1. トップ
  2. 恋愛
  3. ブリトニー・スピアーズ、マイリー・サイラスら女性たちからのサポートに感謝

ブリトニー・スピアーズ、マイリー・サイラスら女性たちからのサポートに感謝

  • 2021.3.25
  • 2163 views

ブリトニー・スピアーズが、ドキュメンタリー『Framing Britney Spears』の放送時に自身をサポートしてくれたサラ・ジェシカ・パーカーやマイリー・サイラスら、「人生にインスピレーションを与えてくれている」7人の女性たちにSNSで感謝を述べた。(フロントロウ編集部)

ブリトニー・スピアーズが「輝きをくれる」女性たちを紹介

今年2月に米Huluで配信された、自身のメンタルヘルスの問題や、父ジェイミーとの後見人制度をめぐる問題に迫ったドキュメンタリー『Framing Britney Spears(原題)』が話題になっているブリトニー・スピアーズがSNSを更新して、「人生にインスピレーションを与えてくれている」という女性セレブたちに感謝を述べた。

画像: ブリトニー・スピアーズが「輝きをくれる」女性たちを紹介

ブリトニーが紹介したのは、俳優のシャロン・ストーン、ナタリー・ポートマン、サラ・ジェシカ・パーカー、自身の妹のジェイミー・リン・スピアーズ、マイリー・サイラス、マイリーの妹のノア・サイラス、フィットネス・インストラクターのタウニー・ジャネイの7人。ブリトニーは7人の写真をインスタグラムに投稿して、次のようにコメントした。

「私の人生にインスピレーションを与えてくれている女性たち。自粛生活で家族やボーイフレンドと離れるのは大変だったけど、ソーシャルメディアの良いところは、別の方法で私たちを繋げて、このクレイジーな世の中で孤独を感じないように助けてくれるところ。このクールな女性たちが、いつだって私の1日に輝きをくれる」

ブリトニーへのサポートを表明していたサラとマイリー

ブリトニーは、7人の女性たちが自身にどのようなインスピレーションを与えているかについては触れていないものの、先月にドキュメンタリー『Framing Britney Spears』が放送された際、サラ・ジェシカ・パーカーとマイリー・サイラスは公の場でブリトニーへのサポートを表明していた。

画像: ブリトニーへのサポートを表明していたサラとマイリー

サラはこの時、ブリトニーを父親ジェイミーによる後見人制度から開放するよう求める「#Free Britney(ブリトニーを開放せよ)」のハッシュタグをツイートしていたほか、マイリーは、現地時間2月7日に行なわれた第55回スーパーボウルのプレゲームイベントTikTok Tailgateでパフォーマンスを行なった際、「ブリトニーの曲がかかっていた」という歌詞が含まれる代表曲「Party in the U.S.A.」を披露して、「ブリトニー、愛してる」というメッセージを投げかけた。

サラは、ツイッターでブリトニーのこの投稿にリアクションしており、「ありがとう、大好きなブリトニー。あなたに対する私の気持ちを、きっとあなたは知っているはず。それも長い間ね。幸運をあなたに送るね。私を仲間に入れてくれて感動した」とブリトニーに返信した。

ブリトニーは先日、ドキュメンタリー『Framing Britney Spears』で話題になっている一連の騒動について、自らの口で説明することを検討していることが報じられた。関係者はこの時、「ブリトニーはここのところより幸せそうで、ファンから多大なるサポートを受けていることがその理由だと、彼女に近しい人たちは考えています」と米ETに語っており、ブリトニーがファンたちから届くサポートの声に幸せを感じていることを明かしていた。(フロントロウ編集部)

元記事で読む