1. トップ
  2. グルメ
  3. Instagramで話題のモノが知れる“いいね数”TOP5!【2021年2月】免疫力アップレシピや、注目スイーツが人気。

Instagramで話題のモノが知れる“いいね数”TOP5!【2021年2月】免疫力アップレシピや、注目スイーツが人気。

  • 2021.3.22
  • 2525 views

毎日更新中のHanako編集部の公式Instagramより、2021年2月のいいね数TOP5の人気投稿をご紹介します。免疫力アップ食材を用いたレシピから、フォトジェニックなパフェまで、今すぐ試したいグルメ投稿が満載です。

1位:「納豆キムチの鹹豆漿」レシピ

朝食の納豆に一手間アレンジ。大豆はエネルギーとして吸収されやすい水溶性ビタミンを含む植物性たんぱく質が豊富で、朝にぴったり。

【材料(1人分)】
・無調整豆乳:1カップ
・ひきわり納豆:1/2パック
・白菜キムチ:20g
・酢:小さじ1
・しょうゆ:小さじ1
・ラー油、パクチー:各適宜

【作り方】
1.ひきわり納豆とキムチを混ぜる。器に酢としょうゆを入れておく。
2.片手鍋で豆乳を弱火で熱し、沸騰直前に火を止める(湯気が立ち、周りに小さな気泡が立つくらい)。
3.を一気にの器に注ぎ、ひと混ぜする。表面がゆれる程度になったら納豆キムチをのせ、お好みでラー油を回しかけパクチーをのせる。

【免疫力アップ食材】
朝のおともといえば納豆
納豆も発酵食品ではあるが、注目したいのは乳酸菌ではなく納豆菌。納豆菌は善玉菌の増殖を手助けする数少ない栄養素のひとつである。さらに大豆はエネルギーとして吸収されやすい水溶性ビタミンを含む植物性たんぱく質が豊富で、朝にぴったり。

Navigator
齋藤菜々子/料理家・国際中医薬膳師。「今日からできるおうち薬膳」をモットーに身近な食材を使った作りやすいレシピにこだわり、家庭で毎日実践できる薬膳を提案。

2位:〈Quattro Panchine〉のビスコッティジェラート

イタリアのコンテストにも出場した磯部浩昭シェフがつくる安心素材のジェラートは、バターを使わずにラフな食感に仕上げたビスケットとの相性も抜群。

Contributor:下井美奈子/スイーツコーディネーター

3位:〈PIERRE MARCOLINI〉のピスタチオパフェ

「シーズンパフェ ピスタチオ フランボワーズ」1,650円。『期待を裏切らない目にも舌にも楽しい逸品!(Hanako副編集長・阿部太一)』

ピスタチオ マカロンから始まり、ピスタチオフランボワーズ アイスクリーム、ドライフランボワーズやロースト ピスタチオ…と手を替え品を替え、飽きさせることなく、「ピスタチオとフランボワーズで攻めこんでくるストイックさ」に惚れこんだ一品。2/28(日)までの季節限定。

4位:Smørrebrød KITCHENのパフェ

『いちじくを贅沢に使った、大人のリッチパフェ(きょん。さん)』

北欧郷土料理のオープンサンドをテーマにしたカフェで、密かに人気のパフェシリーズ。浅く広い口のグラスを使うことで、いちじくとレアチーズ、サングリアゼリーを混ぜながらいただける良さも。

5位:「しらすと菜の花の卵トースト」レシピ

青魚はきのこと同じくビタ ミン D が豊富。しらすは米にはもちろん、トーストやスープなど洋食アレンジも利きやすい食材です。

【材料(1人分)】
・食パン(6枚切り):1枚
・しらす:10g
・菜の花:30g(1/4束)
・卵:1個
・牛乳:大さじ1
Aマヨネーズ:小さじ2
A練り辛子:小さじ1/3〜1/2
・塩:少々
・バター:5g
・オリーブ油:小さじ1

【作り方】
1.菜の花は、太い茎があれば縦に切り込みを入れ、3センチの長さに切る。卵は牛乳、塩を加えて混ぜる。Aを合わせる。
2フライパンにオリーブ油を中火で熱し、菜の花としらすを炒め、菜の花がしんなりしたら取り出す。同じフライパンにバターを弱火で熱し、卵を流し入れて大きく混ぜ、半熟の状態で取り出す。
3.食パンにAを塗り、卵をひろげ、しらすと菜の花をのせる。トースターでパンに焼き色がつくまで焼く。

【免疫力アップ食材】
ビタミンDが豊富な青魚
サバ、アジ、イワシなどの青魚はきのこと同じくビタ ミン D が豊富。しかし朝から焼き魚はハードルが高く、 満腹にもなりやすいため、イワシの稚魚であるしらす がおすすめ。白米にはもちろん、トーストやスープな ど洋食アレンジも利きやすい食材です。

Navigator
齋藤菜々子/料理家・国際中医薬膳師。「今日からできるおうち薬膳」をモットーに身近な食材を使った作りやすいレシピにこだわり、家庭で毎日実践できる薬膳を提案。

元記事で読む