1. トップ
  2. ファッション
  3. あらためての女っぽさがいい|スリット入りの細身スエットの着まわし3選

あらためての女っぽさがいい|スリット入りの細身スエットの着まわし3選

  • 2021.3.19
  • 1236 views

もはや安心感だけではもの足りないパンツ。「ラクしてキレイ」「かわいいハンサム」など、着まわし力を裏づけるさらに多くの利点を求めたい。本来のイメージどおりに、ときには意外性を含ませて。選ばれしアイテムの役割が生きるスタイリングを伝授。

BLACK SLIM SWEAT
「スリット入りの細身スエット」
□スリムなテーパード風シルエット
□女っぽさを宿すひかえめなスリット


黒スエットパンツ 16,000円+税/LE PHIL(LE PHIL NEWoMan 新宿店) 足首を細く見せるフロントスリット。

【画像一覧】キレイをつくれるスリット着まわし3点

A. casual all black
ALL黒の強さを「ほぐす」


デニムと同様親しみのあるスエットならタフなワントーンでも力が抜ける
パンツは着まわし。黒デニムジャケット 25,000円+税/ベッドアンドブレックファスト(Greed International Tokyo Store) 黒ニット 10,400円(税込み)/バナナ・リパブリック 白Tシャツ 14,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) バッグ 38,000円+税/DIESEL(DIESEL JAPAN) パンプス 30,000円+税/PIPPICHIC(ベイジュ) 正面にほどこされたスリットを生かし、甲の浅いパンプスから素足をのぞかせてセンシュアルに。小物はキレイめを貫けばALL黒でもマニッシュすぎない。

B. easy mode monotone
モノトーンを「ゆるめる」


デザイン性のある白シャツをリアリティのあるモードに転換
パンツは着まわし。白Wフェイスチェスターコート 110,000円+税、白レイヤードシャツ 42,000円+税/ともにチノ(モールド) サコッシュ 7,000円+税、ショートブーツ 18,000円+税/ともにパブリックトウキョウ(パブリックトウキョウ 渋谷店) 凜としたチェスターコートと構築的なバンドカラーシャツを合わせた攻めた白。ラフなスエットパンツで親しみをもたらす常とう手段も、黒なら違和感なくとけ込む。足元をくずしすぎないよう、パンツのすそをブーツに沿わせてモードな空気感はキープ。

C. dusty blue and black
鮮やかなカラーを「分割する」


やさしくルーズなブルーに必要な力まない程度のメリハリ
パンツは着まわし。ブルーカーディガン 15,900円(税込み)、ブルートップス 6,490円(税込み)/ともにバナナ・リパブリック サングラス 39,000円+税/プロポ(プロポデザイン) バッグ 34,000円+税/マロウ(4K) シューズ 5,500円+税/RANDA よくある黒スキニーとの組み合わせよりも洗練されて見えるのは、一見キレイめなテーパードパンツのようなシルエットのおかげ。ゆったりとしたサイジングの淡いブルーのレイヤードが膨張しないよう、小物はやや強気な黒で引き締めに徹すること。

元記事で読む