったこのカレーが誕生した。

生姜たっぷりのヴィーガンカレー

『岩本寺生姜カレーfor Vegan』の特徴は、「生姜パワー」。玉ねぎの約半量の高知県産生姜をたっぷり使用し、生姜とカレーのスパイスで、エネルギー補給・体温アップ・免疫アップ・腸内環境改善などの効果が期待できる。

また、動物性の食材を使わず、野菜の旨味とカレーのスパイスのみで作られている「ヴィーガン対応のカレー」というのもポイント。一口食べると生姜の旨味が広がり、途中からカボチャの甘みが重なって、やがてシナモンの香りに変わる。食べ始めから食べ終わる間に味や香りが変わっていく特徴ある味わいで、一度食べたら癖になるうまみたっぷりのカレーだ。

価格は、単品600円・3食セット1500円・5食セット2500円・10食セット4500円。

お寺境内のカフェでも味わえる

同カレーは、四国霊場第37番札所 岩本寺境内の一角にある「岩本寺37cafe」でも600円で提供されている。

同店ではこのほか、「四万十寺カレーと薬膳スープセット(全てビーガン対応)」1000円や、

「岩本寺しるこ」800円など1日10食限定のフード類と、「Coffee(ICE/HOT)」250円などのドリンクがラインアップしている。

■「岩本寺37CAFE」 住所:高知県高岡郡四万十町茂串町3-13 四国霊場第37番札所 岩本寺 境内

元記事で読む