1. トップ
  2. レシピ
  3. 刺身や缶詰を使った免疫力UPの「花粉症対策」レシピ

刺身や缶詰を使った免疫力UPの「花粉症対策」レシピ

  • 2021.3.30
  • 2628 views

今年はコロナ禍ということもありマスクをして生活しているものの、やはりこの時期辛いのが花粉症。

花粉症の症状を緩和するためには、免疫の働きを正常にし、アレルギー症状を抑えてくれるEPAやDHAが多く含まれる、アジやサバといった青魚を食べると良いといわれています。

そこで今回は、青魚のお刺身や缶詰で簡単に作ることができる花粉症対策レシピをご紹介したいと思います。

◆青魚の「刺身」で作れる!万能花粉症対策レシピ

・アジ丼



普段青魚が苦手という方に、是非食べてみていただきたいこちらのレシピは、アジのお刺身をニンニク、ショウガをたっぷり入れた甘めの醤油だれに漬け込むことで、魚が持つ独自の臭みをなくしています。さっぱり美味しくいただけるシンプルですが奥深いアジ丼のレシピです。



・刺身用アジで作る簡単つみれ汁



魚のつみれはフードプロセッサーを駆使して作るイメージがあると思いますが、お刺身を使えば包丁一本で作れます!包丁で叩く際に、お味噌を入れて、しっかり味に仕上げることがポイントです。片栗粉も入るのでボロボロにならず上手に作ることができますよ。



・アジの納豆キムチユッケ



お刺身用のアジに、納豆とキムチの最強の発酵食品を加え、味付けは焼き肉のたれのみで完成の、免疫力UPにもってこいの「アジの納豆キムチユッケ」。卵黄を乗せ、崩しながら海苔で巻いてお酒のお供にも合いますし、ご飯に乗せてどんぶりにしてもオススメですよ。簡単時短で万能なレシピです。



◆「缶詰」を使って簡単時短!青魚で作る花粉症対策レシピ

・サバ缶のトマトカレー



みんなの味方サバの缶詰。材料を炒めてカレー粉とトマトピューレメインで作ります。本格的な味わいなのでご飯でもナンでも美味しくいただけます。少し残ったらパンに乗せて、とろけるチーズと一緒に焼いて、カレートーストにしてもおいしそうですね!



・サバのフレッシュトマトグラタン



変幻自在に使えるサバの水煮缶。耐熱皿にサバの水煮を入れ、プチトマトとバジル、ニンニクを入れ、ピザ用チーズを乗せて後はトースターにお任せの簡単レシピ。水煮缶は魚特有の臭みもないので使い勝手もよいですよね。サバの水煮缶のマルゲリータ風グラタンは調理時間も少ないので忙しい日におススメですよ!



・イワシ缶のホットサンド



イワシ缶の水を切り、パンに乗せてチーズをかけてトースターへ。とろけたチーズとイワシの新しい出会いは、魚嫌いのお子さんも大満足でペロリといただけちゃいます。お好みでマヨネーズをプラスしても◎。調理時間も15分と時短で栄養価も高いありがたレシピです。



栄養価の高い青魚をしっかり食べて、この時期辛い花粉症を少しでも和らげ、忙しい毎日をストレスフリーで乗り切っていきましょう!

(豊島早苗)

元記事で読む