1. トップ
  2. ダイエット
  3. 1日10分のダイエット!ヴィクシーモデル直伝のエクササイズ動画でボディメイク

1日10分のダイエット!ヴィクシーモデル直伝のエクササイズ動画でボディメイク

  • 2021.3.4
  • 5331 views

ヴィクシーモデルの大親友コンビが、1日10分でできるエクササイズを動画で紹介するシリーズをYoutubeでスタート。お家エクササイズのお供にしたいそのYoutubeチャンネルをご紹介。(フロントロウ編集部)

美ボディセレブが勧めるパーツ痩せエクササイズ

ヴィクトリアズ・シークレットのエンジェルとして活躍するジョセフィン・スクライバージャスミン・トゥークスは、エクササイズ好きとして知られ、一緒にエクササイズする姿やオススメのエクササイズなどを公開する、共同運営のSNSアカウントを持っている。

そんなジョセフィンとジャスミンが、2人で運営するYoutubeチャンネルで先月から始めたのが、10分間のエクササイズを紹介する新シリーズ。このシリーズでは、ジョセフィンとジャスミンだからこそ知る効果的な動きを組み合わせ、10分のメニューに構成したエクササイズ動画を毎週公開。2人が10分の間一緒にエクササイズをしてくれるので、モチベーションもアップ。

また、それぞれの動画がお尻や下腹などパーツに特化したメニュー構成なので、気になる部分だけをしっかり鍛えたい人はもちろん、飽きやすく色んなエクササイズを取り入れたい人にもぴったり。

画像: 美ボディセレブが勧めるパーツ痩せエクササイズ

さらに、途中でブレイクタイムを入れてくれることや、動きごとに残り時間がカウントダウン形式で表示されることなど、エクササイズ初心者でもチャレンジしやすく、モチベーションが維持しやすいさまざまな工夫が取り入れられているのも嬉しいポイント。

1日たった10分でパーツ痩せを目指せる、ヴィクシーモデル直伝のエクササイズ動画をご紹介。

たるんだお尻を引き上げる

お尻のたるみが気になる人やヒップアップを目指したい人にオススメなのが、「Booty Lifting Workout」という動画。

両脚を大きく開いて行なうスクワット「SUMOスクワット」や四つん這いの姿勢から片足を斜め上に突き上げる「ドンキーキック」など、キツいぶん効果もてきめんな動きが豊富で、しっかりお尻の筋肉にアプローチすることができる。エクササイズバンドを使う動きもあるので、最大限効かせたいなら1つ用意しておくとよさそう。

ぽっこりお腹を解消

脂肪がつきやすく痩せにくい下腹部を引っ込めたいなら「Lower Ab Workout」という動画がオススメ。

この動画では、ワークアウトツールを一切使わずに下腹部のエクササイズを取り入れることができる。仰向けに寝て脚を交互に上げる「レッグドロップ」や、仰向けの状態から腕と脚を左右交互に持ち上げる「ジャックナイフ」など、普段あまり使わない下腹部の筋肉をピンポイントで刺激できるメニュー構成となっている。

二の腕ヤセを目指す

薄着の季節になるにつれて気になることも多い二の腕を引き締めるには「Toned Arms Workout」という動画がぴったり。

このエクササイズでは、横にまっすぐ伸ばした腕をぐるぐると回す「サークル」や、両手にダンベルを持って腕をまっすぐ上に上げる「ショルダープレス」といった、二の腕ヤセに効果的な動きが取り入れられる。ちなみにダンベルを持っていない場合は、ペットボトルなどで代用してもOK。

脚&お尻を引き締める

ジョセフィンとジャスミンが紹介したエクササイズには、1つのパーツだけでなく、脚とお尻を同時に引き締められるものも。

「Legs & Booty Workout」と題されたこのエクササイズには、「ジャンプスクワット」をはじめとしたさまざまなスクワットのバリエーションが含まれていて、たった10分でも筋肉痛になりそうなほどハード。でもそれだけに効き目も抜群なので、下半身を引き締めたいという人は挑戦してみて。

体幹を鍛える

ウエスト痩せはもちろん、全身の脂肪燃焼の効率とも大きく関係する重要な部分が体幹。この体幹を鍛えることができるのが「10 Min Core Workout」。

体幹を鍛えるためにジョセフィンとジャスミンが紹介したのは、スクワットと腕立て伏せ、ジャンプの動きを連続で行なう「バーピー」や、体を仰向けにした状態で自転車を漕ぐように脚を交互に動かす「バイシクル」などの動き。美ボディを目指すうえで体幹は大切な部分なので、ほかのパーツ痩せエクササイズと並行して行なうのもオススメ。

たった10分のエクササイズなら、時間をつくるのが難しい人でも続けやすいはず。気になるパーツに絞っても、日によって異なるエクササイズを取り入れてもOKなので、ぜひチェックしてみて。(フロントロウ編集部)

元記事で読む