1. トップ
  2. ファッション
  3. 冬のおしゃれを左右する|「コート」のスタイリングアイディア帳

冬のおしゃれを左右する|「コート」のスタイリングアイディア帳

  • 2021.2.1
  • 610 views

冬服とのつきあいはまだまだこれからだから、飽きないためにできるだけ多くのアイディアが欲しい。必要なのは服の数より着方の手数。「すぐに試せる」をテーマにしたトピックス。

【画像一覧】すべてのスタイリング


ネイビーコート 55,000円+税/エディット フォー ルル デニムジャケット 39,000円+税/nagonstans 肩にかけたグレーニット 7,800円+税/ロングビーチ パンツ 8,000円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) バッグ 63,000円+税/リトル リフナー(マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店) ソックス 1,800円+税/CHICSTOCKS(ノーデザイン) ローファー 63,000円+税/チーニー フォー ロク(ロク 渋谷キャットストリート) ニットを着ないで肩に「かける」、使いみちのマイナーチェンジ。

”VOLUME MATTER”
(冬ならではの問題を解決)
「1点の重みを有効利用」
□冬に陥る「重厚感」を、「立体感」ととらえたプラス思考
□いつでも「コートが主役」という考えをやめてみる

STYLE 01
+ BLACK CASHMERE STOLE
視線を引き上げる「上質なボリュームストール」


タフなコートに気品を添える上質なカシミヤで目線をUP
カーキコート 68,000円+税/AKANE UTSUNOMIYA(ブランドニュース) ニットスカート 39,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) 黒ストール 41,000円+税/アソースメレ(シップス グランフロント大阪店) 黒パンプス 30,000円+税/PIPPICHIC(ベイジュ) むしろ埋もれるぐらいのボリューム感が、小顔効果にもつながって好都合。フーディの立体感とも相まって、無骨なIラインに凹凸が生まれる。首元とは対照的に、足元はシャープに。黒でリンクさせれば統一感もキープ。

STYLE 02
NAVY CARDIGAN + WHITE TURTLENECK KNIT
奥行きが生まれる「ニット2枚がちょうどいい」


白ニットの明度によってWニットの「重すぎ」を回避
黒コート 180,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) ネイビーカーディガン 40,500円+税/ベースレンジ(スティーブン アラン トーキョー) 白タートルネックニット 33,000円+税/エーヴィーエヌ(コロネット) ネイビーリブパンツ 39,000円+税/アンスクリア(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) 眼鏡 33,000円+税/アヤメ バッグ 47,000円+税/モダンウィービング(アーセンス ルミネ新宿店2) ブーツ 47,000円+税/ケイト(ビオトープ) 白が効いてWニットでも軽快。

STYLE 03
+ GRAY WOOL JACKET
目を引く立体感「ジャケットを内に秘める」


秋に活躍したアウターを、インナーとして呼び覚ます
ストールつきライトグレーコート 45,000円+税/エトレトウキョウ グレージャケット 98,000円+税/THE NEW HOUSE(アークインク) 白Tシャツ 14,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) デニムパンツ 12,800円+税/ROLLAS(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) バッグ 33,000円+税/VASIC(ヴァジックジャパン) ソックス 1,800円+税/CHICSTOCKS(ノーデザイン) パンプス 46,000円+税/NEBLONIE(スタニングルアー 新宿店)

”FUN FUR!”
(リッチな重みにも目を向ける)
「インナーはまじめに」ファーコート
□「ファー=派手」でためらうのはもったいない
□ シャツやニットなど、「まじめ」な服を相棒にすればちょうどいい

MELTON SHIRT DRESS
「暗色のシャツドレスでクールダウン」


愛嬌のあるボリュームでワンツールックに抑揚を
ブラウンエコファーコート 34,000円+税/jakke(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) グレーメルトンシャツワンピース 89,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) 黒ロングブーツ 34,000円+税/DIANA(ダイアナ 銀座本店) ダークブラウンとグレーという暗色のツートーンも、ファーありきならほどよく華やか。ワンピースのボタンを上まで閉じて、ブーツでつないだ隙のなさが、ファーの存在感を引き立てる。

WHITE SHIRT
「ファーに反するパリッとした白シャツを」


ミルキーなファーとクリーンなシャツの配色も絶妙
アイボリーフェイクファージャケット 37,000円+税/jakke(エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク) 白ビッグシャツ 18,000円+税/アーセンス(アーセンス ルミネ新宿店2) ワイドパンツ 38,000円+税/ebure(ebure GINZA SIX店) 眼鏡 36,300円/オリバーピープルズ(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) バッグ 37,000円+税/VASIC(ヴァジックジャパン) グレーパンプス 26,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa

TILDEN SWEATER
「女っぽく着るチルデンニットという計算」


デコルテをのぞかせてリッチなファーと波長を合わせる
ブラウンエコファーコート 25,000円+税/SeaRoomlynn チルデンニット 21,000円+税/MAISON CHANTOISE(ジャーナル スタンダード 表参道) 黒スキニーパンツ 12,800円+税/ROLLAS(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) 黒パンプス 18,000円+税/オデット エ オディール(オデット エ オディール 新宿店) ただのまじめなニットではやぼったい。デコルテがのぞく女っぽさでスタイリッシュに。

”COAT IDEA”
(視点を変えてもう一度向き合う)
飽きないために「◯◯的に」コートを着る
□頻繁に買いかえがきかないからこそ今ある1着で可能性を探求
□いつでも「アウターらしく」ふるまわなくてもいい

GOWN-LIKE
「ガウン的に」着方もインナーも脱力


深いVネックと「肩がけ」によるセンシュアルな気だるさ
ブラウンコート 69,000円+税/コグザビッグスモーク(アクアガール渋谷) 黒ベロアオールインワン 26,000円+税/ジャーナル スタンダード ラックス(ジャーナル スタンダード ラックス 表参道店) 黒巾着バッグ 32,000円+税/ORSETTO(オルサ) シューズ 28,000円+税/FABIO RUSCONI(メゾン イエナ) 配色はコンサバに。

DRESS-LIKE
「ドレス的に」さっそうと主役にして潔く


同色のインナーを溶け込ませてデザインドレスのように
ブラウンコーデュロイコート 53,000円+税/アーセンス(アーセンス ルミネ新宿店2) ブラウンタートルネックニットプルオーバー 30,000円+税/セヤ(ジャーナル スタンダード ラックス 表参道店) 巾着バッグ 19,800円+税/ロングビーチ ロングブーツ 82,000円+税/NEBULONIE(スタニングルアー 新宿店) ウエストもそでもしぼった「こなし方」が、スタイリングのレベルを上げる重要なファクター。

TOP-LIKE
「トップス的に」薄手のコートをもう1枚


ロング丈にそろえることで大胆な重ね着もまとまる
グレーロングニットガウン 27,000円+税/エトレトウキョウ 中に着たグレーロングジャケットコート 49,000円+税/アクアガール(アクアガール渋谷) 白ロングスリーブTシャツ 16,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) デニムパンツ 4,900円+税/原宿シカゴ 原宿店 カーキハンドバッグ 26,000円+税/ORSETTO(スタニングルアー 新宿店) パンプス 30,000円+税/PIPPICHIC(ベイジュ)

元記事で読む