1. トップ
  2. グルメ
  3. 40種類の果実が実る“魔法の木”が誕生!

40種類の果実が実る“魔法の木”が誕生!

  • 2014.7.31
  • 750 views

1本の木から40種類ものフルーツが採れる…そんなウソのような話が現実に! この“40種類の実がなる木”の開発者は、ニューヨーク州のシラキュース大学の美術教授、Sam Van Aken氏。 一見、普通の木となんら変わりのない姿に見える。 しかし春になると、木は鮮やかな赤やピンクの花をつけ、後にプラムやアーモンド、アプリコット、チェリー、梅、桃など、40種類ものフルーツが実るという。

開発のきっかけとなったのは、2008年、ニューヨーク州の果樹園が資金不足のため閉鎖されると知ったことだった。 当時、果樹園の中には、150年から200年もの間生き続けてきた希少な木がたくさん育てられていたが、果樹園の閉鎖により消滅してしまうことになる。 そこでAken氏は、果樹園を買収し、1本の木にさまざまな実をつけるための研究をスタートさせた。 そして5年の月日がたち、ついに念願の“40種類の実がなる木”が完成。

Aken氏は今後、多くの農家の人たちにも、この技術を伝えていきたいと語っている。 Aken氏のプレゼンテーション動画も観ることができるので、興味をもたれた方は、あわせてチェックしてみて。

You Tube
https://www.youtube.com/watch?v=t9EuJ9QlikY#t=14
SAM VAN AKEN
http://www.samvanaken.com/?works=tree-of-40-fruit

元記事を読む