1. トップ
  2. ファッション
  3. 〈UT〉主催の「UTGP 2020 + MoMA」受賞者が発表。優秀作品をプリントしたTシャツが発売

〈UT〉主催の「UTGP 2020 + MoMA」受賞者が発表。優秀作品をプリントしたTシャツが発売

  • 2021.2.25
  • 502 views

〈UT〉とニューヨーク近代美術館(MoMA)が開催した「UTGP 2020 + MoMA」の受賞者が発表された。2021年2月26日(金)より、ノミネート作品などをプリントした12種類のTシャツが発売となる。購入は全国の〈ユニクロ〉店舗とオンラインストアにて。

2005年にスタートした、全世界からTシャツのデザインを公募するコンペディション「UTGP」。毎年「マーベル」「任天堂」「ポケモン」などのテーマが設定され、プロ・アマチュア関係なく参加することができる。

15年目となった2020年は、ニューヨーク近代美術館(MoMA)との共同開催。「DRAW YOUR WORLD」というキーワードが掲げられた。選出されたのは9作品だ。

グランプリのIsabel Santosは1940年代〜50年代の世界中のコミックを素材として切り取り、1枚の絵として再構築。2位のAmandine Leforestierは、抽象的でカラフルなデジタルアートを手がけた。3位のMelissa Holsteinは電線のモノクロ写真をモチーフに“わびさび”を表現。プリントの配置やTシャツの色選びにも個性が溢れている。

ボーダー柄を階段のように見立てたイラストが秀逸なHiroshi Masudaなど、他のファイナリストの作品も見逃せない。

【Womens】

グランプリ: Isabel Santos(フィリピン) ¥1,500

【Womens】

2位: Amandine Leforestier(フランス / アメリカ在住) ¥1,500

【Mens】

3位: Melissa Holstein(ドイツ) ¥1,500

【Womens】

ファイナリスト: Hiroshi Masuda ¥1,500

【Womens】

ファイナリスト: Irina Stepanova(ロシア) ¥1,500

【Womens】

ファイナリスト: tynay Abisheva(カザフスタン) ¥1,500

【Mens】

ファイナリスト: Shin Itagaki(日本) ¥1,500

【Mens】

ファイナリスト: James Vincent(カナダ) ¥1,500

【Mens】

ファイナリスト: Harold LuyAl(スイス) ¥1,500

さらに、審査員である現代美術家のサラ・モリスと、コンセプトアーティストのローレンス・ウェイナー、画家のポーラ・シェアによるTシャツも展開。世界各地で大規模な展示を行うアーティストだけに、こちらもチェックしておきたい。

【Womens】

審査員: サラ・モリス ¥1,500

【Mens】

審査員: ローレンス・ウェイナー ¥1,500

【Mens】

審査員: ポーラ・シェア ¥1,500

1,500円で手に入る、Tシャツをキャンバスにしたアート。この機会をお見逃しなく!

元記事で読む