1. トップ
  2. メイク
  3. 今っぽ眉の正解知ってますか?最新の「垢抜け眉の整え方&描き方」教えます♡

今っぽ眉の正解知ってますか?最新の「垢抜け眉の整え方&描き方」教えます♡

  • 2021.2.20
  • 62901 views

元美容部員コスメコンシェルジュIkueです。メイクの中でも難しい眉に毎日苦戦していませんか?どうやって整えておくと良いの?描くときのポイントは?今回は今っぽい垢抜け眉の整えかた&描き方を写真付きでご紹介していきます。

1.基本の「き」眉の黄金比を知ろう

理想的な眉の形といわれている「眉の黄金比」まずはこの黄金比をしっかり覚えていきましょう!

整える前・描く前に黄金比を理解すると毎回眉を描くときに「あれ?眉山・眉尻はどこに、どこまで描いたらいいんだろう」という不安も解消されますよ!

眉の黄金比
michill

眉頭…小鼻の真上またはやや内側の延長線

眉山…黒目の外側・眉頭から眉山が全体の3分の2になる位置

眉尻…小鼻と目尻を結んだ延長線

まずはこの基本となる黄金比に基づき、眉頭・眉山・眉尻の位置を確認しましょう。その後に太さやなりたい眉の形を整えていきます。

2.整える時準備するものと整え方

昔はいらない眉は抜く!という方が多かったと思いますが、今は不要な眉は剃刀で剃るのが基本となっています。

L字のカミソリや眉用の電動カミソリ・長さを整えるために眉切りハサミを使っていきます。

michill
抜いてはいけない理由

眉を抜いてはいかない理由は以下になります。

・抜いてしまうと生えて来なくなる可能性がある

・抜くときに皮膚へが引っ張られダメージを与えてしまう

・肌のたるみや埋没毛の原因にも

michill

いきなり眉を整えようとすると形が左右バラバラになってしまうこともあります。わかりやすいようにガイドラインを描いてから整えると失敗しにくいですよ。

michill

毛を剃るときは電動カミソリがオススメ。電動カミソリは肌に負担がなく剃ることができます。

michill

スクリューブラシをグッと当てて、はみ出た部分をハサミで切ります。毛が少ない人は切り過ぎないように注意しましょう

3.アイテムを使い分けて描いていこう

眉を整えたら早速描いていきましょう!眉メイクのアイテムはさまざまありますが、自分の使いやすいものを使うものが1番です。

細いものが使いやすい方は細めのアイブロウペンシル。しっかり毛が生えていている方はアイブロウパウダーだけでふわっと仕上げてもOKです。

michill

右上から・リキッドアイブロウ・アイブロウペンシル・鉛筆型ペンシル・ブラシ類・そしてアイブロウパウダーとアイテムもさまざま。

michill

描き始めは眉尻から。眉は書き出した部分が濃くなりがちなので眉尻から描き始めましょう。1本1本の毛を描くようにしていきます。

眉を落ちにくくしたい方はリキッドタイプがオススメです。

michill

修正したときやぼかす時はスクリューブラシが便利です。

眉頭は薄く→眉尻へかけて濃くグラデーションを作っていきます。濃淡をつけることでナチュラルな眉になります。

逆に濃淡がない眉は、のっぺりと野暮ったい印象になってしまうので気を付けましょう。

michill

描き足したらパウダーでふんわり仕上げていきます。大きめの斜めカットブラシなら素早く仕上げられます。

髪の色に合わせたい方や明るい眉にしたい方は眉マスカラを使って色を変えてみましょう!赤みのある色や黄みの強い色などさまざまあるので髪色に合わせて選んでみてください。

4.左右対称になるために気を付けるポイント

左右バラバラの眉になるという方は、ほとんどが眉頭の位置が左右違います。

眉尻だけ合わせようと必死になりがちですが、眉頭が揃っていないと全然違う形になってしまうので注意しましょう!

michill

中心から描き始めの距離・眉頭の上下が左右同じ位置から始まっているかチェックしてみてください。

今っぽ眉の描き方ポイント、わかりましたか?眉はトレンドもありますし、1人1人生え方も違うので自分で上手く描けるコツを掴んで毎日練習することが上手になる一歩だと思います!

明日のメイクからぜひ今っぽ眉のポイントを取り入れてみてはいかがでしょうか?

元記事で読む