1. トップ
  2. ヘア
  3. 肩につかないけど結べる長さ!短すぎないから失敗しない「垢抜けボブ」5選

肩につかないけど結べる長さ!短すぎないから失敗しない「垢抜けボブ」5選

  • 2021.4.1
  • 38600 views

暖かい日が続くと、思い切って髪を切りたくなりませんか? 「短めのヘアスタイルに挑戦したいけれど、アレンジもしたい……」そんな方には”肩につかないけど結べるボブ“がおすすめ!

そこで今回は美容師さんに聞いた、ダウンスタイルもアップアレンジも楽しめる“短すぎない垢抜けボブ”をご紹介します。重めのカットで大人っぽい雰囲気を出したり、パーマでふんわりとした印象を演出したり……と、あなたに似合う髪型が見つかるはず!

1:切りたいけど結びたい人にぴったり「長めボブ」

長めボブ
出典: GATTA

結べる長さを残したい方にはやっぱりこれ! 実は肩につくかどうかギリギリのラインのボブは、ひとつに結ぶことだってできちゃうんです。

肩より上の長さになると印象はばっちりショートに、ただ気をつけたほうがいいのは、肩につく長さになるとハネやすいところ。

ハネたくない方は肩につかない長さにすることで収まりがよくなるので、前下がりのラインでサイドの髪を長く残すとスッキリしつつ、しっかりとまとめられるのでおすすめです。

2:ボリューム感が欲しい人に「S字カールパーマ×ボブ」

S字カールパーマ×ボブ
出典: GATTA

ボブシルエットに、ふわっとS字カールのパーマをプラスするスタイル。ストレート毛やボリュームが出にくい方におすすめです!

毛先のみのカールではなく、思い切ってトップ、中間からパーマをかけてあげることで、全体的にふわっとした質感がつくれます。「ぺたんこ髪になってしまう」というショートのあるある悩みも、このS字カールパーマをかければ解決!

パーマで動きが出るので、ハーフアップやお団子などヘアアレンジも楽しくなりそうです。

3:肩ギリギリ重めカットで大人な雰囲気が出る「長めボブ」

肩ギリギリラインの長めボブ
出典: GATTA

肩にギリギリつかない長さの大人ボブ。重めでアレンジの幅も広く、おしゃれな雰囲気を演出できます。

長すぎず短すぎずの長さなので、はじめてのボブでも挑戦しやすいです。やりすぎない長さで、ラフな大人感を際立たせることが可能。

「切りすぎちゃったかな」と思っても肩ギリギリなので、すぐ肩につく長さまで伸び、束ねることも! 失敗したと感じにくいボブスタイルです。

4:パツッとラインのある「前下がりボブ」

前下がりボブ
出典: GATTA

ボブは誰にでも似合いやすく、1番チャレンジしやすいカタチですが、そのなかでも、重さの残ったパツッとしたラインのボブは特におすすめ!

内巻きにも外ハネにもできる長さにすることで、顔のカタチはもちろん、好みやその日の気分に合わせて、印象がガラッと変えられるスタイルです。自然に丸くして優しい雰囲気を演出したり、パツッと外ハネにしてモードな印象を楽しんだり、と色んな楽しみ方ができるのも魅力。

短めのボブですが、ハーフアップや編み込み、ヘアピンを使ったアレンジができる長さです。

すこしだけ前下がりなラインにして顔まわりに長さを残すことで、はじめてばっさり切る方でも安心できる長さに。ウェットな質感で仕上げるのが今っぽいですね!

5:ニュアンスレイヤーで簡単「ふんわりボブヘア」

ふんわりボブヘア
出典: GATTA

表面だけでなく、シルエット全体にレイヤーを入れたボブヘア。ふんわり見せるためにカットで“軽い”質感をつくるのがポイントです。

レイヤーが細かく入っていることで、スタイリングせずとも髪の毛を巻いたような印象に仕上がります。ヘアアイロンで巻くのが苦手な方でも、きれいなシルエットに近づきやすいボブスタイルです。

「短くしたいけど、失敗したくない」そんなときにおすすめのボブスタイル。カットやパーマで垢抜けた印象に仕上がる人気の髪型で、さまざまなヘアアレンジも楽しめます。

新しい季節にイメチェンしたい方はぜひ挑戦してみてくださいね!

※ こちらの記事はGATTAの過去掲載記事をもとに作成しています。

元記事で読む
の記事をもっとみる