1. トップ
  2. レシピ
  3. コストコの“あの人気商品”を「使い終わるまでにかかる時間」がヤバすぎる

コストコの“あの人気商品”を「使い終わるまでにかかる時間」がヤバすぎる

  • 2021.1.30
  • 38598 views

アメリカのコストコで売っているあのビッグサイズな商品を使い終わるまでにかかる時間って、どれくらい?(フロントロウ編集部)

大きなサイズがウリのCostco

アメリカサイズの巨大な1kgサーモン。まるごと1羽のロティサリーチキン。はたまた5リットル超えの洗濯用洗剤! 日本にも25店舗以上がある会員制のウェアハウス・クラブであるコストコでは、様々なものがビッグサイズ。種類も豊富にあり、さらに、食品だけでなく家電からジュエリー、車などまで取り扱いがあり、文字通りなんでも手に入る場所となっている。

大家族であれば、大きな商品でも比較的すぐに食べ終わったり使い終わったりすることもできるけれど、少人数ではなかなかどうやって消費しようかと迷ってしまうこともある。しかもそれが、あまり使わないようなアイテムであればなおのこと。

画像: 大きなサイズがウリのCostco

Costcoのラップは約1km…

ラップって、日々のなかでどれくらい使うだろうか? 料理の保存に使う人もいれば、工作などに使う人もいるかもしれない。

アメリカのコストコではラップも売っているのだけれど、そのサイズは、家庭で使うにはかなりのもの。ある1人のコストコ会員が購入したラップのサイズは…、「横30.48cm×縦914.4m」。つまり、約1kmの長さ!

なんだかもう、その長さの想像がつかないけれど、この人物はついにそのラップを使い切ったという。米掲示板Redditでそのことを報告した人物の投稿には、こんな感動のコメントが。

「使い終わるまでに4年もかかった…。4回引っ越ししてもこれがあるなんて思わなかったよ」

むしろ4年で使い切れたのがすごいような気もするけれど、購入した時にはいつ使い切れるかまったく予想がつかなかったものを使いきれた気分は最高だろう。また、使い終わったからこそ分かる、芯の太さにも驚き。他には、コストコで304.8mのアルミホイルを購入したという別の人物も、使い終わるまでに数年かかり、家を変えるたびに、一緒に引っ越していたとコメントしている。

ちなみにコストコでは、トイレットペーパーやペーパータオル、お米なども大きなサイズが販売されている。そのことから、コストコでも新型コロナウイルスの影響でパニック買いが起こったことは、簡単に理解できる。

そのため、返品に関してかなり太っ腹な対応をしてくれることで知られるアメリカのコストコでさえ、買い占められやすい商品は返品不可とし、会員に買いすぎないように促す対策を取った。(フロントロウ編集部)

※記事内の情報に誤りがあったため、修正致しました。

元記事で読む