1. トップ
  2. インテリア
  3. 低い天井でも大丈夫。「ロフト」を活用して一人暮らしのおしゃれレイアウトを実現

低い天井でも大丈夫。「ロフト」を活用して一人暮らしのおしゃれレイアウトを実現

  • 2021.2.1
  • 3763 views

一人暮らしのロフトレイアウト特集!

ゆったり過ごすベッドルームとして、また落ち着いて仕事を進めるワークスペースとして使い勝手が良いのが『ロフト』ではないでしょうか?

「憧れのロフト付きの部屋で一人暮らしが決まったけど、どうやってレイアウトしようか考え中・・・」「せっかくのロフトスペースをこだわりのインテリアでまとめたい!」という声も多く聞かれます。

今回はそんな一人暮らしのロフトレイアウト術をたっぷりご紹介いたします!

一人暮らしのロフトレイアウト《ソファ》

ローソファでゆったり気分のロフトレイアウト

まず初めにご紹介いたしますのが、こちらのシンプルでおしゃれなローソファを使った一人暮らしのロフトレイアウトです。

お部屋のインテリアのテーマカラーをホワイトに統一しているので、個性的な柄のクッションカバーとも見事にマッチしています。

ワンルームなどの一人暮らしのミニマルなロフトには、ローソファを使うことで広々と見えるのでおすすめですよ。

お気に入りの本を楽しむロフトレイアウト

「一人暮らしのロフトを書斎として活用したい」という方におすすめのアイデアが、こちらのスチールラックの本棚を取り入れたお部屋。

たっぷり4段のラックでお気に入りの漫画や本、大き目の雑誌なども収納できる優れもの。

スリムタイプのスチールラックなので二つ並べてもすっきりとしているのが◎

傍らにはゆっくりと読書タイムが楽しめるソファをレイアウトすれば、お気に入りのインテリア空間に早変わりです♪

落ち着いた空間を満喫できるロフトレイアウト

一風変わった、『和』のインテリアを楽しみたい方におすすめのコーディネートを見てみましょう。

おしゃれで幻想的なライティングが特徴のこちらのロフトスペースは、「一人暮らしのワンルームにちょっとしたスパイスを加えた部屋が欲しい」という方にぴったり。

アンティーク家具との相性も抜群ですので、おしゃれな骨董品コレクターファンにも喜ばれそうなお部屋に仕上がっています。

リラックスムードで癒されるロフトレイアウト

のんびり紅茶を飲みながら過ごせそうな、リラックスムードに包まれたお部屋はいかがでしょうか?

