1. トップ
  2. ファッション
  3. NO着膨れ!「ダウンコート」をスッキリ着こなすには?

NO着膨れ!「ダウンコート」をスッキリ着こなすには?

  • 2021.2.21
  • 961 views

冬はどうしても黒に偏りがち……。白やベージュなど淡いカラーのダウンって、見ていてパッと明るい印象になりますよね。ただ、気になるのは「着膨れしないかどうか」。今回は、すっきり仕上げる淡色ダウンコートのスタイリングを紹介します。

小物で大人っぽく仕上げるモノトーンスタイル

真っ白のダウンに、黒のサロペットを合わせたモノトーンコーデ。子供っぽい印象にならないように、Vネックのものを選んだり、スニーカーではなくブーツを合わせて大人カジュアルコーデを完成させて。バッグやシューズをアウターと同じ白でまとめた上級テクニックは必見です。カジュアルなデニム合わせのIラインコーデレイヤードに合わせてコーディネート

カジュアルなデニム合わせのIラインコーデ

白より落ち着いた雰囲気のアイボリーのダウンは、合わせやすいデニムでとことんカジュアルに。ボリュームのあるダウンには、スキニータイプのデニムや、タートルネックを合わせることでIラインを意識するのがポイント。

揺れるプリーツスカートで軽やかさをプラス

春を先取りしたデニムシャツとプリーツスカートのコーデに、白のダウンは好相性。明るめダウンは春先まで使えるので、明るいインナーを合わせて春一番ファッションを楽しんでみては。

カラーパンツが主役のナチュラルファッション

パステルカラーのパンツが目を引くスタイリングは、アウターから足元までをベージュカラーにして2色にまとめた上級ファッション。ベージュのダウンは肌馴染みがいいので、ナチュラルな印象に仕上がります。

マスクまでワントーン!冬を制するベージュコーデ

ベージュのダウンを使った究極のコーディネートとも言える、ワントーンでつなぐスタイリング。フレアのスカートやショートブーツなど、女性らしいアイテムを組み合わせて上品な雰囲気に。マスクもコーデの一部としてカラーをリンクするのも、この時代における新常識ですね!

ダウンコートを取り入れた、今年らしいコーディネートのヒントは見つかりましたか? 明るめカラーのダウンなら春先でも重たい印象にならず、レフ板効果で顔まわりも華やかになるので、気になっている方はぜひTRYしてみてくださいね。

※すべての商品情報・画像は#CBKの出典です。
※各商品はセール品などを含む販売価格を元に選出しており、価格変更や販売終了の可能性もございます。記事内の情報は執筆時のものになりますので、ご了承ください。

Writer:licca

元記事で読む