1. トップ
  2. インテリア
  3. 大人女子の《8畳》お部屋レイアウト術!一人暮らしワンルームをおしゃれで快適に

大人女子の《8畳》お部屋レイアウト術!一人暮らしワンルームをおしゃれで快適に

  • 2021.2.26
  • 28941 views

8畳のおしゃれレイアウトをご紹介!

一人暮らしをすると、友人や恋人を自宅に呼ぶ機会も増えるでしょう。自室を自分好みに、そしておしゃれにコーディネートしたくなりますね。一人暮らし用の部屋は8畳くらいが多く、レイアウトもしやすいです。

今回は一人暮らしの部屋に合わせて、8畳の大人女子におすすめのお部屋のレイアウト術をご紹介します!8畳の部屋を上手にコーディネートするコツを掴んで、おしゃれな部屋に模様替えしてみてくださいね。

8畳のおしゃれレイアウト《本棚のあるお部屋》

本棚をインテリアにしたレイアウト

本棚自体をインテリアに見立てて、コーディネートします。海外の雑誌を並べれば、それだけでおしゃれ感がアップ。

海外の雑誌だけではなく、表紙がお気に入りの雑誌をコーディネートしてもいいでしょう。

コツは本屋さんのような面配置をすると、本自体のレイアウトが楽しめます。本好きにはおすすめのレイアウト方法ですよ。

その日の気分に合わせて雑誌を変えたりすると、部屋の雰囲気を変えることができますね。

8畳に本棚兼飾り棚のDIYレイアウト

本棚と飾り棚をDIYする方法もあります。自分で作れば、自分好みの家具にすることができますね。

8畳に合うサイズの家具がない場合におすすめです。賃貸の場合には、壁に穴をあけて良いかの問い合わせしてみましょう。

本棚以外にも飾り棚として利用すれば、それだけでお部屋のインテリアになりますよ。

また、本棚兼飾り棚で8畳の部屋を有効に使えます。人とかぶるのが嫌な方には特におすすめですよ。

8畳を本棚で分けるレイアウト

8畳の部屋を本棚で区切るレイアウトもおすすめです。

例えば8畳をベッドとリビングでなんとなく分かれているという曖昧さが、おしゃれですね。

写真のように黒を基調とした家具で揃えることで、海外風の部屋に仕上げることができます。

ヴィンテージ風の家具が好きな方にもおすすめのコーディネートですよ。

8畳をすべて黒い家具にしてしまうと狭い感じなってしまうで、少し工夫が必要です。

8畳のおしゃれレイアウト《ベッドのあるお部屋》

ベッドを窓際にシンプル8畳レイアウト

ベッドを窓際に配置することで、朝日を感じることができます。

一人暮らしの朝の頼りは目覚まし時計だけ。朝日は目覚まし時計以上に朝の強い味方になってくれます。朝が苦手な方は、ベッドを窓際に配置するといいでしょう。

また8畳は十分な広さがありますが、より有効に使用する方法がベッドを端に配置する方法です。

ベッドを窓際に置くことで、8畳ワンルームの残りのスペースを上手に使うことができますよ。

低めのベッドと木目調でナチュラルレイアウト

低めのベッドや家具を置くことで部屋全体を広く見せる効果があります。

また、全体的に同素材の物を使ってコーディネートすると部屋にまとまりが生まれますよ。8畳の部屋をより広く見せるのに有効です。

木目調の素材で統一すると、ナチュラルな部屋に仕上がりますね。

木目調は温かみがあるので、特に一人暮らしを始めたばかりの方にはおすすめですよ。また、カフェ風が好きな女子にも人気のコーディネートです。

壁際配置でおしゃれな女子8畳部屋レイアウト

同じ8畳でも正方形ではなく、長方形のお部屋もあります。家具のレイアウト次第では狭く見えてしまう場合があるので、家具の配置には特に注意しましょう。

長方形のお部屋のレイアウトのコツは、ベッドや家具は壁側へ配置することです。

