1. トップ
  2. 恋愛
  3. 母譲りのガチ才能!ピンクの9歳娘が披露した歌声がヤバい【動画】

母譲りのガチ才能!ピンクの9歳娘が披露した歌声がヤバい【動画】

  • 2021.2.12
  • 4581 views

シンガーのピンクの長女ウィローが歌声を披露。母ピンクも誇らしげなリアクションを見せた歌声が将来有望でしかない。(フロントロウ編集部)

※この記事にはTikTok動画が含まれます。動画が再生されない場合はフロントロウのオリジナルサイトでお楽しみください。

ピンクの9歳娘が母譲りの歌声を披露

ハリウッドきっての“肝っ玉母さん”と呼ばれるシンガーのピンク(P!nk)は、これまでにも、たびたび、夫で元モトクロスレーサーのケアリー・ハートとの長女ウィロー(9)と長男ジェイムソン(4)をレッドカーペットイベントに同伴したり、SNSでも子供たちとの日常を公開したりと、家族や子育てについてオープンにしていることで知られる。

画像: ピンクの9歳娘が母譲りの歌声を披露

そんなピンクが、まるで彼女の才能をばっちりと受け継いだかのような、娘ウィローの歌声に関心してしまう場面が。

ピンクは開設したばかりのTikTokの公式アカウントに、初の動画を投稿。そこに映っていたのは、ウィローが「Cover Me in Sunshine(カバー・ミー・イン・サンシャイン)」と題された曲を歌う姿だった。

ピンクにリクエストされて歌った様子のウィロー。和訳すると、「私を太陽の光で覆って/素敵な時間を降り注いで/世界は最初からずっと回り続けていると教えて/すべてはうまくいくと/ただ、私を太陽の光で覆って」となる、ポジティブな歌詞がのったメロディーを歌った彼女の歌声は、音程がしっかりととれているだけでなく、まだ9歳なのに安定感があり、ビブラートまでかかっている。

映像の最後に自分にカメラを向けたピンクは「ヒハハハ! オーケイ!」と、我が子ながら、ウィローの歌の完成度の高さに驚いたような、誇らしげな表情を見せていた。

歌唱力が確実にアップしている!

ウィローが歌声を披露したのは、今回が初めてではなく、7歳だった2018年には、大ヒット映画『グレイテスト・ショーマン』の劇中歌「ア・ミリオン・ドリームズ」のカバーを披露して話題になった。

この時は、子供らしい、天使のように透き通った歌声が可愛らしいと評判となったけれど、今回公開された動画では、ウィローの歌声にさらに磨きがかかり、パワーアップしていることがはっきりとわかる。

ちなみに、ウィローは、2020年12月に米ABCで放送されたディズニーのクリスマス音楽特番『The Disney Holiday Singalong(ザ・ディズニー・ホリデー・シングアロング)』でピンクと、ナット・キング・コールが歌ったクリスマスの名曲「ザ・クリスマス・ソング」のデュエットを披露。この時の母娘共演でも、その歌声がお茶の間で評判に。本人の意思次第では、近い将来シンガーデビューの可能性もあり得る?

ウィローが今回披露した「Cover Me in Sunshine」は、じつはピンクがウィローとのデュエットでアメリカでは現地時間の2月12日にリリースする新曲。日本ではひと足先にすでにストリーミング配信が開始しており、日本時間の2月13日0時に母娘共演したミュージックビデオも解禁される。

(フロントロウ編集部)

元記事で読む