1. トップ
  2. インテリア
  3. 寝室のインテリアをイメージチェンジ♪柄物のファブリックを取り入れよう

寝室のインテリアをイメージチェンジ♪柄物のファブリックを取り入れよう

  • 2021.3.5
  • 4597 views

柄物のファブリックを寝室に取り入れよう

季節が変わるとファッションも変わるように、季節の変わり目にはインテリアも変えたくなりますよね。

そこで今回は【寝室】のイメージを変えるためのアイデアをご紹介いたします。柄物のファブリックを取り入れて、大幅に雰囲気を変えていきましょう。

柄物の枕&クッションカバーにチェンジ

モノトーンでシンプルな寝室

こちらの寝室はベッドカバーが真っ白でシンプルなので、クッションは柄物を多く取り入れていますね。

グラフチェックやボーダーなどすべてデザインは異なりますが、モノトーンカラーで揃えているので統一感があります。

クッションがアクセントの寝室

こちらの寝室ではなかなか見かけないような個性的なデザインのクッションを取り入れていますね。

背面の壁紙がシックで落ち着いたトーンなので、モノトーンカラーでまとめるとすっきりして見えます。

ベースがとてもシンプルなので、個性的なデザインのクッションがアクセントになっています。

男前テイストの寝室

こちらの寝室インテリアは背面がコンクリートのようなデザインになっていたり、ベッドのフレームもかっこいいテイストですよね。

そんな男前なテイストの雰囲気に馴染む、カジュアルな柄のクッションを取り入れています。

カジュアルな雰囲気の寝室

こちらの寝室ではチェック柄の枕カバーを取り入れて、カジュアルな雰囲気の寝室になっています。

ベッドカバーがネイビーなので、色柄物を組み合わせてもしっくりきますね。どんな部屋にも合わせやすいのでチェック柄もおすすめです。

ミニマルで無駄のない寝室

こちらの寝室もベッドカバーがとてもシンプルなので、どんな柄物のクッションを合わせてもおしゃれに決まります。

細いストライプ柄と太めのボーダー柄の組み合わせが可愛らしいです。柄の系統が統一されているので、きれいにまとまりますね。

柄物のベッドカバーにチェンジ

ホテルライクな寝室

こちらの寝室では花柄のベッドカバーをつけて、ホテルライクで落ち着いた雰囲気の寝室になっていますね。

寝室のインテリアがとてもシンプルなので、大胆な花柄のベッドカバーが映えます。

ベッドカバーはいつでも変えられるので、思い切って柄物を選んでみましょう。

海外インテリアのような寝室

こちらの寝室はまるで海外のインテリアのように素敵な空間ですね。

ベッドカバーはベージュ系の細ストライプ柄なので、目立ちすぎることなくインテリアに馴染んでいますね。

ベッドカバーの色に合わせて、クッションもブラウン×ベージュ系で統一されていてセンスを感じます。

北欧スタイルの寝室

こちらの寝室は大きな花柄のベッドカバーをチョイスされていますね。

北欧インテリアのようなやわらかい雰囲気の寝室なので、花柄のベッドカバーがぴったり合っています。

柄物に初挑戦する場合には、どんなインテリアにも合わせやすいモノトーンカラーを選ぶのもおすすめです。

シンプルでセンスの良い寝室

こちらの寝室では細ボーダー柄のベッドカバーを合わせていますね。

柄物の中でもボーダー柄やストライプ柄はとてもシンプルでオーソドックスなので、寝室インテリアにも取り入れやすいです。

枕カバーはボーダー柄に合わせてグレーを合わせているところも可愛いですね。

塩系のシンプルな寝室

こちらの寝室ではブロックチェック柄のカバーを掛けていますが、カバーがインテリアのアクセントになっていますね。

カーテンやまくらカバーなどファブリックがグレー系なので、モノトーンのブロックチェック柄がよく合っています。

柄物のファブリックで素敵な寝室に

今回は柄物のファブリックを取り入れた寝室のインテリアを紹介させていただきました。

無地のシンプルなベッドカバーやクッションカバーもおしゃれですが、どちらか片方に柄物を合わせても素敵です。気分転換に柄物のファブリックを取り入れてみてくださいね。

元記事で読む
の記事をもっとみる