「一人暮らしのワンルームだからリラックスできるスペースが無い」という声にお答えすべく、一人暮らしのロフトをくつろぎ空間へと変身させたアイデア。

引き出し付きのソファは『収納』としての使い方もできる2WAY式。

低い天井のロフトを有効的かつおしゃれに使える、おすすめの一人暮らしのレイアウト術といえるでしょう。

ガーリーなインテリアのロフトレイアウト

三角形の天井が愛らしいこちらのガーリーなロフトは、可愛い雑貨が好きな女性におすすめのコーディネートです。

ラウンドフォルムのカフェテーブルや、柔らかいカラーのローソファ―で隠れ家カフェのような雰囲気に♪

さらに天蓋カーテンでロマンティックな要素もプラスされているのが良いですよね。

北欧インテリアやナチュラルインテリアがお好きな一人暮らしの方におすすめのお部屋です。

一人暮らしのロフトレイアウト《ワーク》

おしゃれな勾配天井を使ったロフトレイアウト

仕事や趣味に集中できそうなすっきりとしたインテリアでまとめられた、一人暮らしのコーディネートをご紹介します。

こちらのおしゃれな『勾配天井』のロフトに、ワークデスク&PCをレイアウトしてワークスペースとして活用している様子です。

「ワンルームの一人暮らしの部屋にON・OFFのメリハリが欲しい」という方におすすめのロフトの賢い使い方といえるでしょう。

あたたかな木目に包まれるロフトレイアウト

陽の光が行き届いた明るい空間を活かしたロフトコーディネートを見てみましょう。

ロフトの壁際に大き目のワークデスクやチェストを取り入れたアイデアです。

趣味や勉強に励む環境としてはもちろん、書類や小物の収納スペースとして活用できますよね。

物置と実用的な空間を共存させた、マルチスタイルなロフトの使い方は一人暮らしの方はぜひ真似したくなるワザです。

効率よく壁を取り入れたロフトレイアウト

おしゃれなスリムデスクを使った実用的なコーディネートのお部屋をご紹介します。

ロフトのスペースに余裕が無い時の強い味方が、こちらのような『スリムタイプのデスク』です。

壁にぴたりとくっ付けてレイアウトすれば、空間を有効活用できて作業も捗りますよ♪

場所を取る物は壁掛け収納にすることで、一人暮らしのワンルームのお部屋をすっきりとおしゃれなアート空間に。

在宅ワークにおすすめのロフトレイアウト

こちらのようにゆったりとくつろげるチェアをロフトにレイアウトするのもおすすめです。

長時間PC作業をしたり、調べものをしたりすると肩や首が疲れてしまいますよね。

そこでこちらのようにゆっくりと休憩できる環境を作ると◎仕事場としてだけでなく、休憩室としての使い方もできるのが高ポイント。

落ち着いたモノトーンカラーでまとめたインテリアで、男性の一人暮らしの方にも向いているコーディネートといえます。

広々スペースで集中できるロフトレイアウト
一人暮らしのロフトレイアウト10
出典:https://www.goodrooms.jp/(外部リンク)一人暮らしのロフトレイアウト10

「ロフトを本格的にワークスペースとして活用したい」という一人暮らしの方には、こちらのようにすっきりとまとめたコーディネートはいかがでしょうか?

悠々とした6畳ほどのスペースにテーブル&チェアをレイアウトすれば、ちょっとした打ち合わせ場所として活用できること間違い無し!

おしゃれな壁紙にリメイクして、お好みのインテリアに合わせてオリジナル空間にするのもgood。

一人暮らしのロフトレイアウト《ベッド》

コンパクトでもおしゃれなロフトレイアウト
一人暮らしのロフトレイアウト11
出典:https://www.goodrooms.jp/(外部リンク)一人暮らしのロフトレイアウト11

「ロフトが狭くて物置にしかならない」と肩を落とすワンルームの一人暮らしの方も多いのではないでしょうか?

そこでこちらのように思い切って『ローベッドソファ』と『布団』で寝室に模様替え。意外にも秘密基地のように居心地が良いのでおすすめです。

ロフトの低い天井に、ローベッドソファ+布団をレイアウトすることですっきり見えます。また洋服をおしゃれ&スマートに収納しているバーの使い方も必見ですよ♪

ナチュラル好きにおすすめのロフトレイアウト
一人暮らしのロフトレイアウト12
出典:https://www.goodrooms.jp/(外部リンク)一人暮らしのロフトレイアウト12

おしゃれでほっこりするコーディネートの参考になるのが、こちらの明るい木目家具で揃えた一人暮らしのお部屋の実例です。

ロフトの床のトーンに合わせた木目が統一感を生み出し、ナチュラルな雰囲気にセンス良くまとまっているのが特徴です。

こちらのようにロフトを寝室として使う活用術は、狭い一人暮らしのお部屋に住む方におすすめの方法ではないでしょうか。

ベッド下の収納ですっきりまとめたレイアウト

クールでスタイリッシュなインテリアでおしゃれにまとめたこちらのロフトは、天井がかなり低くなっている独特な作りがポイント。

あえて空間に余白を持たせたレイアウトにしたことで、大人の一人暮らしの余裕を感じさせるカッコ良いインテリアコーディネートになりました。

さらにベッド下のインダストリアルな雰囲気たっぷりの無骨なスチールボックスが大活躍。

収納エリアが少ない一人暮らしのお部屋には心強いですよね。

ホテルライクなインテリアのロフトレイアウト

足を踏み入れた途端テンションが上がってしまいそうな素敵なインテリアコーディネートのお部屋を見てみましょう。

低めのロフトに布団を敷いて『ベッドルーム』として活用したことで、よりおしゃれ&都会的な雰囲気になっています。

シンプルでありながらもハイセンスな一人暮らしにしたいという方におすすめのコーディネート術ですよね♪

ミニマリストにおすすめのロフトレイアウト
一人暮らしのロフトレイアウト15
出典:https://www.goodrooms.jp/(外部リンク)一人暮らしのロフトレイアウト15

「できるだけモノを持たずにおしゃれでシンプルなインテリアにしたい」というミニマリスト思考の方向きなのが、こちらのすっきりまとめた一人暮らしのお部屋コーディネート。

コンパクトなロフトに布団を敷いてベッドルームとして活用させることで、お部屋の生活スペースにゆったりとした余裕が生まれています。

はしごを登ってベッドルームに行く一人暮らしライフを想像すると、なんだか胸がワクワクしてきそう♪

一人暮らしのロフトレイアウトまとめ

今回はコンパクトな一人暮らしの、ロフトレイアウト&コーディネートについてお伝えいたしました。

どのお部屋も工夫が凝らされたおしゃれで実用的なコーディネートばかりでしたよね♪ロフトに本棚やワークデスク、ベッドや布団など自分の生活にプラスしたいと思うものを配置すれば、理想のお部屋に近づけるのではないでしょうか?

これからロフトコーディネートをお考えの一人暮らしの方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

元記事で読む