1. トップ
  2. ファッション
  3. カマラ・ハリス副大統領の継娘エラがランウェイデビュー、大手モデル事務所と契約して1ヵ月

カマラ・ハリス副大統領の継娘エラがランウェイデビュー、大手モデル事務所と契約して1ヵ月

  • 2021.2.19
  • 1058 views

アメリカのカマラ・ハリス副大統領の継娘であるエラ・エムホフが、プロエンザ・スクーラ(Proenza Schouler)の最新コレクションでランウェイデビューを果たした。(フロントロウ編集部)

カマラ・ハリス副大統領の継娘エラがランウェイデビュー

第49代アメリカ副大統領に就任したカマラ・ハリス氏と結婚した弁護士のダグ・エムホフ氏の連れ子であるエラ・エムホフは、大統領就任式にてそのオシャレすぎる姿が脚光を浴び、一躍注目の的に。それもそのはず、エラはファッションの名門校として知られるパーソンズ美術大学で服飾などを勉強中。自分でデザインしたものを販売したりしていた。

そんなエラにいち早く目をつけたのが、ジジ・ハディッドやキャンディス・スワンポールなど人気モデルたちが所属するモデル事務所IMG。エラは小さなモデル事務所に所属していたけれど、その後1月にIMGに移籍。

まだIMGに移籍して1ヵ月足らずだけれど、エラはモデルとしてプロエンザ・スクーラ(Proenza Schouler)の最新コレクションでランウェイデビューを果たした。新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、コレクションはニューヨーク州ウォーター・ミルのパリッシュ美術館で撮影されたものだけれど、その中でエラはウォーキングを披露。

プロエンザ・スクーラのデザイナーであるラザロ・ヘルナンデスは、今回エラを起用したことについて「彼女は私たちがコレクションで伝えたかった物語を表しています。これはアメリカの歴史における新しいチャプターの始まり」と米WWDに語った。

ラゾロと共同でブランドのデザイナーを務めるジャック・マッコローは、現在エラが通っているパーソンズ美術大学の卒業生。エラはそんな先輩の最新コレクションに華を添えた。(フロントロウ編集部)

元記事で読む