1. トップ
  2. 「何に見える?」あなたが“忘れかけている大切なもの”がわかる心理テスト

「何に見える?」あなたが“忘れかけている大切なもの”がわかる心理テスト

  • 2021.4.8
  • 65740 views
undefined

気分が落ち込んでいる時、大切なものに触れるとホッとしますよね。人だったり物だったり、もしくは記憶や気持ちを大切にしている人もいるでしょう。昔は大切にしていたけど、最近触れていないものはありませんか?あなたが忘れかけている大切なものが何か、探ってみましょう。

図形が何に見えますか?直感でお答えください。



1.山

2.笑った目

3.いもむし

4.ひげ



1.山に見えた人は「感動すること」

山に見えたあなたが忘れかけているのは、「感動すること」かもしれません。目まぐるしい日々を過ごす中で、子供の頃は頻繁に感じていた感動体験を、最近はあまりしなくなってきたのではないでしょうか。

このタイプの人は仕事や家事に追われ、疲れやストレスを溜め込んでいるところがありそうです。泣くことも笑うことも気付かないうちに我慢してしまい、自分の感情を溜め込んでしまっているのかもしれません。

本や映画、大自然など、感動したことがあるエピソードを思い出して、再び触れてみると良いでしょう。思いっきり笑って泣いて、心身ともにリフレッシュすれば、当時とはまた違った新しい感動も見つけられるかもしれません。

2.笑った目に見えた人は「ときめく気持ち」

笑った目に見えたあなたが忘れかけているのは「ときめく気持ち」かもしれません。ある程度経験値を積んだことで、何事に対してもときめく感覚が麻痺しているところがありそうです。

このタイプの人は経験が豊富なので、何事も今までの経験と紐づけて結果を先に予想してしまう癖がありそうです。経験から導き出したパターンに当てはめて、物事のおおよその流れを先にイメージしてしまうのでしょう。

ときめきを感じるためには、仕事でも恋愛でも普段とはと違うことを取り入れてメリハリをつけてみるのが良いでしょう。自分も相手もドキドキするようなサプライズな演出をしてみたり、新しい場所に旅行に行くのも良いかもしれません。

3.いもむし見えた人は「素直な気持ち」

いもむしに見えたあなたが忘れかけているのは「素直な気持ち」かもしれません。年を重ねるごとに物事をまっすぐ見ることができていないようなところがありそうです。

このタイプの人は子供っぽさを恥ずかしいと感じており、自分の素直な好奇心や興味を隠してしまっているところがありそうです。もしくは、仕事や家事に一生懸命になるあまり、素直な気持ちを忘れかけてしまっているのかもしれません。

興味のあることに全力で取り組み、子供のように全力で笑ってみましょう。素直な気持ちで物事と向き合うことで、心身ともにリフレッシュできるでしょう。

4.ひげに見えた人は「先入観のない視野」

ひげに見えたあなたが忘れかけているのは「先入観のない視野」かもしれません。日々の経験から形成された固定概念のせいで、いつのまにか先入観に囚われて物事をみてしまっていそうです。

このタイプの人は主観的な考えばかりに気を取られ狭い視野での思考や判断をしてしまうところがありそうです。物事や自分の可能性まで狭くしてしまっているかもしれません。

物事を単一視点で見るのではなく多角的に見ることで、固定概念を払拭できそうです。また、他人の考えを聞くようにすることで、自分の中にはなかった視点を得ることも良いでしょう。



ライター:mimiko
行動心理士、心理カウンセラーの資格を保有し、普段は老人福祉の現場でソーシャルワークとケアマネジメントに携わっております。無意識に潜む自分の本当の心理に触れてみませんか?自分の知らなかった心理の扉を一緒に開いてみましょう。
編集:TRILL編集部

の記事をもっとみる