1. トップ
  2. 「何に見える?」あなたの“隠れた地雷ポイント”がわかる心理テスト

「何に見える?」あなたの“隠れた地雷ポイント”がわかる心理テスト

  • 2021.5.14
  • 147995 views
undefined

あなたは人から“これをされたら怒る”ということがありますか?あまり普段怒らない人も、何かしらの地雷を持っていたりするものです。怒って初めて、自分で地雷に気づいたりすることもありますよね。あなたの“隠れた地雷ポイント”を探ってみましょう。

図形が何に見えますか?直感でお答えください。



1.シフトレバー

2.金槌

3.パター

4.ビデオカメラ



1.シフトレバーに見えた人は「あなたが良かれと思ってやった行動にケチをつける」

図形がシフトレバーに見えた人は、あなたが良かれと思ってやった行動にケチをつけられることが隠れた地雷ポイントとなっていそうです。あなたが相手のためにと自分の時間を犠牲にしてやったことが裏目に出てしまった時に、強い怒りを感じるかもしれません。

このタイプの人は、親切で面倒見の良いところがありそうです。ただ、相手に対しての期待感が強いため、当然相手が喜んでくれることを強く期待しているところがあるでしょう。そのため、相手がそれに対してケチをつけてくると、かなり期待外れなことになってしまいがちです。

相手が喜んだり「ありがとう」と言ってくれたりすることを想像して頑張っただけなので、そこに対価がないとなると今までの自分の行動を虚しく感じてしまうのでしょう。それが怒りとなって噴出してしまうのかもしれません。

2.金槌に見えた人は「自分を押し殺すよう言われる」

図形が金槌に見えた人は、自分を押し殺すよう言われることが隠れた地雷ポイントとなっていそうです。あなたが絶対にこうだと思っていても、間違った方向に進むことを強要されることに対して強い憤りを感じてしまうのではないでしょうか。

このタイプの人は正義感が強く真っ直ぐすぎるところがありそうです。ここはちょっとズルをしてとか、ここはちょっと目を瞑ってというようなことを苦手に感じやすいでしょう。最初のうちは、なんとか耐えようとしても、だんだん怒りの気持ちがつもってしまいそうです。

間違ったことを間違っていると指摘できない状況があなたにとっては何よりもストレスに感じることかもしれません。それを「言うな」と強要されることが、あなたの怒りを噴出させてしまう地雷のスイッチとなっているのではないでしょうか。

3.パターに見えた人は「ここ一番の集中を邪魔される」

図形がパターに見えた人は、ここ一番の集中を邪魔されることが隠れた地雷ポイントとなっていそうです。あなたが集中力を高めて緊迫状態になっているときに、邪魔をされると大きな失敗につながることが多いため、強い怒りに繋がっていきそうです。

このタイプの人は、どちらかというと普段から注意散漫なところがありそうです。周りで騒いでいたりするなど刺激が多いと、すぐに集中が途切れてしまうでしょう。そのため、あなたが集中するときは環境も整えてかなり精神力を使っているはずです。

そういう時に邪魔をされると、あなたの苦労が全て水の泡になってしまうのではないでしょうか。一度途切れた集中を取り戻すのも、あなたにとっては至難の技なのでしょう。ここ一番の集中を邪魔された時には見たこともない形相で怒ってしまいそうです。

4.ビデオカメラに見えた人は「全てあなた任せな発言」

図形がビデオカメラに見えた人は、全てあなた任せな発言をされることが隠れた地雷ポイントとなっていそうです。何を聞いても「君に任せる」「どっちでもいい」「決めていいよ」など決断をあなたに委ねるような発言になると、ふつふつと怒りが湧いてきそうです。

このタイプの人は、意思がはっきりしているところがありそうです。そのため、自分の思う通りにことを運びたい気持ちが強いでしょう。ただ、だからと言って相手がそれに全面的に乗っかってくると、嫌な気持ちになるアンバランスな部分を持っているのかもしれません。

話し合った結果思う通りになれば良いと思っているので、話し合いもせず「全てあなたに任せた」と責任を放棄されると苛立ちが起こってきそうです。それが毎回のこととなるとじわじわ溜まった怒りが地雷のスイッチを押して大爆発を起こしてしまうのではないでしょうか。



ライター:aiirococco
公認心理師、臨床心理士として総合病院にて働いております。知っているようで知らない自分のこと。自分の心理をのぞいてみませんか?自分を知るワクワクドキドキ感をお伝えします!
編集:TRILLニュース編集部


※2021年4月23日発令の一部地域を対象とした「緊急事態宣言」を受け、『TRILLニュース』記事制作チームでは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、より一層の管理体制強化をしております。