1. トップ
  2. ファッション
  3. カーディガンの肩掛け。ダサ見えせず今年っぽいバランス&コツとは?

カーディガンの肩掛け。ダサ見えせず今年っぽいバランス&コツとは?

  • 2021.2.14
  • 1231 views

「上質なベーシック」で人気を博す「LE SOUK」をベースに、新しいライフスタイルを送る女性向けにデビューした「LE SOUK HOLIDAY(ルスークホリデー)」。本ブランドのアイテムを取り入れた、トレンドの肩掛けコーデをご紹介。着こなし方のポイントも併せて解説します。

同系色のカーディガンで立体感をプラス

袖と裾にリブが施されたメリハリのあるニットプルオーバーは、一枚でも十分主役になれるアイテム。しかし、よりトレンド感のある着こなしを完成させるためには、アクセントを取り入れておしゃれを格上げするのがポイントです。
きちんと感を演出するのであれば、インナーとカーデの色を統一してアンサンブル風に着こなすのがおすすめ。同系色のカーディガンをラフに肩掛けすることで、立体感が生まれて旬顏の装いに。トップスのライトグリーンにイエローのボトムスを合わせれば、春らしい爽やかな雰囲気を演出できますよ。


半袖ニットプルオーバー
5,489円(税込)

クルーネックニットカーディガン
6,490円(税込)

フレアーロングスカーチョ
7,590円(税込)

大人の雰囲気を纏うモノトーンコーデ

軽やかで女性らしいフレンチスリーブワンピースは、黒のカーディガンを肩掛けして引き締めることで可愛くなり過ぎず大人っぽい仕上がりに。全体的にモノトーンでまとめているので統一感もあり、足もとにはスニーカーを合わせてドレスダウンしている点もおしゃれポイントです。カーディガンのボタンを全部閉めた状態で巻くと、コンパクトなストールのように楽しむこともできますよ。


クルーネックニットカーディガン
6,490円(税込)

フレンチスリーブプリントワンピース
8,690円(税込)

無彩色コーデ×アシメ巻きが気分

オーバーシャツとフレアスカートで魅せる清々しい白コーデには、グレーのパーカーをオンした無彩色コーデで大人な印象に仕上げてみるのはいかがでしょうか。
パーカーも肩掛けをしたあとに両袖を胸の前で結ぶ「プロデューサー巻き」にするのではなく、袖と袖の結び目を真ん中ではなく左右どちらかに無造作にくずす「アシメ巻き」にするのがポイントです。肩にしっかり掛けるのではなく、やや落とすようにして着るとこなれ感がアップしますよ。


タイプライターBIGシルエットシャツ
7,590円(税込)

ダンボールプルオーバーパーカー
6,490円(税込)

フレアーロングスカーチョ
7,590円(税込)

さまざまな肩掛けコーデを楽しめるアイテムが揃い踏み

ちょっとした羽織りに便利なカーディガンやパーカーですが、最近はあえて袖を通さずに肩掛けする方も増えてきているようです。
プロデューサー巻きやアシメ巻きなど肩掛けする方法もさまざまで、コーディネートによって使い分けができるのも魅力の一つ。「LE SOUK HOLIDAY」には幅広い肩掛けコーデを楽しむことができる、シンプルで上品な印象のアイテムが豊富に揃っています。春本番前に、ぜひチェックしてみてくださいね。


※各商品販売状況は変動します。売り切れの可能性もございますので、ご了承ください。

writer / ちほ photo / LE SOUK HOLIDAY

取材協力

LE SOUK HOLIDAY(ルスークホリデー)
https://www.crossplus.jp/shop/lesoukholiday/

元記事で読む
の記事をもっとみる