1. トップ
  2. ダイエット
  3. 有名セレブを指導するトレーナーが教える、痩せやすい身体をつくる5か条

有名セレブを指導するトレーナーが教える、痩せやすい身体をつくる5か条

  • 2021.3.16
  • 7837 views

シンガーのアリアナ・グランデやレディー・ガガなど、多くのセレブを手掛ける有名フィットネストレーナーが、痩せやすい身体をつくる習慣を伝授。プロが大切だと話す5つの習慣とは?(フロントロウ編集部)

痩せ体質になる生活習慣

多くのセレブに信頼され、ハリウッドでもっとも影響力のあるフィットネストレーナー、ハーレイ・パスターナック。ハーレイはこれまで、シンガーのアリアナ・グランデレディー・ガガをはじめ、リアーナやケイティ・ペリーを含む100人近くのセレブを指導した経歴があり、食事や運動に関する多くのベストセラー著書も生み出している、ハリウッド界きってのカリスマトレーナー。

そんなハーレイが、痩せやすい身体をつくるために心がけるべき5か条を明かした。日々継続することで痩せやすくなる、5つの生活習慣をチェック。

できるだけ多く歩く

ハーレイがすべてのクライアントにアドバイスしているというのが、毎日できるだけ多く歩くこと。

画像: できるだけ多く歩く

ハーレイは、「1度に長時間歩かなくてもいいから、1日の間でできるだけ多く歩くことを心がけてみて」と英Mirrorでアドバイスし、たくさん歩くことを習慣づけるとおのずと痩せやすい身体に近づくのだと説明。もっとも理想的なのは、毎日合計1万2,000歩ほどの歩数を達成することだそう。

毎日7時間以上の睡眠をとる

毎日の睡眠は、健康のためだけでなく痩せやすい身体づくりのためにも大切。なぜなら寝不足や質の悪い睡眠は、代謝を低下させたり食欲を増幅させたりするおそれがあるから。

画像: 毎日7時間以上の睡眠をとる

そのためハーレイは、「少なくとも毎日7時間以上は、質のよい睡眠をとるようにするべき」と話し、睡眠の質を高めるため、寝る前にはカフェインやアルコールなどを摂取しないよう勧めた。

寝る前はスマホ断ち

毎日寝る前にはスマホを見るのが日課という人は多いと思うけれど、じつはこれは、痩せやすい身体づくりのためには避けたほうがよい習慣。

画像: 寝る前はスマホ断ち

スマホやPCから発せられるブルーライトには、脳を覚醒させて寝つきを悪くする働きや食欲を極端に増進させる働きがあるため、結果的に痩せづらくなってしまうという。ハーレイは、「スマホやタブレット、またはPCを就寝の1時間前以降には使用しないことがオススメ」と話した。

1日たった5分でも筋トレをする

ダイエットのための運動時間は、十分に確保しないと意味がないと思われがちだけれど、じつはたった5分でも毎日続けることで意味があるのだという。

画像: 1日たった5分でも筋トレをする

ハーレイは、「1日たった5分でもいいから、簡単な筋トレを取り入れることで、少しずつ痩せやすくなるはず」と話し、毎日少なくとも5分以上は筋トレを実践してみるよう勧めた。

砂糖の摂取量に気をつける

ダイエットのために甘いおやつなどを控えようと考える人は多いと思うけれど、ハーレイいわく毎日口にする食事や飲料にどれだけの砂糖が含まれているかに注意するべきだそう。

画像: 砂糖の摂取量に気をつける

ハーレイは、「食事には気をつけていても、ジュースなどの飲料に含まれる砂糖の量は見落としていることが多い」と話し、お菓子などの明らかな糖分以外にもさまざまなものに砂糖は使用されているため、それらも意識して糖分の摂取量を気をつけるようアドバイスした。

カリスマトレーナーが教える痩せやすい身体をつくる習慣は、意外と実践しやすいことも多いので、できることから取り入れてみて。(フロントロウ編集部)

元記事で読む