そして、ホワイトやベージュなどを基調とした家具を使ってコーディネートすると、お部屋全体が明るく広く見えますね。

8畳のおしゃれレイアウト《ソファのあるお部屋》

ヴィンテージソファでカフェ風レイアウト

どんなソファを選ぶかで、部屋のテイストが決まってしまう場合があります。

こちらはヴィンテージ風のソファが、まるでカフェにいるかのような気分にさせてくれますね。

カフェ風のレイアウトにするには、ソファの高さにあったテーブルをコーディネートするといいでしょう。

タンスがみえてしまうと生活感が出てしまうので、部屋に合うテイストのものや隠す形にレイアウトするとおしゃれです。

ひじ掛けなしのナチュラルレイアウト

ソファにもたくさんの種類があり、ひじ掛けのない2人掛けソファはナチュラルでおしゃれです。

ソファの脚が木目調になっているので、テーブルやタンスなどを木のテイストで合わせるレイアウトがおすすめですよ。

ナチュラルには緑の植物が合うので、観葉植物と一緒にコーディネートすると、より一層おしゃれな部屋になるでしょう。

大きくなくても、小さめの植物をテーブルの上に置いてもいいですね!

ソファベッドで8畳を有効活用レイアウト

8畳の部屋を少しでも広く活用したい場合には、ソファベッドを置くレイアウトもあります。

寝る時以外はソファにして、寝る時にはベッドにすると、8畳を有効に活用できますよ。

写真では部屋の中に植物を上手にコーディネートしており、ソファの色ともマッチしていますね。

8畳の部屋を広く見せたい場合には、色に統一感を持たせるコーディネートがおすすめ。また、家具を最小限にとどめることでさらに広く見せる効果がありますよ。

8畳のおしゃれレイアウト《その他》

植物を配置したシンプルレイアウト

ベッドや家具の他に緑の植物をレイアウトすることもおすすめです。部屋の中に少し緑があるだけで、ナチュラルなコーディネートになりますよ。

お世話できないくらいたくさん置く必要はありません。テーブルやテレビの脇にちょっと置くだけでも、おしゃれな雰囲気を出すことができます。

一人暮らしを始めて、一人が寂しくても植物を育てることで寂しさも和らぎますね。

デスクをレイアウトして知的な8畳部屋

テーブルの代わりに読書、勉強、食事など、すべてを行えるデスクとチェアを置くレイアウトもあります。

これは普段から勉強をしたり、デスクに向かう機会が多い方におすすめですよ。

ローテーブルだと低くて座りにくかったり、8畳の部屋の真ん中を陣取ってしまい狭いと感じたりしますよね。

そんな場合には思い切ってデスクとチェアに変えてもいいかもしれませんね。一人暮らしの場合には、デスクだけでも十分でしょう。誰か来た時には、折り畳みのテーブルを使うといいですよ。

おしゃれな絵画で壁面をコーディネート

8畳の部屋をおしゃれにレイアウトするには、壁も有効に活用しましょう。好きな写真や絵画などをレイアウトすれば、おしゃれな部屋に早変わり。

家具だけではなく壁も合わせてコーディネートすると、よりまとまりのある部屋になりますよ。

額の色を家具のテイストと合わせて、コーディネートすることがおすすめです。

また、8畳の部屋すべての壁に飾り物をすると狭く見えてしまうので、一面だけにするなど工夫をしてみましょう。

8畳のおしゃれレイアウトまとめ

8畳の部屋をおしゃれにレイアウトするコツをご紹介しました。一人暮らしの場合は、部屋のすべてを自分好みにできます。自分好みのテイストがあれば、ちょっとしたコツを掴むだけでおしゃれな部屋にコーディネートできますよ。

レイアウトをちょっと変えるだけで、同じ家具でも8畳の部屋を広く見せることもできます。一人暮らしが寂しいと感じても、自分の部屋がお気に入りの部屋に変わるだけで、気持ちも変わりますよ。ぜひ自分だけのおしゃれな空間に仕上げてくださいね!

元記事で読む