1. トップ
  2. 恋愛
  3. 〝フレーミング効果〟を恋愛に活かす方法♡伝え方で自分を素敵に演出するテクニックとは?

〝フレーミング効果〟を恋愛に活かす方法♡伝え方で自分を素敵に演出するテクニックとは?

  • 2021.1.29
  • 2944 views

全く同じ内容のものでも、表現方法や説明の仕方を変えることで、受け手側の印象を変えることができる心理効果を〝フレーミング効果〟と呼びます。例えば10%の人が効果を感じることができなかった商品でも、「90%の人が効果を実感!」と伝えれば、その商品が魅力的に見えますよね。このように、伝え方次第で相手の選択行動に影響を与えられる〝フレーミング効果〟ですが、うまく取り入れれば、自分の恋愛力アップにつなげることもできちゃうんです♡今回は、この〝フレーミング効果〟を、恋愛に活かす方法を解説します!

〝フレーミング効果〟とは?

〝フレーミング効果〟とは、物事を表現する方法や説明の仕方を変えることで、相手に与える印象も変わってしまうという心理効果のこと。例えば「100人中10人が失敗する手術です」、「成功率90%の手術です」という説明はどちらも同じ事実を指していますが、「成功率90%の手術です」と言われる方が、心理的に手術に対する恐怖心がグッと和らぎますよね。このように、両方とも同じことでも、物事を表現する枠組み(フレーム)の切り取り方によって受け取り方が変わってくるということから、〝フレーミング〟という名称で呼ばれるようになったと言われています。

〝フレーミング効果〟を恋愛に活かす方法♡

■彼氏がいないことを伝えるときは、マイナスな言葉を使わずに言い換えて伝えると◎

「マッチングアプリで『私、今まで一度も彼氏ができたことなくて・・・』と伝えたら、その後その相手と進展しないことが続いた。モテない感じが伝わって避けられるのかも?と思い、『私、本当に好きな人としか付き合いたくないから、まだ彼氏を作ったことなんだよね』と伝えてみたら、それからは男性の食いつきが全然違って、『実はモテるんでしょ?』となぜかモテるキャラと勘違いされるように・・・!それが良かったのか、今ではアプリで出会った彼と付き合っています」(20代女性/メーカー勤務)

モテないという事実も、言い方1つで自分の価値をあげることができる!

「彼氏がずっといない」という事実でも、言い方を変えるだけで印象は全然違ってきます。もし彼氏が全然できない状態でも、「モテなくて、彼氏ができない」と公言するのではなく、「付き合った人と結婚したいから、適当な相手とは付き合いたくないんだよね」という伝え方でアピールすると、グッと誠実な印象を抱いてもらえるようになります。

「モテない」と言ってしまうと、自分の希少価値も下がってしがいます。誰も欲しくないから余っている、というニュアンスよりも「自分が選んでいるから彼氏ができない」という理由付けにすることで、相手は「俺のこと選んでくれた」と思ってくれて、自分のレベルを高く見せることが可能。自分のイメージは言い方ひとつで変えることができるため、相手に自分のことを伝えるときは、言葉を選んで説明することが大切です。

■相手にアドバイスするときは、ポジティブなセリフを使うようにすると聞いてもらいやすい

「前の彼女は仕事の悩み相談していても、『今まで転職しても続かなかったから今度も続かないんじゃない?』と、ハッキリとものを言ってくる子だった。確かに正論な部分はあるけれど、それを押し付けられるとだんだん付き合うのがしんどくなってくる。逆に今の彼女は『3度目の正直って言うしね!今度は絶対〇〇くんなら頑張れる気がする!』ってポジティブな感じで応援してくれて、そういう子の方が手放したくないなと思う」(30代男性/営業職)

事実を淡々と伝えるのではなく、ポジティブなセリフに変換することが長続きする秘訣

好きな相手と会話するときも、ネガティブな面にフォーカスするのではなく、ポジティブな言葉を使って接するように気をつけましょう。たとえ間違ったことは言っていなくても、「今までダメだったじゃん」とか「〇〇くんはこういう性格だから、その方法は無理だと思うよ」という上から目線の伝え方は、相手から嫌われる原因になってしまいます。

もしアドバイスを求められたら、「こういうところが〇〇くんの長所だから、そこを伸ばせば成功するよ」というように、「良いところ」と「成功する」というポジティブなセリフを交えて伝えるようにしましょう。ダメなところを強調する子より、ポジティブに変換してくれる子の方が、相手も長く一緒にいたいと思ってくれるようになりますよ。

同性から相談を受けるときも、この〝フレーミング効果〟を意識すると◎!

この〝フレーミング効果〟は、恋愛だけでなく友達などの人間関係を築くうえで使うのも効果的!例えば友人に恋愛相談を受けた際でも、「好きか嫌いか2分の1で付き合える!」と、ポジティブな伝え方をするようにしてみましょう。恋愛というものは、失敗したからといってそれで死ぬわけではありません。相手が勇気を持って前に進める言葉を選んであげることも、友人としての優しさの1つですよ。

〝フレーミング効果〟を使って自分を素敵に演出しよう♡

事実を歪曲して伝えるのはNGですが、自分を素敵に演出するために言い方を工夫するのは恋愛においても大事なポイント♡この〝フレーミング効果〟を上手に活用して、意中の相手の記憶に残るいい女を目指しましょうね!

参考文献:『今すぐ使える心理学でwebマーケティングを攻略せよ!顧客心理を掴む心理学』著:中尾友一(Amazon Kindle書籍)

Profile

恋愛カウンセラー・ライター/ゆりな

恋愛相談を中心とした心理カウンセラーとして活動。

恋愛がもっと楽しくなるコツが詰まった恋愛コラムを発信していきます。

元記事で読む