1. トップ
  2. 「一家にひとつのマストアイテム…!」ダイソーの“乾電池をスッキリ整理するBOX”が大活躍の予感です…!

「一家にひとつのマストアイテム…!」ダイソーの“乾電池をスッキリ整理するBOX”が大活躍の予感です…!

  • 2021.2.23
  • 8914 views

リモコンや非常時の懐中電灯用になど、どこの家庭にも必要な乾電池。でも、種類がごちゃごちゃになってしまって取り出しにくかったり、使い終わったものと未使用のものが混ざって曖昧になってしまったりと結構保管するのが面倒だったりします…。

そんな事態を解決してくれるのがダイソーで見つけたストックケースです。これを使って整理整頓しておけば、非常時でも必要なサイズの乾電池がサッと取り出せて便利ですよ!

4種類の乾電池を収納できるケース

undefined

ダイソー「乾電池救急箱」(税抜100円)は、乾電池をすっきり収納できるケースです。

undefined

ケース1つにつき、単一が2本、単二が2本、単三が8本、単四が4本収納できます。

持ち手までついているんです!

undefined

本体は半透明のプラスチックでできています。大きさを測ってみると、縦約14.3mm×幅12mmでした。

ケース上部に持ち手がついているので、持ち運びしやすいのもうれしいポイントです。

undefined

持ち手のあるくぼみ部分に、約1.5cm幅の止め具がついています。

undefined

少し力をいれて、止め具を持ち上げるように開けます。かなりしっかり止まっているので、誤って蓋が開いてしまうこともなさそうです。

乾電池を入れてみましょう

それでは、家にある乾電池を実際に入れてみます。

undefined

ケースを開けるとそれぞれの大きさに対応した溝があるので、その溝に合わせて乾電池を入れていきます。溝はプラス極の出っ張りまで含めてぴったりサイズに作られているので、入れる向きは気にしなくてOKですよ。

ケース内をすべて埋めなくても、溝で仕切られているので中で乾電池が散らかることはありません。

今回は全部で、単二を2本、単三を8本、単四を4本収納しました。どこにどのサイズがあるか分かりやすく、見た目もすっきりしています!

縦置きもOK

undefined

収納時は、このように立てて置くこともできます。

undefined

測ってみると幅は約3.8mm。本棚やオーディオラックなど、ちょっとしたすき間があれば保管できますね。

「一家にひとつ」のマストアイテム

undefined

ダイソーの「乾電池救急箱」があれば、いつでも慌てず必要な乾電池が取り出せます。非常時用乾電池ストッカーとしてだけではなく普段使いもできるので、買い足し決定!

日常に便利をプラスしてくれるアイデア満載のアイテムのご紹介でした。


※2021年1月7日発令の一部地域を対象とした「緊急事態宣言」を受け、『TRILLニュース』記事制作チームでは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、より一層の管理体制強化をしております。

当該商品の購入にあたっては、不要な外出を避けるなど、安全性に配慮した行動を徹底して頂くよう、何卒宜しくお願いします。