1. トップ
  2. ファッション
  3. 過去100年の女性ファッションを2分で表現!?オシャレな動画が人気に

過去100年の女性ファッションを2分で表現!?オシャレな動画が人気に

  • 2015.6.8
  • 1492 views

誰もが昔の写真や映画を観て「ダサい!」あるいは「意外とカワイイ!?」なんてビックリした経験があるのでは? 流行はめまぐるしく移り変わるものだが、女性のファッション史を2分で振り返ることができる動画がYouTubeで公開され、話題を集めている。

わずか5日間で120万回を超える再生回数となっているこの「100 Years of Fashion in 2 Minutes | MODE」。 モデルの女性が、1915年から2015年までの“最先端”ファッションを、10年ごとに次々と着替えていくというものだ。 最初のファッションから振り返ってみると…

・1915年

第一次世界大戦中のこの頃は、こんな長いワンピースに大きな羽根の付いた帽子が流行。 日本は大正4年、まだ着物姿が多かった時代だ。

・1925年

ロングワンピースながら、明るさ、軽やかさを感じさせるファッション。 煌びやかな衣装でも話題になった映画「グレート・ギャッツビー」の原作が出版されたのもこの時代だ。

・1935年

やさしい色使いとストラップシューズ、やわらかなトーンがこの頃の気分。

・1945年

第二次世界大戦が終結した年、やっとロングスカートから膝丈スカートへ以降してきた。 現代の女性用スーツにも通じる型ができてきたようだ。

・1955年

オーバーサイズのコートに花柄のカラフルなドレス。軽やかで華やかなファッションは、時代を反映しているようだ。 日本では高度経済成長期がスタートする頃。

・1965年

ショッキングピンクのスーツはかなり目を引くが、シンプルなラインは洗練された印象。 ケネディ大統領夫人がファッションリーダーだったのもこの頃で、女性らしさと知性を兼ね備えたファッションが人気を呼んだ。

・1975年

デニムのジャンプスーツに大きめのサングラスが印象的。 ベトナム戦争終結の年で、ヒッピーカルチャーの影響を感じさせる。

・1985年

テクノやディスコの影響もあってか、この100年で一番露出が多く、とんがっているファッション!? 日本ではバブルが始まる頃で、エネルギーに満ちあふれていた時代。

・1995年

チョーカーに小花柄のミニワンピ、小さめリュックが流行。 この頃の大ヒット映画「レオン」でも主人公マチルダが黒のチョーカーを付けており、憧れた人も多かった様子。

・2005年

ジーンズにカラフルなサテンのタンクトップ姿。 カジュアルなのにセクシーさも忘れないミックススタイルは、日本でも流行した。

・2015年

大きめサイズのダメージジーンズにカジュアルなレザージャケットが、今年の気分! そして忘れてならないのは、やっぱりセルフィー!

ネット上では、どの時代が一番好きか?という話題で盛り上がりを見せており、75年、95年辺りが人気の様子。 皆さんはどの時代がお気に入りだろうか?

YouTubehttps://www.youtube.com/watch?v=M4z90wlwYs8

元記事を読む