1. トップ
  2. ファッション
  3. 「ボトム+ソックス+靴」三位一体の実例集|鮮度を高めるアイディアとは?

「ボトム+ソックス+靴」三位一体の実例集|鮮度を高めるアイディアとは?

  • 2021.2.28
  • 4224 views

上半身に重みが増す季節ほど、バランスよく整えるためのボトム+靴はしぼられる。そんな落ち着くセットの間にはさんで気分転換を図れる、ソックスの組み合わせアイディアを総覧。
※掲載したコーディネートはすべて過去のGISELeで紹介したものです。

【画像一覧】すべてのアレンジ術はこちら

「普通以上に導くアレンジ術」
個性的なデザインや、意外性を生む組み合わせ。足元という小さな部分だからためらわずにできる、鮮度を高める9つの提案。


「ルーズな白を細身パンツにレイヤード」
黒スキニーのシャープさを、白のルーズソックスでカジュアルダウン。パンツの上でたるませることで、ほっそりしたボトムラインのきゃしゃ見せにも貢献。上は短め丈を選びバランスよく。


「サンダルをシーズンレスに」
あったかソックス+サンダルの、真逆の季節感をMIXして新鮮味のあるルックスに。ストラップつきやバンドデザインの、ホールド感があるサンダルとなら、靴下を重ねてもまとまりがいい。


「トラッドなムードをひとさじ」
チェック柄やストライプの英国紳士のようなソックスを合わせて、シンプルなパンプスをクラシカルに格上げ。ワンピースなどLADYな服装の上品なアクセントとして活躍。


「くすみカラーでグラデーション」
ベージュやブラウン系など、あいまいな色のワントーンで足元を洗練された印象にすればベーシックな服装も簡単にあか抜ける。アニマル柄やレザーのタフな靴ならくすんだ色どうしもぼやけない。


「引き締め役にブライトカラー」
ゆったりした服装に切れ味を加える、明度のあるキレイ色。引き締めると同時に感度も上げてくれて優秀。派手な色は浮かれすぎないよう、黒のパンプスと合わせてトーンダウン。


「白ソックスで凝った形を引き立てる」
甲部分に斜めやスクエアのカッティングをほどこした黒パンプス。白ソックスでコントラストをつけると甲の変型カットも強調され、シンプルなモノトーンをよりモードな面持ちに。


「奥行きづくりに”ラインソックス”」
タイトスカートやワンピースの縦長シルエットに、ラインソックスをプラス。リズミカルなデザインは、ごくシンプルなダークトーンのスタイリングのメリハリづくりにも有効。


「ブーツとボトムの間を埋める」
ショートブーツのはき口からソックスをチラ見せ。ミドル丈スカート×ブーツの間にできる肌感も、ソックスが少し見えるだけで間のびを防げる。同色のブーツ×パンツの抑揚づけにも最適。


「紳士のような足元セット」
派手色のニット&アウターやALL黒の強気な服の足元は、ローファー×渋色ソックスで、あえてやぼったく仕上げてみる。ほっこり感が功を奏し、ほどよく力の抜けたスタイリングが完成。

かわいいを引き寄せる「足元見本帳」
最後に見た目から選ぶ「ソックス+靴」の見のがせないバリエーションをラインアップ。足元だけでオシャレな人を想像させるアイディアを、バラエティ豊かにお届け!




















元記事で読む