1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ベネディクト・カンバーバッチ、スティーヴン・スピルバーグを激怒させた“おならゲーム”とは?

ベネディクト・カンバーバッチ、スティーヴン・スピルバーグを激怒させた“おならゲーム”とは?

  • 2021.3.28
  • 4940 views

2011年にスティーヴン・スピルバーグ監督の映画『戦火の馬』に出演したベネディクト・カンバーバッチは、撮影の合間にあるゲームをしすぎてスピルバーグ監督を激怒させていたことが判明した。(フロントロウ編集部)

映画『戦火の馬』に出演したベネディクト・カンバーバッチ

ベネディクト・カンバーバッチは、ドラマ『Sherlock/シャーロック』やMCU映画『ドクター・ストレンジ』など、数々のヒット作で主演を務める俳優。

画像: 映画『戦火の馬』に出演したベネディクト・カンバーバッチ

彼は2011年、映画『レディ・プレイヤー1』や『E.T.』などで知られるスティーヴン・スピルバーグ監督の映画『戦火の馬』に出演し、トム・ヒドルストンやジェレミー・アーヴァイン、エミリー・ワトソンなどと共演した。

先日、米トーク番組『The Late Late Show』に出演したベネディクトは、ホストのジェームズ・コーデンに、『戦火の馬』撮影での撮影時の意外なエピソードを語った。

『戦火の馬』撮影裏で起きていた爆笑エピソード

映画『戦火の馬』は、第1次大戦下、騎馬隊に売られてしまった愛馬を探すため、徴兵年齢に満たない主人公が軍隊に入隊し、激戦下のフランスへと向かうというシリアスなストーリー。それにも関わらず、ベネディクトは撮影中かなりふざけていたようで、あるゲームで大盛り上がりしていたという。

その“あるゲーム”とは、アプリを使ったオナラの音真似ゲーム。ベネディクトがある日、撮影現場でオナラの音真似をするゲームをしていたところ、スピルバーグ監督直々に何をしているのかと尋ねられ、一緒にやってみることに。

自分の「とても面白い」アプリフォルダの中に「いろいろなオナラ」というアプリを持っているというベネディクトは、ホストのシェームズ・コーデンの前でも、いくつかのオナラ音真似をして見せた。

それからベネディクトは、「僕とトム・ヒドルストンは、床の上で笑い転げながら泣いていたよ。でもスティーヴン・スピルバーグは本当に怒り出していた。あまりにも長く続いたからね」と、監督を怒らせたエピソードを面白おかしく語った。

そんなことが舞台裏で起こっていた映画『戦火の馬』は、Amazon Prime Videoなどで配信中。(フロントロウ編集部)

元記事で読む