1. トップ
  2. ファッション
  3. 【グラミー賞】セレブたちの「カスタムマスク」とドレスのマッチスタイル

【グラミー賞】セレブたちの「カスタムマスク」とドレスのマッチスタイル

  • 2021.3.16
  • 3107 views

グラミー賞授賞式が、日本時間3月15日にロサンゼルス・コンベンション・センターで開催。今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、グラミー賞のステージ以外ではマスクの着用が促されたため、マスクとドレスをマッチさせたファッションを披露するセレブが目立った。(フロントロウ編集部)

トップデザイナーに別注したカスタムマスク

通年セレブたちはこの特別なグラミー賞授賞式のために、数か月前よりドレスをトップデザイナーに依頼するが、今年は豪華なドレスに合わせてマスクを別注する「カスタムマスク」の着用が目立つ年に。セレブたちの豪華な「カスタムマスク」とドレスのマッチスタイルを特集!

ビリー・アイリッシュ

画像1: ビリー・アイリッシュ

今回のグラミー賞で最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞映画テレビ・その他映像部門を受賞したビリー・アイリッシュは、2020年のグラミー賞授賞式と同様、全身グッチで会場を沸かせた。

グッチによると、ビリーが着用したのは、スパンコールエンブロイダリー フローラルジャカードシャツ&パンツ、バケットハット、ジャカードグローブ、ホースビットディテールのレザー ラグソール ローファー。さらにはマスクもネイルもグッチのデザインに統一する徹底ぶりを見せた。

画像2: ビリー・アイリッシュ

テイラー・スウィフト

サプライズでリリースしたアルバム『フォークロア』で、主要4部門の中で年間最優秀アルバム賞を受賞したテイラー・スウィフト。テイラーは年間最優秀アルバムを受賞したことにより、3度年間最優秀アルバム賞を受賞した初めての女性アーティストに輝いた。

画像1: テイラー・スウィフト

Oscar de la renta(オスカー デ ラ レンタ)のロングスリーブのミニドレスをチョイスしたテイラー。色とりどりのフラワーの刺しゅうがロマンティックに飾り、ベビーピンクのChristian Louboutin(クリスチャン ルブタン)のサンダルで甘めに仕上げて。

そしてマスクは、ドレスとお揃いの豪華なフラワーでできた刺しゅうマスクをオスカー デ ラ レンタにオーダーして、春らしい可憐なマスクとドレスのルックを完成させた。

画像2: テイラー・スウィフト

チカ

春らしいパステルカラーのブロッキングが目を引く、アスレジャーなジャージスタイルで登場したチカ。近年では女性が授賞式に出席する際に、ドレス&ハイヒールを着用しなければならないといった、昔からのステレオタイプなルールに異議を唱えるセレブが急増しているハリウッド。

画像: チカ

チカが着用したのは、Nike(ナイキ)のカスタムルック。フリルをあしらったマスクも衣装とデザインをマッチさせてカラフルに飾って。ラベンダーカラーのバッグはVersace(ヴェルサーチェ)のもの。

ハリー・スタイルズ

最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞を受賞した人気シンガーのハリー・スタイルズは、全身Gucci(グッチ)のアイテムでコーデ。ライトイエローのチェック柄のジャケットに、今年のトレンドカラーであるライラックのファーでポップなアクセントを置いたのがハリーらしい。

画像1: ハリー・スタイルズ

ハリーはジャケットと同素材のチェック柄マスクを着用してラグジュアリーに飾って。インナーにもピンクのチェック柄ニットを合わせた、ファッション上級者が好む「柄ON柄」コーデで注目を集めた。

画像2: ハリー・スタイルズ

メーガン・ジー・スタリオン

ビヨンセとコラボした「Savage Remix」が最優秀ラップ・ソングを受賞したメーガン・ジー・スタリオン。メーガンはDolce&Gabbana(ドルチェ&ガッバーナ)のベアトップドレスでパワフルなドレスコーデを披露。ネオンカラーは、コロナ禍で落ち込み気味な時期をポジティブに過ごすためにも、今年の注目カラーと言われている。

画像1: メーガン・ジー・スタリオン

可憐なダイヤモンドがきらめくChopard(ショパール)のジュエリーで華やかにドレスアップしたメーガンは、ネオンオレンジのドレスに合わせ、艶やかなシルクサテンのマスクで統一。豪華なドレスアップ姿をキープした、ラグジュアリーなマスクのマッチスタイルが話題になった。

画像2: メーガン・ジー・スタリオン

世界中で猛威を振るうコロナ禍の中、前向きな姿勢でイベントやファッションで盛り上げるセレブたち。2021年のグラミー賞では、セレブたちの渾身のマスクとドレスのマッチスタイルが披露され、世界各国のメディアで話題になっている。(フロントロウ編集部)

元記事で読む